私の描くグッとムービー

中原昌也さん(作家・ミュージシャン)
「遊星よりの物体X」(1951年)

宇宙人の理不尽な暴力

 中原昌也さん(作家・ミュージシャン)「遊星よりの物体X」(1951年)

 

 北極が舞台のSF映画です。飛行物体が墜落し、軍と博士たちは謎の生物が乗った円盤を発見。近くの研究所に持ち帰るが、蘇生した生物が大暴れして、姿を消してしまいます。残骸を調べると、動物の血を吸って成長する宇宙人で、人間よりも知力や腕力が優れている。研究のために培養を主張する博士と、撃退を主張する軍が対立する中、宇宙人が研究所の人々を次々と襲っていく物語です。

 7、8歳のころ、渋谷のデパートで初めて見ました。SFやホラー映画の小道具の展覧会をやっていて、そこの特設会場で上映していたんです。白黒だから、地味な映画だなって思いましたね。怪獣映画も好きで見ていたけど、大人になって見直すと、がっかりすることのほうが多くて。でも、この映画を約40年ぶりに見たら、すごく面白かった。

 宇宙人は悠然と光線を撃ってくるようなイメージがあったけど、機敏に動くんです。ドアを開けたら目の前にいて、急に胸ぐらをつかまれるような感じで、襲ってくる。突然乱暴な人が現れて周りに迷惑かけるような、理不尽な暴力性がある。一方で、軍人が博士の秘書と恋の駆け引きをするシーンなんかもあって、どこかのんびりしていて緊迫性がない。牧歌的で怖くないし、リラックスしながら見られるところが好きです。

 若い人には白黒映画をもっと見て欲しいですね。古い映画には永久不滅の良さがあって、十分刺激的。馬鹿にできないなと思うんです。

聞き手・吉田愛

 

  監督=クリスチャン・ナイビー
  製作=米
  出演=マーガレット・シェリダン、ケネス・トビーほか
なかはら・まさや
 1970年生まれ。ヘアスタイリスティックス名義で音楽活動も。近著に短編集「軽率の曖昧(あいまい)な軽さ」(河出書房新社)。

(2017年2月17日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
谷川晃一さん(画家) 「ウォルター少年と、夏の休日」(2003年)

谷川晃一さん(画家)
「ウォルター少年と、夏の休日」(2003年)

レンタルDVDで見て気に入り、DVDを購入した一本です。1960年代初頭の米テキサス州。14歳の孤独な少年ウォルターは、夏休みに2人の大伯父、ハブとガースの元に預けられます。

押切もえさん(モデル・作家) 「プラダを着た悪魔」(2006年)

押切もえさん(モデル・作家)
「プラダを着た悪魔」(2006年)

ニューヨークの一流ファッション雑誌編集部で働くことになったジャーナリスト志望のアンディ。編集長ミランダが命じる無理難題に応えながら、恋愛や夢に悩みます。同じ業界で働く女性として共感しましたね。

海老塚耕一さん(美術家) 「我輩はカモである」(1933年)

海老塚耕一さん(美術家)
「我輩はカモである」(1933年)

子どもの頃から喜劇が大好き。でもチャプリンや日本の笑いでは物足りなくて。笑いとはもっと過激なものじゃないかと思っていたんです。

やまだないとさん(漫画家)「ホーリー・モーターズ」(2012年)

やまだないとさん(漫画家)
「ホーリー・モーターズ」(2012年)

レオス・カラックス監督の13年ぶりの作品だったので、心待ちにしていました。主人公のオスカーは、何らかの機関に依頼を受け、指定された人物に変装し、時間刻みにあるシーンを演じていきます。

新着コラム 一覧を見る
光のトンネル・大宇宙 天津恵(あまつけい)作(島根県浜田市)

アートリップ

光のトンネル・大宇宙 
天津恵(あまつけい)作(島根県浜田市)

日本海を望む丘陵から、子どもたちの元気な声が聞こえてきた。その声の先に、高さの異なる色鮮やかなコンクリート製ブロックを並べて構成した「光のトンネル」がある。

「赤阪 旅舎招婦ノ図(りょしゃしょうふのず)」

美博ノート

「赤阪 旅舎招婦ノ図(りょしゃしょうふのず)」

風景が中心の「東海道五拾三次」の中で、室内をテーマにした珍しい作品。赤坂宿(現愛知県豊川市)の旅籠(はたご)、大橋屋が舞台だ。

浮世絵【下】 山口県立萩美術館・浦上記念館

目利きのイチオシコレクション

浮世絵【下】 山口県立萩美術館・浦上記念館

公立美術館では珍しく、浮世絵をコレクションの中心にしているのは、山口県萩市の県立萩美術館・浦上記念館です。菱川師宣(もろのぶ)や月岡芳年(よしとし)ら、江戸前期から幕末・明治期までの代表的な絵師の版画約5500点を収蔵しています。

森アーツセンターギャラリー

気になる一品

森アーツセンターギャラリー

ロシアのエルミタージュ美術館所蔵作品を紹介する「大エルミタージュ美術館展」(6月18日まで)。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。

お知らせ(更新情報)

【携帯(フィーチャーフォン)サイト終了のお知らせ】

→詳しくはこちら