• ホーム
  • コラム
  • ブームの卵
  • 6月3日 注目グッズ「Mr.YUPYCHIL DOOR LIGHT(ミスターユピーチルドアライト)」など
ブームの卵

6月3日 注目グッズ
「Mr.YUPYCHIL DOOR 
LIGHT(ミスターユピーチルドアライト)」など

 

優しく照らしてお出迎え☆

 

Mr.YUPYCHIL DOOR LIGHT(ミスターユピーチルドアライト) 「Mr.YUPYCHIL DOOR LIGHT(ミスターユピーチルドアライト)」(幅約8.6×奥行き8.8×高さ12.4センチメートル、1944円)は、振動を感知すると光るライト。玄関ドアの内側に取り付ければ、帰宅時に開けた瞬間、真っ暗な玄関を優しく照らしてくれるよ♡ 宇宙遊泳しているような姿がかわいいよね。約20秒で自動的に消灯するんだ。裏面にマグネットやフック用の穴があって、取り付けは簡単。腕や足は、フックのように鍵などを掛けても。ブルー、イエロー、ピンクの全3種。LR44ボタン電池3個付属。問い合わせはドリームズ(03・5332・3956)。

 


 

紙で盆栽の雰囲気を味わおう♪


kami―bonsai 松 海外でも流行している盆栽を、手軽に楽しめるといいよね。「kami―bonsai 松」(完成サイズ、幅18×奥行き7×高さ14センチメートル、1620円)は、はさみやのりなどを使わずに組み立てられる紙の盆栽なの。形がそれぞれ違う3本の幹を台座に差し込んで、濃淡のある3色の葉を自由に配置すれば、自分で盆栽をつくる楽しみが味わえるよ。紙卸業の会社が、紙の色や質感にこだわってつくったんだって。外国の友だちへのお土産にも喜ばれそうだね。「桜」や「紅葉(もみじ)」など4種類。問い合わせは立川紙業(042・527・6111)。

(2016年6月3日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「ブームの卵」の新着記事 一覧を見る
ブームの卵

5月18日 注目グッズ
「紙でできた豆皿」など

お土産のお菓子をおすそわけするときやおやつの時間、小皿があると便利だよね。

ブームの卵

5月11日 注目グッズ
「ペパラブル フラワーふせん」など

まるで本物の花びらのように繊細な印象の「ペパラブル フラワーふせん」は、トレーシングペーパーの透け感を生かしたふせんだよ。

ブームの卵

4月27日 注目グッズ
「サラサマークオン」など

大切な用件や、覚えたい単語を目立たせるために、ペンで書いた文字をすぐに蛍光ペンで重ね塗りしたいけれど、文字はにじむし、ペン先も汚れちゃうのは……そんなお悩みは、この「サラサマークオン」が解決!

ブームの卵

4月20日 注目グッズ
「Vegi mage(ベジマジ)たてる」など

冷蔵庫の中で意外と場所をとってしまう野菜。「Vegi mage(ベジマジ)たてる」は、野菜を立てた状態で保存できる野菜スタンド。

新着コラム 一覧を見る
「ヒナゲシの活(い)けられた花瓶」

美博ノート

「ヒナゲシの活(い)けられた花瓶」

風景画を愛好したモーリス・ド・ヴラマンク(1876~1958)だが、静物画も繰り返し描き続けている。

Locus of Time 3 田辺武作(山口県宇部市)

アートリップ

Locus of Time 3 
田辺武作(山口県宇部市)

山口宇部空港に接し、青々とした芝生が広がるふれあい公園。子どもが走って行く先に、不思議な赤い彫刻があった。

ドイツ表現主義 高知県立美術館

私のイチオシコレクション

ドイツ表現主義 高知県立美術館

20世紀初頭のヨーロッパでは産業化への反発が高まっていました。そんな中、ドイツで自然回帰や南国への憧れを抱き、自身の「主観」を大事にする芸術集団が結成されます。これがドイツ表現主義美術の始まりです。

東京ステーションギャラリー

気になる一品

東京ステーションギャラリー

大正ロマンを代表する画家竹久夢二(1884~1934)の全貌に500点超の展示品で迫る「夢二繚乱」(7月1日まで)。ショップでは、代表作をパッケージに使用した入浴剤が人気。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。