気になる一品

サントリー美術館

 館所蔵の重要文化財「色絵五艘船文独楽形鉢」=写真上=に描かれたオランダ人や船が、シール(100円)になって登場した=同下。鉢は18世紀後半の作品。貿易を通じ、西洋の珍しい品々を持ち込んだオランダ人は、当時の日本人にとって福の神のように見えたのだろうか。そんな福を年賀状や手紙に貼って、大切なあの人へ届けよう!

 ◆東京都港区赤坂9の7の4の3階(TEL03・3479・8600)。午前10時~午後6時((金)(土)は8時まで)。原則(火)休み。

(2016年12月27日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「気になる一品」の新着記事 一覧を見る
東京国立近代美術館

東京国立近代美術館

450年続く京都・樂(らく)家の名品が一堂に会する「茶碗(ちゃわん)の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術」(5月21日まで)。

21_21 DESIGN SIGHT

21_21 DESIGN SIGHT

6月4日まで開催中の「アスリート展」。ショップでは、架空のスポーツブランド「HURDLER(ハードラー)」の製品が並ぶ。

東京芸術大学大学美術館

東京芸術大学大学美術館

戦国時代の画僧、雪村周継(せっそんしゅうけい)の水墨画が並ぶ「雪村 奇想の誕生」(5月21日まで)。

国立科学博物館

国立科学博物館

「大英自然史博物館展」(6月11日まで)の見どころのひとつは、最古の鳥類化石「始祖鳥」。

新着コラム 一覧を見る
谷川晃一さん(画家) 「ウォルター少年と、夏の休日」(2003年)

私の描くグッとムービー

谷川晃一さん(画家)
「ウォルター少年と、夏の休日」(2003年)

レンタルDVDで見て気に入り、DVDを購入した一本です。1960年代初頭の米テキサス州。14歳の孤独な少年ウォルターは、夏休みに2人の大伯父、ハブとガースの元に預けられます。

富田染工芸@新宿

街の十八番

富田染工芸@新宿

神田川沿いでは、江戸時代から染色産業が栄え、新宿区の落合・中井地区の地場産業として根付いた。

ブームの卵

ブームの卵

4月21日 注目グッズ
「トビイシ ステッピングストーン」など

宅配便やお客さんが来た時、玄関で靴を履くのってもどかしい……。そんなあなたは、「トビイシ ステッピングストーン」(直径15×高さ2.5センチメートル、1944円)を使ってみては?

「オッティ」のしらすとブロッコリーとフルーツトマトのガーリックオイル パクチーのせ

おんなのイケ麺(めん)

有森也実さん
「オッティ」のしらすとブロッコリーとフルーツトマトのガーリックオイル パクチーのせ

パクチーをのせたパスタって珍しくないですか?ここはパスタの具材の組み合わせが独創的でおもしろいイタリアンのお店です。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。

お知らせ(更新情報)

【携帯(フィーチャーフォン)サイト終了のお知らせ】

→詳しくはこちら