アートリップ

波しぐれ三度笠 
流政之作(鳥取県琴浦町)

「旅人」が語る 港の歴史

高さ4.33メートル、北東に向かって立っている。3体はそれぞれ微妙に形が異なる=滝沢美穂子撮影

高さ4.33メートル、北東に向かって立っている。3体はそれぞれ微妙に形が異なる=滝沢美穂子撮影

  • 高さ4.33メートル、北東に向かって立っている。3体はそれぞれ微妙に形が異なる=滝沢美穂子撮影
  • 夕日を浴びて「旅人」のシルエットが浮かび上がる=滝沢美穂子撮影

 冬の日本海。海岸線を歩いていくと、石積みの突堤の先に強い海風と打ち寄せる波しぶきを受けながら海に向かって立つ、白い3体の彫刻が見えてきた。

 彫刻家、流(ながれ)政之(1923~)が89年に制作した石彫作品だ。80年代後半、当時の鳥取県赤碕町(現琴浦町)商工会がモニュメントを計画。同地出身の親族をもつ日動画廊社長が建設資金を寄付して、国際的に活躍する流に依頼した。

 設置場所を探し求めて町中を巡り歩いた流の目に留まったのが、菊港だった。江戸時代には、北前船が寄港し、藩米の積み出し港として栄えた。しかし明治以降は水深が浅くなり、港としての機能が低下、忘れられた存在になっていた。流は「こんな港が残っていたのか」と驚き、ここに設置を決意。かつての港の歴史を掘り起こそうと、白御影石で海を渡った旅人たちを表現した。

 流は「人生には三度チャンスがあり、それをつかめば喜びがある。荒波に打たれ、吹雪の中に立つ彫刻からそれを感じてほしい」と話している。

 当時、赤碕町観光協会副会長を務めていた祇園(ぎおん)和康さん(86)は、「この作品のおかげで菊港の歴史や意義に関心を向けてもらえる、赤碕の宝です」と誇らしげに言った。作品は95年に県の景観大賞を受賞。今は地域を代表する名所のひとつだ。

(石井久美子)

 菊港

 鳥取県中部の琴浦町に位置する赤碕港内の三つの港のうちの一つ。寛政年間(1789~1801)に築かれ、左右に二つの防波堤を備える。江戸時代は北前船が寄港し、藩米の積み出し港となり、船番所や藩倉、商店や旅館が立ち並ぶ町の中心地として栄えた。「波しぐれ三度笠」の設置にあわせて、作品までの歩道を舗装、橋を架けた。その後、海岸沿いに公園も造成された。

 《アクセス》赤碕駅から徒歩約20分。


ぶらり発見

モサエビ丼

 菊港のすぐ前には塩谷定好写真記念館(TEL0858・55・0120)がある。塩谷は大正~昭和に活動した芸術写真家。1906年に建てられた回船問屋の生家を改装して2013年に開館。ギャラリーと各部屋で、塩谷の作品や愛用品、回船問屋時代の調度品などを見ることができる。300円。(火)休み。

 「三度笠」から徒歩約20分の魚料理海(TEL55・0889)は鮮魚も販売する食堂。地元で捕れた甘みのあるモサエビがたっぷりのった「モサエビ丼」が味わえる(写真、1550円、みそ汁とお新香付き)。

(2018年3月13日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「アートリップ」の新着記事 一覧を見る
風媒銀乱 伊原通夫作(東京都中央区)

風媒銀乱 
伊原通夫作(東京都中央区)

夕闇迫る東京湾。海の玄関口晴海客船ターミナルで、カメラを持った人々に行き会った。レンズを向けるのは、ターミナルの先にあるオブジェと、その向こうに広がる湾岸の景色だ。

湖を見るヴォワイヤン 今井祝雄(のりお)作(滋賀県大津市)

湖を見るヴォワイヤン 
今井祝雄(のりお)作(滋賀県大津市)

青々とした芝生と木々の向こうに琵琶湖が一望できる成安造形大のキャンパス。そこに、ひときわ目を引くカラフルな7体の彫像がある。美術家で同大名誉教授の今井祝雄さん(72)の作品だ。

森(しん)呼吸(家族) 向井勝實(かつみ)作(青森市浅虫)

森(しん)呼吸(家族) 
向井勝實(かつみ)作(青森市浅虫)

浅虫温泉街からほど近い浅虫ダム。川音に混じる木々のざわめき、カエルの鳴き声が心地良い緑の中、駐車場横の小さな丘の上に、ノミ跡の残る最大高さ8メートルの木像が3体立つ。

Locus of Time 3 田辺武作(山口県宇部市)

Locus of Time 3 
田辺武作(山口県宇部市)

山口宇部空港に接し、青々とした芝生が広がるふれあい公園。子どもが走って行く先に、不思議な赤い彫刻があった。

新着コラム 一覧を見る
ブームの卵

ブームの卵

6月15日 注目グッズ
「目隠しセキュリティテープ 白」など

大切な書類をコピーやファクスするために、個人情報を一時的に隠したいときにおすすめなのが「目隠しセキュリティテープ 白(コピー・FAX用)」。

根古屋(ねごや)窯@栃木・益子町

街の十八番

根古屋(ねごや)窯@栃木・益子町

ぽってりとした素朴な風合いが魅力の益子焼。最古の窯元である根古屋窯は、人里から少し離れた山のふもとにある。

佐々木充彦さん(漫画家)「羊たちの沈黙」(1991年)

私の描くグッとムービー

佐々木充彦さん(漫画家)
「羊たちの沈黙」(1991年)

連続殺人犯を追うFBI実習生クラリスと、猟奇殺人鬼で元精神科医のレクター博士の奇妙な交流を描いた物語です。実は続編の「ハンニバル」を先に劇場で見て、何が面白いのか訳が分からなかったんですよ。

「パティシェ イナムラ ショウゾウ」の上野の山のモンブラン

オトコの別腹

中村歌昇さん
「パティシェ イナムラ ショウゾウ」の上野の山のモンブラン

モンブランといえばこれ、というくらい僕の「鉄板」です。高校生くらいの時に実家が上野の方に引っ越したので、誕生日ケーキに母がよく買ってきてくれました。高校生の頃から、10年くらい毎年これでした。

☆新コラム☆

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。