ブームの卵

12月22日 注目グッズ
「リップノ」など

 

リップクリームみたいなふせん☆

 

リップノ ポーチや服のポケットに収まる可愛いふせんが登場したよ♡ その名も「リップノ」(直径1.66×高さ6.75センチメートル、540円)。スティック状のリップクリームを模したケースに、薄さ0.04ミリメートルの透明フィルム素材のふせんを内蔵。1枚分(4.2×1.2センチメートル)が切り取れるミシン目入りで、1本あたり最大70枚分使えるの。ふせんの柄が見える透明のキャップは、ふせんへのゴミや汚れの付着を防いでくれるんだ。両端部分にはのり付けされてないから、めくりやすく、手帳などの目印に貼るときに粘着面が表に出ないのもいいね。全6種。問い合わせはカンミ堂(0120・621580)。

 


 

もらったあとも使えるポチ袋◎


しあわせポチ袋 「しあわせポチ袋」(縦10.8×横7.4センチメートル、604円)は、動物モチーフの刺繍(ししゅう)がされたフェルト素材のポチ袋。ゴムひもと、中身が落ちにくいボタン付きで、受け取ったあとも、ICカードや、ばんそうこうなど小物を入れて、バッグに付けて持ち歩けるんだ♪ 付属の紙にメッセージを書いて、そこにお金をはさんで入れてね。柄は全8種で、クマは「健康」、ウサギは「飛躍」など、それぞれ幸せや成長への願いを込めているそう。2018年の干支(えと)、イヌは「安全」。しば犬、トイプードルの2種があるよ。問い合わせはデザインフィル ミドリカンパニー(03・5789・8058)。

(2017年12月22日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「ブームの卵」の新着記事 一覧を見る
ブームの卵

1月12日 注目グッズ
「ママの手 ラップ用アーム」など

「ママの手 ラップ用アーム」(幅13.5×奥行き5×高さ16センチメートル、3個入り)は、料理の形を崩すことなくラップ保存できるキッチングッズ。

ブームの卵

1月5日 注目グッズ
「decolfa シェルフステッカーポケット」など

新年は、お部屋の模様替えで気分一新してみては?「decolfa シェルフステッカーポケット」は、おしゃれな柄のステッカーに透明なポケット型のボックスが付いた飾り棚。

ブームの卵

12月15日 注目グッズ
「防災用簡易ライト ロング ポッキンパ!!」など

停電対策、できているかな? 「防災用簡易ライト ロング ポッキンパ!!」は、火や電池を使わない、使い切りの防災用ライト。コンサートの時に振るペンライトを作っているメーカーが考案したんだ。

ブームの卵

12月8日 注目グッズ
「BICマーキングハイライター イレーザブル」など

資料などに蛍光ペンで線を引いた後、「どれが重要かわからなくなった」「なぞる所を間違えた」ということってあるよね。そんなときは、新登場の「BICマーキングハイライター イレーザブル」がおすすめ。

新着コラム 一覧を見る
小森邦衛「真塗円盆(しんぬりまるぼん)」

美博ノート

小森邦衛「真塗円盆(しんぬりまるぼん)」

漆黒とは、艶(つや)めく黒色のことをいう。漆塗りの本作「真塗丸盆」は、まさに漆黒の奥深さが味わえる一品。

エコール・ド・パリ【下】 北海道立近代美術館

目利きのイチオシコレクション

エコール・ド・パリ【下】 北海道立近代美術館

エコール・ド・パリの画家の多くは、第1次世界大戦前後に故郷を離れ、各国から集まった異邦人でユダヤ系が中心です。戦争に翻弄(ほんろう)されながらも、自己の表現を探究しました。

太陽の橋 福田繁雄作(福岡県北九州市)

アートリップ

太陽の橋 
福田繁雄作(福岡県北九州市)

小倉駅から小倉城に向かって大通りを歩いていくと、突然色とりどりに彩られた橋が現れた。

国立歴史民俗博物館

気になる一品

国立歴史民俗博物館

国立歴史民俗博物館が所蔵する「洛中洛外図屏風(びょうぶ) 歴博甲本」(重要文化財)。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。