街の十八番

中村屋羊羹(ようかん)店@江の島

海を見ながら作る 島の味

店先に立つ中村憲昌さん。奥の階段の先に展望灯台がある

店先に立つ中村憲昌さん。奥の階段の先に展望灯台がある

  • 店先に立つ中村憲昌さん。奥の階段の先に展望灯台がある
  • 大釜で練り上げたあんに、青のりを混ぜ込む。小サイズ850円、食べ歩きカット110円ほか

 江戸時代の人々も楽しんだ観光名所、江の島。展望灯台から岩屋洞窟に向かう途中の名勝地「山二つ」に、その店はある。

 1902(明治35)年、島で代々続く駄菓子屋を営んでいた中村助次郎が、岩場ののりを見て土産物にと思いついたのが、名物の「元祖海苔(のり)羊羹」だ。白インゲン豆のあんに青のりを混ぜ込んだ羊羹で、口に入れると、のりの風味がふわりと香る。

 「海を見ながら作る、江の島ならではのお土産ですね」と話すのは、店の4代目、中村憲昌(のりあき)さん(44)。幼少から島に暮らし、伯父でもある先代定夫さん(82)の後を継いで99年から店に立つ。

 近年増えている外国人観光客の中でも、羊羹を好む人、「ソープ(せっけん)?」と間違える人など、反応は様々だ。憲昌さんは、気軽に味を試してもらえるよう羊羹を一口サイズにして販売。新商品作りにも取り組む。「島のことを聞かれたり、『新作は?』と聞かれたり。お客さんとの会話は菓子作りのモチベーションにもなっています」

(文・写真 渡辺鮎美)


 ◆神奈川県藤沢市江の島2の5の25(TEL0466・22・4214)。午前9時~午後6時。不定休。片瀬江ノ島駅から徒歩25分。電話注文も可。

(2017年10月6日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「街の十八番」の新着記事 一覧を見る
篠原風鈴本舗@瑞江

篠原風鈴本舗@瑞江

江戸時代の中ごろ、長崎のビードロ師から江戸の町に伝わったとされるガラス製の風鈴。夏の風物詩、江戸川河川敷の花火大会で知られる江戸川区で風鈴をつくる篠原風鈴本舗は、初代が1915(大正4)年に東京・下谷で創業。

うちわの太田屋@千葉・南房総

うちわの太田屋@千葉・南房総

千葉県・房総半島の南、緑豊かな里山に一軒の工房がたたずむ。房州うちわの伝統を守る太田屋だ。

石井三太夫表具店@東上野

石井三太夫表具店@東上野

そこかしこに寺社が立つ東上野の一角に、1652(慶安5)年創業の石井三太夫表具店はある。

太田なわのれん@横浜

太田なわのれん@横浜

深さ1・5センチほどの鉄鍋で角切りの牛肉と江戸甘味噌(あまみそ)がぐつぐつ煮え、香ばしい匂いが広がった。仲居さんが手際よく、千住葱(ねぎ)や焼き豆腐などを加えていく。

新着コラム 一覧を見る
「スガキヤ」の特製ラーメン

おんなのイケ麺(めん)

渡辺美奈代さん
「スガキヤ」の特製ラーメン

名古屋圏では有名で、愛知県出身の私にとっては、ソウルフードのひとつ。和風とんこつのあっさりしたスープ、ツルリとしたのどごしのいい麺、そして、子どものお小遣いで食べに行ける価格帯。この三拍子が魅力です。

「BAKE CHEESE TART」の焼きたてチーズタルト

オトコの別腹

藤田貴大さん
「BAKE CHEESE TART」の焼きたてチーズタルト

僕は、小さい頃から本当に偏食で、甘い物やケーキも苦手。だけど最近、実は甘い物が好きなのかもしれない、と気づき始めたところなんです。

「ひとりでに編める ウット毛糸」

美博ノート

「ひとりでに編める ウット毛糸」

レイモン・サヴィニャック(1907~2002)が、仏のウット毛糸から依頼されたのは、ブランドのキャッチフレーズを広告ポスターにすること。

「ムクドリの飛行のように」 ダニエル・ビュレン作(東京都中央区)

アートリップ

「ムクドリの飛行のように」 
ダニエル・ビュレン作(東京都中央区)

見上げると、赤と青の対比が目に飛び込んできた。複合商業施設GINZA SIXの店舗中央を貫く吹き抜け空間に、2種のストライプの旗約1500枚がずらりと並ぶ。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。