街の十八番

中村屋羊羹(ようかん)店@江の島

海を見ながら作る 島の味

店先に立つ中村憲昌さん。奥の階段の先に展望灯台がある

店先に立つ中村憲昌さん。奥の階段の先に展望灯台がある

  • 店先に立つ中村憲昌さん。奥の階段の先に展望灯台がある
  • 大釜で練り上げたあんに、青のりを混ぜ込む。小サイズ850円、食べ歩きカット110円ほか

 江戸時代の人々も楽しんだ観光名所、江の島。展望灯台から岩屋洞窟に向かう途中の名勝地「山二つ」に、その店はある。

 1902(明治35)年、島で代々続く駄菓子屋を営んでいた中村助次郎が、岩場ののりを見て土産物にと思いついたのが、名物の「元祖海苔(のり)羊羹」だ。白インゲン豆のあんに青のりを混ぜ込んだ羊羹で、口に入れると、のりの風味がふわりと香る。

 「海を見ながら作る、江の島ならではのお土産ですね」と話すのは、店の4代目、中村憲昌(のりあき)さん(44)。幼少から島に暮らし、伯父でもある先代定夫さん(82)の後を継いで99年から店に立つ。

 近年増えている外国人観光客の中でも、羊羹を好む人、「ソープ(せっけん)?」と間違える人など、反応は様々だ。憲昌さんは、気軽に味を試してもらえるよう羊羹を一口サイズにして販売。新商品作りにも取り組む。「島のことを聞かれたり、『新作は?』と聞かれたり。お客さんとの会話は菓子作りのモチベーションにもなっています」

(文・写真 渡辺鮎美)


 ◆神奈川県藤沢市江の島2の5の25(TEL0466・22・4214)。午前9時~午後6時。不定休。片瀬江ノ島駅から徒歩25分。電話注文も可。

(2017年10月6日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「街の十八番」の新着記事 一覧を見る
壺屋総本店@本郷

壺屋総本店@本郷

本郷三丁目駅から湯島天満宮へ向かう春日通り沿いに「壺屋総本店」はある。江戸時代の寛永年間(1624~44年)創業、390年を超える歴史を誇る。

若林鋳造所@栃木県佐野市

若林鋳造所@栃木県佐野市

佐野天明(てんみょう)鋳物の歴史は、平将門の乱鎮圧に尽力した藤原秀郷(ひでさと)が、939年にこの地で鋳物師(いもじ)に武具を作らせたのが始まりとされている。

十三(じゅうさん)や商店@上野

十三(じゅうさん)や商店@上野

ザッ、ザッ、ザッ、ザッ――。不忍池の南側、櫛(くし)職人のツゲを削る心地良い音が聞こえる。音の主は、元文元(1736)年創業、黄楊(つげ)櫛製造販売店「十三や」15代目の竹内敬一さん(50)と先代の勉さん(75)。

人形町志乃多寿司(しのだずし)總本店@人形町

人形町志乃多寿司(しのだずし)總本店@人形町

創業は1877(明治10)年。広島藩の江戸詰藩士だった初代吉益(よします)啓蔵が明治維新を機に、いなり寿司の屋台に転業。「明治座など芝居小屋周辺には飲食の屋台が並んでいたそうです」と5代目の吉益敬容(たかひろ)さん(46)。

新着コラム 一覧を見る
「チョップスティックス」の牛肉とトマトのフォー

おんなのイケ麺(めん)

奥村愛さん
「チョップスティックス」の
牛肉とトマトのフォー

10年ほど前、海外公演でベトナムを訪れました。現地のオーケストラと、約2週間でハノイからホーチミンまで5カ所を巡りました。それぞれの地域でしか味わえないような麺類を食べるのが楽しみでしたね。

「ゴディバ」のトリュフ デリース

オトコの別腹

中村太地さん
「ゴディバ」のトリュフ デリース

小学校低学年の頃、学校でバレンタインチョコをもらえず寂しく帰宅した僕に母と姉がくれたのが、ゴディバでした。こんなにおいしい物があるんだ!って感動したのを覚えています。

下図「御紋付雀山咲図壺(ごもんつきすずめやまぶきずつぼ)台座付」

美博ノート

下図「御紋付雀山咲図壺(ごもんつきすずめやまぶきずつぼ)台座付」

黒の背景地に咲き誇る黄色いヤマブキ。飛び交うスズメからは、さえずりが聞こえてきそうだ。頸部(けいぶ)の菊紋は、皇室関係からの注文品という証しだろう。

日本近代洋画【下】 東京都現代美術館

目利きのイチオシコレクション

日本近代洋画【下】 東京都現代美術館

東京都現代美術館は、1995年の開館に合わせ、東京都美術館の所蔵品を移管されました。

お知らせ(更新情報)

2018年カレンダープレゼント

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。