街の十八番

中村屋羊羹(ようかん)店@江の島

海を見ながら作る 島の味

店先に立つ中村憲昌さん。奥の階段の先に展望灯台がある

店先に立つ中村憲昌さん。奥の階段の先に展望灯台がある

  • 店先に立つ中村憲昌さん。奥の階段の先に展望灯台がある
  • 大釜で練り上げたあんに、青のりを混ぜ込む。小サイズ850円、食べ歩きカット110円ほか

 江戸時代の人々も楽しんだ観光名所、江の島。展望灯台から岩屋洞窟に向かう途中の名勝地「山二つ」に、その店はある。

 1902(明治35)年、島で代々続く駄菓子屋を営んでいた中村助次郎が、岩場ののりを見て土産物にと思いついたのが、名物の「元祖海苔(のり)羊羹」だ。白インゲン豆のあんに青のりを混ぜ込んだ羊羹で、口に入れると、のりの風味がふわりと香る。

 「海を見ながら作る、江の島ならではのお土産ですね」と話すのは、店の4代目、中村憲昌(のりあき)さん(44)。幼少から島に暮らし、伯父でもある先代定夫さん(82)の後を継いで99年から店に立つ。

 近年増えている外国人観光客の中でも、羊羹を好む人、「ソープ(せっけん)?」と間違える人など、反応は様々だ。憲昌さんは、気軽に味を試してもらえるよう羊羹を一口サイズにして販売。新商品作りにも取り組む。「島のことを聞かれたり、『新作は?』と聞かれたり。お客さんとの会話は菓子作りのモチベーションにもなっています」

(文・写真 渡辺鮎美)


 ◆神奈川県藤沢市江の島2の5の25(TEL0466・22・4214)。午前9時~午後6時。不定休。片瀬江ノ島駅から徒歩25分。電話注文も可。

(2017年10月6日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「街の十八番」の新着記事 一覧を見る
岩井つづら屋@人形町

岩井つづら屋@人形町

三味線屋などが並び風情ある甘酒横丁。店を構えたのは明治初期だ。中に入ると、漆科の植物から取った「カシュー漆」や柿渋などの独特のにおいがした。

越後屋@神田

浪花家総本店@麻布十番

麻布十番商店街の中ほどにある、赤いのれんと年季の入った木看板が目印の「浪花家総本店」。創業は1909(明治42)年。

越後屋@神田

越後屋@神田

JR神田駅のちかく、ビルの谷間に、看板建築の豆腐店がたたずむ。創業は明治後期。

須藤本家@茨城県笠間市

須藤本家@茨城県笠間市

JR友部駅から車で約10分。田園地帯の道の先、樹木に囲まれた酒蔵「須藤本家」がある。

新着コラム 一覧を見る
岩谷圭介「ふうせん宇宙撮影」

美博ノート

岩谷圭介「ふうせん宇宙撮影」

空高く飛んだ風船が、みるみるうちに漆黒の世界へ行き着いた。上空30キロから、青い地球と太陽の光を撮影した動画の1カットだ。

新印象派【下】 ポーラ美術館

目利きのイチオシコレクション

新印象派【下】 ひろしま美術館

スーラの影響を受けて点描の技法を推し進めたのが、シニャックです。特に、珍しい初期の作品が見られるのが、ひろしま美術館。日本では数少ない新印象派の優品をそろえた貴重な美術館です。

爬虫類(はちゅうるい) THE REPTILES 田辺光彰作(さいたま市中央区)

アートリップ

爬虫類(はちゅうるい) THE REPTILES 
田辺光彰作(さいたま市中央区)

通勤客が足早に行き交う広場に突如現れたのは、全長11メートルの巨大なトカゲの彫刻。ステンレス製の銀色の姿が目をひく。

上野の森美術館

気になる一品

上野の森美術館

「恐怖」をテーマに西洋絵画や版画を集めた「怖い絵」展。ショップでは、「缶ミラー」を販売中。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。