ブームの卵

12月8日 注目グッズ
「BICマーキングハイライター イレーザブル」など

 

サッと消せる蛍光ペン☆

 

BICマーキングハイライター イレーザブル 資料などに蛍光ペンで線を引いた後、「どれが重要かわからなくなった」「なぞる所を間違えた」ということってあるよね。そんなときは、新登場の「BICマーキングハイライター イレーザブル」(162円)がおすすめ。反対側のペン先で不要な所をすばやくサッと消すことができるんだ。紙をこする摩擦熱ではなく、インクの化学反応で文字が消えるから紙をくしゃくしゃにせずに済むよ。この1本で、線を引くことも消すこともできて便利。スムーズな書き心地で、仕事や勉強の効率があがりそうだね。問い合わせはBICジャパンお客様相談窓口(0120・768030)。

 


 

スマホが立つペンケース♪


SmaPop!(スマポップ) スマートフォンで動画を見ることが多くなったけど、机に置いたままだと見づらいし、手に持つのは面倒。「SmaPop!(スマポップ)」(縦6.5×横19.3×高さ3.6センチメートル、842円)は、ふたの上にある溝に、スマホが立てかけられるペンケースだよ☆ スマホは縦、横どちらに置いても大丈夫。音楽、ドラマなどの動画や、映像配信による授業の視聴がらくちん。時刻を表示しておけば、時間の経過を意識しながら勉強や作業ができるね。セルフタイマー機能を使った自撮りにも活躍しそう(機種やケースによっては立たない場合も)。全6色。12月中旬発売。問い合わせはサンスター文具(03・5835・0094)。

(2017年12月8日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「ブームの卵」の新着記事 一覧を見る
ブームの卵

1月12日 注目グッズ
「ママの手 ラップ用アーム」など

「ママの手 ラップ用アーム」(幅13.5×奥行き5×高さ16センチメートル、3個入り)は、料理の形を崩すことなくラップ保存できるキッチングッズ。

ブームの卵

1月5日 注目グッズ
「decolfa シェルフステッカーポケット」など

新年は、お部屋の模様替えで気分一新してみては?「decolfa シェルフステッカーポケット」は、おしゃれな柄のステッカーに透明なポケット型のボックスが付いた飾り棚。

ブームの卵

12月22日 注目グッズ
「リップノ」など

ポーチや服のポケットに収まる可愛いふせんが登場したよ♡ その名も「リップノ」。スティック状のリップクリームを模したケースに、薄さ0.04ミリメートルの透明フィルム素材のふせんを内蔵。

ブームの卵

12月15日 注目グッズ
「防災用簡易ライト ロング ポッキンパ!!」など

停電対策、できているかな? 「防災用簡易ライト ロング ポッキンパ!!」は、火や電池を使わない、使い切りの防災用ライト。コンサートの時に振るペンライトを作っているメーカーが考案したんだ。

新着コラム 一覧を見る
小森邦衛「真塗円盆(しんぬりまるぼん)」

美博ノート

小森邦衛「真塗円盆(しんぬりまるぼん)」

漆黒とは、艶(つや)めく黒色のことをいう。漆塗りの本作「真塗丸盆」は、まさに漆黒の奥深さが味わえる一品。

エコール・ド・パリ【下】 北海道立近代美術館

目利きのイチオシコレクション

エコール・ド・パリ【下】 北海道立近代美術館

エコール・ド・パリの画家の多くは、第1次世界大戦前後に故郷を離れ、各国から集まった異邦人でユダヤ系が中心です。戦争に翻弄(ほんろう)されながらも、自己の表現を探究しました。

太陽の橋 福田繁雄作(福岡県北九州市)

アートリップ

太陽の橋 
福田繁雄作(福岡県北九州市)

小倉駅から小倉城に向かって大通りを歩いていくと、突然色とりどりに彩られた橋が現れた。

国立歴史民俗博物館

気になる一品

国立歴史民俗博物館

国立歴史民俗博物館が所蔵する「洛中洛外図屏風(びょうぶ) 歴博甲本」(重要文化財)。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。