アートリップ

雪まち―Aomori Reflection 
中西信洋作(青森市、新青森駅)

鏡面に広がる雪の街角

鏡面には空や雲もくっきり=谷本結利撮影

鏡面には空や雲もくっきり=谷本結利撮影

  • 鏡面には空や雲もくっきり=谷本結利撮影
  • 隣の青森駅では「あおもり灯りと紙のページェント」を開催中。2月5日まで

 うっすらと雪化粧した駅前広場に、鏡面のオブジェが鎮座している。近づくと、雪の町と自分の姿が映り込んだ。

 2010年、東北新幹線新青森駅開業にちなみ、市が「降雪を取り入れたアート作品」をコンペで募集。60点の応募作から選ばれた。「冬の銀世界や夏の緑など、青森の四季のダイナミックな変化を取り込みたくて鏡を用いた」と作者でアーティストの中西信洋さん(40)。ステンレス製の鏡面にストライプの線で空と森を描き、映り込む風景と重なり合うようにした。

 積雪時の耐久性を考え、デザインは極力シンプルに。直径5×高さ3メートルの空洞の円柱を縦に割り、ずらしたような形状だ。雪解け水が作品の内側にたまらないよう、接地面に1%の傾斜をつけた。広場を管轄する青森市役所道路維持課の新山(にいやま)明徳さん(54)は「雪の時期はもちろん、季節により異なる印象を楽しんでほしい」と語る。

 間の通路を歩くと、内側も鏡面が続く。カーブのせいか顔や体が縦横にゆがんで映り、市内に住む竹内康陽(やすはる)くん(4)は大はしゃぎだ。父親の康貴さん(34)も「不思議な空間だね」と鏡の世界をのぞき込んでいた。

 駅開業から7年目。昨年は北海道新幹線も開業した。四季の移ろいとともに、ますますにぎやかさを増す駅前風景を映しつづける。

(星亜里紗)

 新青森駅

 青森駅から1駅。新幹線開業までは無人駅だった。現在は東北・北海道新幹線と在来線の奥羽線が停車する。近くにある縄文集落跡「三内丸山遺跡」にちなみ、「縄文と未来の融合」をコンセプトにした地上4階建ての新駅舎を2010年に建てた。ガラスの吹き抜けの空間と、縄文時代の集落を表現した木調の外壁が特徴。駅前広場には「雪まち」のほか、津軽半島を中心に分布するヒノキアスナロがシンボルツリーとして立つ。


ぶらり発見

ワ・ラッセ

 青森駅近くのねぶたの家 ワ・ラッセ写真、TEL017・752・1311)では、青森ねぶた祭の歴史を紹介するほか、祭りで使われた大型ねぶたを常設展示している。手で触れられるコーナーも。外国人建築家が手掛けた赤い建物は、曲線のデザインが特徴だ。入場料600円。

 その隣のA-FACTORY(TEL752・1890)には、シードル(リンゴの発泡酒)の工房がある。8個の醸造タンクで「アオモリシードル スタンダード」(200ミリリットル、411円)やアップルソーダなどを製造、販売している。リンゴを使用した菓子や土産品の販売も。

(2017年1月10日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「アートリップ」の新着記事 一覧を見る
光のトンネル・大宇宙 天津恵(あまつけい)作(島根県浜田市)

光のトンネル・大宇宙 
天津恵(あまつけい)作(島根県浜田市)

日本海を望む丘陵から、子どもたちの元気な声が聞こえてきた。その声の先に、高さの異なる色鮮やかなコンクリート製ブロックを並べて構成した「光のトンネル」がある。

風の渓谷 千住博作(東京都大田区、羽田空港)

風の渓谷 
千住博作(東京都大田区、羽田空港)

羽田空港、第2旅客ターミナルの出発ロビー。キャリーバッグを手に足早に行き交う人々を、天井からつるされた絵が見下ろす。

プロジェクトM 3D みすゞ燦(さん)参SUN実行委員会作(山口県長門市)

プロジェクトM 3D 
みすゞ燦(さん)参SUN実行委員会作(山口県長門市)

「こだまでしょうか」。東日本大震災後に流れたCMで注目された童謡詩人、金子みすゞ(1903~30)。その故郷、山口県長門市仙崎を訪れた。

ふくべたちの庭 新井敦夫(SORA SDS)、菅野麻依子、松本大輔作(栃木県下野市)

ふくべたちの庭 
新井敦夫(SORA SDS)、菅野麻依子、松本大輔作(栃木県下野市)

緑、オレンジ、水色……柔らかな芝の上に、つるりとした色鮮やかな物体が渦を描いて並ぶ。

新着コラム 一覧を見る
「赤阪 旅舎招婦ノ図(りょしゃしょうふのず)」

美博ノート

「赤阪 旅舎招婦ノ図(りょしゃしょうふのず)」

風景が中心の「東海道五拾三次」の中で、室内をテーマにした珍しい作品。赤坂宿(現愛知県豊川市)の旅籠(はたご)、大橋屋が舞台だ。

浮世絵【下】 山口県立萩美術館・浦上記念館

目利きのイチオシコレクション

浮世絵【下】 山口県立萩美術館・浦上記念館

公立美術館では珍しく、浮世絵をコレクションの中心にしているのは、山口県萩市の県立萩美術館・浦上記念館です。菱川師宣(もろのぶ)や月岡芳年(よしとし)ら、江戸前期から幕末・明治期までの代表的な絵師の版画約5500点を収蔵しています。

森アーツセンターギャラリー

気になる一品

森アーツセンターギャラリー

ロシアのエルミタージュ美術館所蔵作品を紹介する「大エルミタージュ美術館展」(6月18日まで)。

谷川晃一さん(画家) 「ウォルター少年と、夏の休日」(2003年)

私の描くグッとムービー

谷川晃一さん(画家)
「ウォルター少年と、夏の休日」(2003年)

レンタルDVDで見て気に入り、DVDを購入した一本です。1960年代初頭の米テキサス州。14歳の孤独な少年ウォルターは、夏休みに2人の大伯父、ハブとガースの元に預けられます。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。

お知らせ(更新情報)

【携帯(フィーチャーフォン)サイト終了のお知らせ】

→詳しくはこちら