美博ノート

「金谷 大井川遠岸」

歌川広重 東海道五拾三次展(名古屋ボストン美術館)

「金谷 大井川遠岸」

天保4年(1833)年ごろ 横大判錦絵

 江戸時代に開かれた五街道の中で、もっとも人の行き来が多かった東海道。その道中、最大の難所といえば、「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」と馬子唄(うた)にうたわれた大井川だ。

 交通の要衝だった東海道は、江戸防衛の目的もあり、主要な川には橋がなかった。駿河(するが)と遠江(とおとうみ)の国境にある大井川は、幅1キロメートル以上。「暴れ川」と呼ばれる急な流れで舟もなく、「川を渡るのは命がけだったようです」と、学芸員の鏡味(かがみ)千佳さん。大雨で水かさが増えれば、渡河禁止となり、宿泊費もかさんだ。

 本作は大井川を渡る参勤交代の一行を描いた情景。最後尾には、大名の駕籠(かご)を乗せた輦台(れんだい)を担ぐ人足が急流を進んでいる。対岸の山裾には駿河の金谷宿。一息つけるのはまだ先だ。

(2017年4月18日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「美博ノート」の新着記事 一覧を見る
「寿老人」/「南極寿星図」

「寿老人」/「南極寿星図」

今週は「寿老人」を描いた日本画2点を紹介する。寿老人とは、中国の伝説上の人物で、長寿を授ける神ともいわれる。

「春風」/「秋の錦」

「春風」/「秋の錦」

近代の日本画約250点を所蔵する桑山美術館。今展では、同じテーマで描かれた日本画を複数並べ、見比べて楽しめる。

「武門神」

「武門神」

年画には神様も度々登場する。観音開きの扉に貼る「門画」は、神を祀(まつ)り、家の守護を願うもの。桃を盗みに来る鬼を鬼門で捕らえたという伝説の武将がにらみをきかせていて、心強い。

「五子奪魁」

「五子奪魁」

印刷技術が普及した明代(1368~1644年)、中国各地に年画の生産地が形成されていった。本作は、その産地のひとつ河南省の朱仙鎮で1980年代に刷られたもの。

新着コラム 一覧を見る
「香港麺 新記」のチャーシューつゆなし麺(香港麺)

おんなのイケ麺(めん)

福原美穂さん
「香港麺 新記」のチャーシューつゆなし麺(香港麺)

歌手活動のために札幌から東京に移り住んだのですが、東京にはアジア料理のお店がたくさんあって、その魅力にすぐ引き込まれました。

「パレスホテル東京 ザ パレス ラウンジ」のマロンシャンティイ

オトコの別腹

中村鶴松さん
「パレスホテル東京 ザ パレス ラウンジ」のマロンシャンティイ

このケーキを食べるために、七之助さんが連れて行ってくれました。僕の23歳の誕生日だった稽古の帰りで、誕生日ケーキの意味もあったのかな。

絵巻物 五島美術館

私のイチオシコレクション

絵巻物 五島美術館

物語や伝記を詞書(ことばがき)と絵で描いた絵巻物は、平安・鎌倉期に盛んに作られました。1960年開館の五島美術館は、古写経を好んだ実業家・五島慶太のコレクションを核に、書や陶磁など約5千件を所蔵していますが、中でも目玉の一つが国宝「源氏物語絵巻」。

山梨県立美術館

気になる一品

山梨県立美術館

仏の画家ミレーの作品を数多く所蔵する山梨県立美術館。開館40周年を記念したグッズを販売中だ。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。