オトコの別腹

横田龍儀さん
「ラ・テール」の大地のプリン「ウ・オ・レ」

「ラ・テール」の大地のプリン「ウ・オ・レ」

「ラ・テール」の大地のプリン「ウ・オ・レ」

  • 「ラ・テール」の大地のプリン「ウ・オ・レ」
  • 横田龍儀さん

 東京で一人暮らしを始めてから、毎日のように甘い物を買って、お風呂上がりに食べています。さっぱりして、襟を正して食べる。そんな感覚です。

 このプリンは、やわらかくて、甘みが深い。鼻に抜ける香りもすごくいい。半分まで食べてから下のカラメルと混ぜるのが僕の食べ方です。見た目もかわいくないですか?

 甘い物好きは、じいちゃんばあちゃんの影響。学校から帰ってくるといつもおやつを用意してくれていた。地元は福島県川内村で、高校1年の時に東日本大震災が起き、両親と神奈川へ。じいちゃんばあちゃんは福島から離れたくないと仮設住まいを選んだので、離ればなれになりました。その時初めて、甘い物がいつもあるって当たり前のことじゃなかったんだなと。

 福島出身の縁で、徒歩で日本縦断をするという福島中央テレビの番組に出演し、今年1月、達成しました! 160日、3801キロ。旅の途中、多くの人の温かさに触れ、何度も涙が出ました。今度は僕が、福島県をはじめ、頑張る人を応援していきたいです。

 

◆本店は東京都世田谷区池尻。
 324円。
 フリーダイヤル(TEL0120・548951)やオンラインショップで注文可。店舗によってはセット販売のみも。


 よこた・りゅうぎ 俳優。
 第25回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト審査員特別賞受賞。4月23日まで、東京・渋谷でミュージカル「刀剣乱舞 三百年(みほとせ)の子守唄」に出演。

(2017年4月14日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「オトコの別腹」の新着記事 一覧を見る
「やまり菓子舗」の芋ようかん

奥山清行さん
「やまり菓子舗」の芋ようかん

母と妹も芋ようかんが好きで、昔から各地に行くたびにお土産にすると喜んでくれて。なかでも、このようかんは飛び抜けておいしいんです。

「キャンティ」のアイスクリーム カルメン風

鎌田實さん
「キャンティ」のアイスクリーム カルメン風

鮮やかな赤色に目が奪われましたね。ディナーでワゴンにずらっと並ぶデザートも魅力的だけど、イチゴが旬の時しか食べられないからメニューにあると必ず注文します。「カルメンの季節が来たな」ってね。

「フジパン」の大福みたいなホイップあんぱん

矢本悠馬さん
「フジパン」の大福みたいなホイップあんぱん

粒あんとホイップクリーム、和と洋をパンに入れる発想に驚いたな。ホイップは苦手だったけど、これはクリーミーでおいしい。

「明治」のガルボミニ ポケットパック

安井順平さん
「明治」のガルボミニ ポケットパック

どちらかというと、ポテトチップスとか、しょっぱいお菓子をよく食べますね。でも、舞台の稽古中は急に甘い物を摂取したくなるんです。

新着コラム 一覧を見る
谷川晃一さん(画家) 「ウォルター少年と、夏の休日」(2003年)

私の描くグッとムービー

谷川晃一さん(画家)
「ウォルター少年と、夏の休日」(2003年)

レンタルDVDで見て気に入り、DVDを購入した一本です。1960年代初頭の米テキサス州。14歳の孤独な少年ウォルターは、夏休みに2人の大伯父、ハブとガースの元に預けられます。

富田染工芸@新宿

街の十八番

富田染工芸@新宿

神田川沿いでは、江戸時代から染色産業が栄え、新宿区の落合・中井地区の地場産業として根付いた。

ブームの卵

ブームの卵

4月21日 注目グッズ
「トビイシ ステッピングストーン」など

宅配便やお客さんが来た時、玄関で靴を履くのってもどかしい……。そんなあなたは、「トビイシ ステッピングストーン」(直径15×高さ2.5センチメートル、1944円)を使ってみては?

「オッティ」のしらすとブロッコリーとフルーツトマトのガーリックオイル パクチーのせ

おんなのイケ麺(めん)

有森也実さん
「オッティ」のしらすとブロッコリーとフルーツトマトのガーリックオイル パクチーのせ

パクチーをのせたパスタって珍しくないですか?ここはパスタの具材の組み合わせが独創的でおもしろいイタリアンのお店です。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。

お知らせ(更新情報)

【携帯(フィーチャーフォン)サイト終了のお知らせ】

→詳しくはこちら