気になる一品

古代オリエント博物館

 「古代メソポタミアの大ヒット商品!」の文句で販売するのは、所蔵する約4500年前の遺物を再現した「円筒印章(大)レプリカ」(1240円、印章は写真右手前、高さ3センチ)。貴重品を入れたつぼを封印した粘土に転がしてつけた文様で、所有者を示したんだって。試してみると、立ち上がり交差するライオンやそれを捕まえる英雄の姿がくっきり=同奥。文様のサンプル=同左手前=もセット!

 ◆東京都豊島区東池袋3の1の4、サンシャインシティ文化会館7階。午前10時~午後5時(入館は30分前まで)。問い合わせは03・3989・3491。

(2016年12月20日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「気になる一品」の新着記事 一覧を見る
国立科学博物館

国立科学博物館

「大英自然史博物館展」(6月11日まで)の見どころのひとつは、最古の鳥類化石「始祖鳥」。

江戸東京博物館

江戸東京博物館

「江戸と北京」展(4月9日まで)で展示中の絵巻「熈代勝覧(きだいしょうらん)」がモチーフのマスキングテープ。

国立西洋美術館

国立西洋美術館

見目麗しい女性がパッケージのお香は、ジューシーな甘さの中に気品も感じるレッドベリーの香り。

国立新美術館

国立新美術館

水玉の作品で知られる前衛芸術家・草間彌生(やよい)の過去最大級の個展「草間彌生 わが永遠の魂」(5月22日まで)では、グッズ売り場も作品一色。

新着コラム 一覧を見る
「インデアンカレー」のインデアンスパゲッティ

おんなのイケ麺(めん)

上野水香さん
「インデアンカレー」のインデアンスパゲッティ

事務所の社長が注文したスパゲティの卵のせ「スパたま」を私は麺少なめで。生卵に驚きました。でもおいしくって、ぺろっと平らげちゃいましたね。

「明治」のガルボミニ ポケットパック

オトコの別腹

安井順平さん
「明治」のガルボミニ ポケットパック

どちらかというと、ポテトチップスとか、しょっぱいお菓子をよく食べますね。でも、舞台の稽古中は急に甘い物を摂取したくなるんです。

緑のラブレター 高橋政行作(相模原市緑区)

アートリップ

緑のラブレター 
高橋政行作(相模原市緑区)

JR中央線が藤野駅に近づくと、山の中腹に巨大なラブレターが現れた。

「Floating Ⅱ」

美博ノート

「Floating Ⅱ」

ひざを抱えるようにして座り、柔らかな表情を浮かべる女性。夢を見ているのだろうか。それとも、鼻歌を口ずさんでいるのだろうか。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。

お知らせ(更新情報)

【携帯(フィーチャーフォン)サイト終了のお知らせ】

→詳しくはこちら