気になる一品

江戸東京博物館

 季節の変わり目で、体調を崩しやすいこのごろ。江戸時代も、子どもの流行病予防と治癒への強い願いがあった。厄よけの赤い顔料で刷られた「赤絵」や玩具などを子どもの枕元に置いたという。

 江戸以降の資料を展示する同館では、所蔵する歌川国芳の赤絵をもとにした練り人形「赤絵みみずく人形」(大・高さ約10センチ2075円、小・約3センチ463円)を販売中。鮮やかな色で元気になりそうだ。

◆東京都墨田区横網1の4の1(TEL03・3626・9974)。午前9時半~午後5時半((土)は7時半まで。入館は30分前まで)。(月)休み。

(2018年5月15日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「気になる一品」の新着記事 一覧を見る
東京ステーションギャラリー

東京ステーションギャラリー

大正ロマンを代表する画家竹久夢二(1884~1934)の全貌に500点超の展示品で迫る「夢二繚乱」(7月1日まで)。ショップでは、代表作をパッケージに使用した入浴剤が人気。

宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)

宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)

映像や最新技術で宇宙を体感できる同館では、「謎の暗闇宇宙展」(7月1日まで)を開催中。ミュージアムストアでは「浮き星 TeNQオリジナル缶」が人気だ。

岡本太郎記念館

岡本太郎記念館

「太陽の塔」内部公開が話題の芸術家・岡本太郎が数々の作品を生み出したアトリエ兼住居を改装した同館。この時期、人気なのが「キーチェーン(鯉のぼり)」だ。

山梨県立美術館

山梨県立美術館

仏の画家ミレーの作品を数多く所蔵する山梨県立美術館。開館40周年を記念したグッズを販売中だ。

新着コラム 一覧を見る
「ヒナゲシの活(い)けられた花瓶」

美博ノート

「ヒナゲシの活(い)けられた花瓶」

風景画を愛好したモーリス・ド・ヴラマンク(1876~1958)だが、静物画も繰り返し描き続けている。

Locus of Time 3 田辺武作(山口県宇部市)

アートリップ

Locus of Time 3 
田辺武作(山口県宇部市)

山口宇部空港に接し、青々とした芝生が広がるふれあい公園。子どもが走って行く先に、不思議な赤い彫刻があった。

ドイツ表現主義 高知県立美術館

私のイチオシコレクション

ドイツ表現主義 高知県立美術館

20世紀初頭のヨーロッパでは産業化への反発が高まっていました。そんな中、ドイツで自然回帰や南国への憧れを抱き、自身の「主観」を大事にする芸術集団が結成されます。これがドイツ表現主義美術の始まりです。

どぜう飯田屋@浅草

街の十八番

どぜう飯田屋@浅草

下町情緒が残る浅草。雷門1丁目交差点で国際通りを東から西に横断して浅草菊水通りに入り、最初の路地を右折すると「どぜう」と書かれた看板が目に飛び込んでくる。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。