オトコの別腹

みうらじゅんさん
「鳴門鯛焼(たいやき)本舗」の天然たいやき

「鳴門鯛焼(たいやき)本舗」の天然たいやき

「鳴門鯛焼(たいやき)本舗」の天然たいやき

  • 「鳴門鯛焼(たいやき)本舗」の天然たいやき
  • みうらじゅんさん

 どうやら甘党だったらしい――。

 オトコは好き嫌いの基準を童貞期までに決めちゃってるところがあるので、大概間違ってるんですね。だから“アイ・ドント・ビリーブ・ミー”がポリシー。自分を疑ってると、最近お酒が好きじゃないことが判明して。要は、酔うための惰性。よく冷やの辛口を飲むけど、まずいのよ。燗酒(かんざけ)ならまだイケて、その理由が「甘い」から。ガッカリでした、自分に。だって、甘党ってモテなさそうでしょ? ましてや、あんこ好きってのもどうなのよ。

 老舗の有名店には、わざわざ行くほどでもないんです。ビギナーだから。俺はここのがいいかな。甘めの餡(あん)が尻尾まで詰まって、皮が薄いから食感はカリカリ。小さい頃から鶏皮をカリッカリに焼いたやつとか、ウナギの骨のスナックとかが好物なんで、そこのポイントは高いです。上あごの皮がめくれてでも熱々のカリカリを食べるんだから相当好きなんだよね、やっぱ。

 今まで格好つけて避けてきたけど、還暦を前に、ようやく自分に正直になってきたのかもしれないね。

 

◆四谷3丁目店 東京都新宿区四谷3の13の13(TEL03・5379・6969)。
 十勝産あずき194円、鳴門金時いも216円。
 午前10時~午後10時。
 無休。
 東京、大阪を中心に32店舗で販売。


 イラストレーターなど。
 自身が原作の映画「変態だ」(安齋肇監督)DVD&ブルーレイ、「新TV見仏記 日タイ修好130周年記念スペシャル」バンコク編、アユタヤ編のブルーレイが発売中。

(2017年7月7日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「オトコの別腹」の新着記事 一覧を見る
「良寛堂」の笹(ささ)団子

中沢新一さん
「良寛堂」の笹(ささ)団子

母が新潟の生まれで、実家近くに店がありました。今も古風な作り方で、味が変わりませんね。ヨモギを練り込んだ生地が、最近の軟らかな笹団子と違って、しゃきしゃきと歯で切れるんです。それが笹の香りと見事に合う。

「フジバンビ」の黒糖ドーナツ棒

阿部祐二さん
「フジバンビ」の黒糖ドーナツ棒

このおいしさは事件ですよ。名前はドーナツなのに、見た目はまるでかりんとう。でも食べると硬すぎずやわらかすぎず、しっとり。黒糖の蜜がじわーっと染みています。甘さもほどよく、コクがあって、口の中でとろける感じが最高。

「ファミリーマート」の北海道産小豆のこしあんまん(ごま風味)

村上虹郎さん
「ファミリーマート」の
北海道産小豆のこしあんまん(ごま風味)

「こしあんまん」は稽古場や撮影現場に行く前に買って、すぐかぶりつきます。「あっつ」て、言うくらい温かいのですが、温かい甘い食べ物っていうところがいい。

「名曲喫茶 でんえん」のミルクセーキ

タブレット純さん
「名曲喫茶 でんえん」のミルクセーキ

初めて行ったのは中学生だったから、30年ほど前です。中古レコードを集めるようになって、休みの日はいつも古本屋や中古レコード屋巡りをしていて。その時にこのお店を知りました。

新着コラム 一覧を見る
岩谷圭介「ふうせん宇宙撮影」

美博ノート

岩谷圭介「ふうせん宇宙撮影」

空高く飛んだ風船が、みるみるうちに漆黒の世界へ行き着いた。上空30キロから、青い地球と太陽の光を撮影した動画の1カットだ。

新印象派【下】 ポーラ美術館

目利きのイチオシコレクション

新印象派【下】 ひろしま美術館

スーラの影響を受けて点描の技法を推し進めたのが、シニャックです。特に、珍しい初期の作品が見られるのが、ひろしま美術館。日本では数少ない新印象派の優品をそろえた貴重な美術館です。

爬虫類(はちゅうるい) THE REPTILES 田辺光彰作(さいたま市中央区)

アートリップ

爬虫類(はちゅうるい) THE REPTILES 
田辺光彰作(さいたま市中央区)

通勤客が足早に行き交う広場に突如現れたのは、全長11メートルの巨大なトカゲの彫刻。ステンレス製の銀色の姿が目をひく。

上野の森美術館

気になる一品

上野の森美術館

「恐怖」をテーマに西洋絵画や版画を集めた「怖い絵」展。ショップでは、「缶ミラー」を販売中。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。