気になる一品

サントリー美術館

 館所蔵の重要文化財「色絵五艘船文独楽形鉢」=写真上=に描かれたオランダ人や船が、シール(100円)になって登場した=同下。鉢は18世紀後半の作品。貿易を通じ、西洋の珍しい品々を持ち込んだオランダ人は、当時の日本人にとって福の神のように見えたのだろうか。そんな福を年賀状や手紙に貼って、大切なあの人へ届けよう!

 ◆東京都港区赤坂9の7の4の3階(TEL03・3479・8600)。午前10時~午後6時((金)(土)は8時まで)。原則(火)休み。

(2016年12月27日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「気になる一品」の新着記事 一覧を見る
中近東文化センター附属博物館

中近東文化センター附属博物館

エジプトやメソポタミア文明を紹介する中近東文化センター附属博物館。約4千年前にナイル川周辺で作られたガラス質のカバ像が「ルリカ」の愛称で人気だ。

東京都美術館

東京都美術館

12面体の色鮮やかなパッケージが目をひく「旅するフランスビスケット」は、モネやセザンヌらが描いたフランスの各地を示すマップ付き。

大分県立美術館

大分県立美術館

美術家のミヤケマイさん、県内の和菓子店とコラボし、美術館のショップで販売中の「さいコロがし」。

世田谷文学館

世田谷文学館

放浪の作家・林芙美子の言葉を、原稿、書簡などで紹介する「貧乏コンチクショウ」展(7月1日まで)では、「コンチクショウ手帖」を販売中。

新着コラム 一覧を見る
「神農の虎」

美博ノート

「神農の虎」

ユニークな表情をした動物の張り子や愛らしい土人形、色鮮やかな凧(たこ)など、日本各地に伝わる郷土玩具。本展では、戦後に作られた所蔵品から約550点が府県別に並ぶ。

一石を投じる 島袋(しまぶく)道浩作(札幌市中央区)

アートリップ

一石を投じる 
島袋(しまぶく)道浩作(札幌市中央区)

新緑の大通公園を通り抜けた先、札幌市資料館前にそびえる巨石が現れた。高さ約2・5メートル。自然石だが、れっきとしたアート作品だ。かつては北海道庁の前に置かれ、様々な意見が飛び交うなど、「波紋」を呼んだ。

陶片 出光美術館

私のイチオシコレクション

陶片 出光美術館

一見すると、いびつな陶磁器のかけら。でもこの小さな陶片には、歴史や文化をひもとく情報が詰まっています。

ブームの卵

ブームの卵

6月15日 注目グッズ
「目隠しセキュリティテープ 白」など

大切な書類をコピーやファクスするために、個人情報を一時的に隠したいときにおすすめなのが「目隠しセキュリティテープ 白(コピー・FAX用)」。

☆新コラム☆

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。