旅してサプリ

トーマス号に乗って大井川沿いを走る

大井川にかかる鉄橋を、煙を吐きながら走るトーマス号。河原に立つファンたちが思わず手を振っていた

大井川にかかる鉄橋を、煙を吐きながら走るトーマス号。河原に立つファンたちが思わず手を振っていた

  • 大井川にかかる鉄橋を、煙を吐きながら走るトーマス号。河原に立つファンたちが思わず手を振っていた
  • 車内はすっかりトーマス仕様。地元園児たちも大はしゃぎ
  • きかんしゃトーマス弁当(950円)。トーマスの顔をかたどったのり巻きが人気
  • 車窓いっぱいに広がる茶畑。爽やかな緑色に、心が洗われるよう
  • 左からパーシー、ヒロ、トーマス、ジェームス。この日は、マスコミ向けに仲間たちが特別に勢ぞろいした
  • 手動式の転車台でトーマス号が向きを変える

 静岡県の南北をほぼ大井川沿いに走る大井川鐵道。期間限定で運行する「きかんしゃトーマス号」に乗車して、SLの旅を味わってみました。

文・写真/中村茉莉花

 昔懐かしいSLや昭和に活躍した各地の電気機関車・電車が走り、鉄道ファンの間でも根強い人気を誇る大井川鐵道。2014年から、6月中旬~10月初旬の期間限定で「きかんしゃトーマス号」を運行している。イギリス生まれの人気キャラクターのSLとあって、毎年乗車チケットが抽選となるほどの人気ぶりだ。

 静岡県島田市の新金谷駅。周囲をなだらかな山々が取り囲む、のどかな駅舎だ。午前10時、「トーマス」のテーマソングとともに、ホームにトーマス号が入ってきた。青い車体はぴかぴか光り、煙突からは黒い煙を吹き出している。客車に乗り込むと、車内はトーマスや仲間たちの絵が描かれたフラッグやシートカバーで彩られ、すっかり「トーマス仕様」だ。

 10時38分、トーマス号が新金谷駅を出発。ほどなくして、窓の外に茶畑が広がり始めた。車窓の景色を眺めながら「きかんしゃトーマス弁当」を味わっていると、車内にテレビのトーマスの声でアナウンスが流れた。「もうすぐトンネルだよ。少し暗くなるけど、怖くないからね」。煙やすすが車内に入るのを防ぐため、乗客たちが次々に窓を閉め始めた。トンネルを過ぎると再び窓を開け、トンネルに差し掛かるとまた閉める。うっかり窓を開けっ放しにしておいたら、シートや服にうっすらすすがついてしまった。

 11時54分、川根本町の千頭(せんず)駅に到着。新金谷駅と千頭駅の構内や「道の駅 音戯の里」では、トーマス号(またはジェームス号)運転日のみ、「きかんしゃトーマスフェア」が開催され、様々な展示やアトラクションが楽しめる。

 千頭駅での目玉は、トーマスの仲間たちに会えることだ。この日は操車場で黒い車体のSL「ヒロ」に緑色の小さな「パーシー」、真っ赤な「ジェームス」、さらに鉱山鉄道のディーゼル機関車「ラスティー」やバスの「バーティー」らの姿を見ることができた。

 転車台での転車も見学できる。1897(明治30)年にイギリスで作られ、現在もほぼ毎日利用されているという転車台は、なんと手動式。駅員や機関士が5人がかりでトーマス号を回転させると、見物客から拍手が起こった。

 旅の最後は「道の駅 川根温泉」へ。露天風呂や温水プールから、鉄橋を走るSLを眺めることが出来る。時間がなく残念ながら入浴はできなかったが、鉄橋を走るトーマス号の雄姿をカメラに収めることができた。

 今年の「トーマス号」「ジェームス号」は予約満席。キャンセルが出た場合のみ、大井川鐵道のホームページやツイッター上でお知らせする。来年の運行情報は未定。

大井川鐵道 http://oigawa-railway.co.jp/

© 2017 Gullane (Thomas) Limited.

 

 パワーチャージ

道の駅 川根温泉

 川根温泉笹間渡駅から徒歩5分の「道の駅 川根温泉」内には、天然温泉「川根温泉 ふれあいの泉」が。露天風呂や温水プールにつかりながら、大井川の鉄橋を渡るSLを眺めることができる。温水プールは、2017年7月にリニューアルオープンした水着着用のバーデゾーンにあり、温泉やサウナ、岩盤浴なども楽しめる。
 温泉入浴料510円、小学生300円。温水プール利用料金710円、小学生300円。温泉&プール共通利用1020円、小学生510円。
 静岡県島田市川根町笹間渡220(TEL0547・53・4330)。午前9時~午後9時(受付は30分前まで)。原則毎月第1火曜休み。

 

 プレゼント

お茶羊羹

★三浦製菓の「お茶羊羹(ようかん)」を
 3人にプレゼント!

※応募には朝日マリオン・コムの会員登録が必要です。
以下の応募ページから会員登録を行って、ご応募ください。

→応募はこちら 【応募締切 10月2日16時】

(2017年9月11日掲載。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は更新時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「旅してサプリ」の新着記事 一覧を見る
山口県東部 錦帯橋から工場夜景まで

山口県東部 錦帯橋から工場夜景まで

本州の最西端に位置する山口県。瀬戸内海に面した街を巡りました。

佐世保の日本遺産、鎮守府と焼き物の里

佐世保の日本遺産、鎮守府と焼き物の里

長崎県北部にある佐世保の鎮守府と、焼き物の里を車でめぐってみました。

通年型カーリングホール「軽井沢アイスパーク」では初心者も体験できる

日本で唯一の夏冬五輪開催地
春の軽井沢でスポーツづくし

軽井沢といえば、誰もが知る避暑地ですが、日本で唯一夏季と冬季のオリンピックの会場であったことは意外と知られていません。夏とは違った軽井沢の魅力を紹介します。

温泉街入り口にある修禅寺では、岡本綺堂が物語の着想を得たといわれる「頼家の仮面」を寺宝物殿で展示

文豪が愛した伊豆の古湯

修善寺温泉は、平安時代に弘法大師空海が開いた伊豆最古の温泉といわれます。明治時代から作家や画家らが療養や旅行で訪れた温泉街を歩きました。

新着コラム 一覧を見る
日本刀【下】 土浦市立博物館

目利きのイチオシコレクション

日本刀【下】 土浦市立博物館

茨城県の土浦市立博物館では毎年秋、土浦藩主土屋家ゆかりの刀剣を公開しています。土屋家の歴代当主は、江戸幕府の老中や奏者番(そうしゃばん)を務めました。

マッテルモン 荒井良二作(大分市生石(いくし))

アートリップ

マッテルモン 
荒井良二作(大分市生石(いくし))

穏やかな波が打ち寄せる大分港。晴れ渡った青空に、真っ赤な門がそびえ立つ。高さ約10メートル、幅15メートル。その上には、丸いオブジェがちょこんと腰かけ、大海原を眺めている。

エドガー・ドガ「美術館にて」

美博ノート

エドガー・ドガ「美術館にて」

芸術の都パリ。19世紀後半になると、女性が画家やモデルなど表現者として活躍し始める。

根津美術館

気になる一品

根津美術館

寺社の御朱印集めが大人気。根津美術館で開催中の企画展「ほとけを支える」に合わせて、ミュージアムショップにも「燕子花図(かきつばたず) 御朱印帳」が登場した。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。