私の描くグッとムービー

中原昌也さん(作家・ミュージシャン)
「遊星よりの物体X」(1951年)

宇宙人の理不尽な暴力

 中原昌也さん(作家・ミュージシャン)「遊星よりの物体X」(1951年)

 

 北極が舞台のSF映画です。飛行物体が墜落し、軍と博士たちは謎の生物が乗った円盤を発見。近くの研究所に持ち帰るが、蘇生した生物が大暴れして、姿を消してしまいます。残骸を調べると、動物の血を吸って成長する宇宙人で、人間よりも知力や腕力が優れている。研究のために培養を主張する博士と、撃退を主張する軍が対立する中、宇宙人が研究所の人々を次々と襲っていく物語です。

 7、8歳のころ、渋谷のデパートで初めて見ました。SFやホラー映画の小道具の展覧会をやっていて、そこの特設会場で上映していたんです。白黒だから、地味な映画だなって思いましたね。怪獣映画も好きで見ていたけど、大人になって見直すと、がっかりすることのほうが多くて。でも、この映画を約40年ぶりに見たら、すごく面白かった。

 宇宙人は悠然と光線を撃ってくるようなイメージがあったけど、機敏に動くんです。ドアを開けたら目の前にいて、急に胸ぐらをつかまれるような感じで、襲ってくる。突然乱暴な人が現れて周りに迷惑かけるような、理不尽な暴力性がある。一方で、軍人が博士の秘書と恋の駆け引きをするシーンなんかもあって、どこかのんびりしていて緊迫性がない。牧歌的で怖くないし、リラックスしながら見られるところが好きです。

 若い人には白黒映画をもっと見て欲しいですね。古い映画には永久不滅の良さがあって、十分刺激的。馬鹿にできないなと思うんです。

聞き手・吉田愛

 

  監督=クリスチャン・ナイビー
  製作=米
  出演=マーガレット・シェリダン、ケネス・トビーほか
なかはら・まさや
 1970年生まれ。ヘアスタイリスティックス名義で音楽活動も。近著に短編集「軽率の曖昧(あいまい)な軽さ」(河出書房新社)。

(2017年2月17日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
Pantoviscoさん(マルチクリエーター)「ナポレオン・ダイナマイト(旧邦題「バス男」)」(2004年)

Pantoviscoさん(マルチクリエーター)
「ナポレオン・ダイナマイト(旧邦題「バス男」)」(2004年)

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を見て以来、アメリカに対する憧れを漠然と抱き続けてきました。高校生が陽気に歌い踊る「ハイスクール・ミュージカル」も好き。

小林孝亘さん(画家)「海辺のポーリーヌ」(1983年)

小林孝亘さん(画家)
「海辺のポーリーヌ」(1983年)

「山と海、どちらが好きか」って聞かれたら、「海」ですね。季節は、寒いより、暑い方が好き。一年中暑いタイのバンコクにアトリエを構えて15年暮らしたほどの「南志向」です。

いしいひろゆきさん(イラストレーター)「ライフ・アクアティック」(2004年)

いしいひろゆきさん(イラストレーター)
「ライフ・アクアティック」(2004年)

全く不思議、ではなく、少し不思議。現実の中にちょっとだけファンタジーがある。そういう世界にひかれるんです。主人公は海洋ドキュメンタリー映画の売れっ子監督ズィスー。

Noritakeさん(イラストレーター) 「さよなら、人類」(2014年)

Noritakeさん(イラストレーター)
「さよなら、人類」(2014年)

現代か過去かよくわからない西欧を舞台に、人間の生のありさまを描く39のストーリーが映し出されます。

新着コラム 一覧を見る
「ヒナゲシの活(い)けられた花瓶」

美博ノート

「ヒナゲシの活(い)けられた花瓶」

風景画を愛好したモーリス・ド・ヴラマンク(1876~1958)だが、静物画も繰り返し描き続けている。

Locus of Time 3 田辺武作(山口県宇部市)

アートリップ

Locus of Time 3 
田辺武作(山口県宇部市)

山口宇部空港に接し、青々とした芝生が広がるふれあい公園。子どもが走って行く先に、不思議な赤い彫刻があった。

ドイツ表現主義 高知県立美術館

私のイチオシコレクション

ドイツ表現主義 高知県立美術館

20世紀初頭のヨーロッパでは産業化への反発が高まっていました。そんな中、ドイツで自然回帰や南国への憧れを抱き、自身の「主観」を大事にする芸術集団が結成されます。これがドイツ表現主義美術の始まりです。

東京ステーションギャラリー

気になる一品

東京ステーションギャラリー

大正ロマンを代表する画家竹久夢二(1884~1934)の全貌に500点超の展示品で迫る「夢二繚乱」(7月1日まで)。ショップでは、代表作をパッケージに使用した入浴剤が人気。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。