私の描くグッとムービー

中原昌也さん(作家・ミュージシャン)
「遊星よりの物体X」(1951年)

宇宙人の理不尽な暴力

 中原昌也さん(作家・ミュージシャン)「遊星よりの物体X」(1951年)

 

 北極が舞台のSF映画です。飛行物体が墜落し、軍と博士たちは謎の生物が乗った円盤を発見。近くの研究所に持ち帰るが、蘇生した生物が大暴れして、姿を消してしまいます。残骸を調べると、動物の血を吸って成長する宇宙人で、人間よりも知力や腕力が優れている。研究のために培養を主張する博士と、撃退を主張する軍が対立する中、宇宙人が研究所の人々を次々と襲っていく物語です。

 7、8歳のころ、渋谷のデパートで初めて見ました。SFやホラー映画の小道具の展覧会をやっていて、そこの特設会場で上映していたんです。白黒だから、地味な映画だなって思いましたね。怪獣映画も好きで見ていたけど、大人になって見直すと、がっかりすることのほうが多くて。でも、この映画を約40年ぶりに見たら、すごく面白かった。

 宇宙人は悠然と光線を撃ってくるようなイメージがあったけど、機敏に動くんです。ドアを開けたら目の前にいて、急に胸ぐらをつかまれるような感じで、襲ってくる。突然乱暴な人が現れて周りに迷惑かけるような、理不尽な暴力性がある。一方で、軍人が博士の秘書と恋の駆け引きをするシーンなんかもあって、どこかのんびりしていて緊迫性がない。牧歌的で怖くないし、リラックスしながら見られるところが好きです。

 若い人には白黒映画をもっと見て欲しいですね。古い映画には永久不滅の良さがあって、十分刺激的。馬鹿にできないなと思うんです。

聞き手・吉田愛

 

  監督=クリスチャン・ナイビー
  製作=米
  出演=マーガレット・シェリダン、ケネス・トビーほか
なかはら・まさや
 1970年生まれ。ヘアスタイリスティックス名義で音楽活動も。近著に短編集「軽率の曖昧(あいまい)な軽さ」(河出書房新社)。

(2017年2月17日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
久下貴史さん(画家)「マンハッタン」(1979年)

久下貴史さん(画家)
「マンハッタン」(1979年)

ウディ・アレンが演じる主人公のアイザックは、TVのライターをやめて作家を目指している42歳。2度の離婚歴があり17歳の彼女がいるのに、親友の不倫相手で編集者のメリーにもひかれ始めます。マンハッタンでの恋愛劇です。

池内紀さん(ドイツ文学者)「ヘッドライト」(1955年)

池内紀さん(ドイツ文学者)
「ヘッドライト」(1955年)

パリとボルドー間を走る中年のトラック運転手ジャンと、その道中のドライブインで働く若い女クロチルドのつかの間の恋の話です。見たのは18歳の頃。大人になるためのイニシエーション(通過儀礼)を受けたと思う映画ですね。

坂本眞一さん(漫画家)「きみはいい子」(2015年)

坂本眞一さん(漫画家)
「きみはいい子」(2015年)

新米教師の岡野と小学校の児童をはじめ、同じ町に住む独り暮らしのお年寄りや、子育て中の母親ら、登場人物の境遇は様々。それぞれ問題を抱えながらも一歩踏み出す様が、丁寧に描かれます。

千原徹也さん(アートディレクター) 「犬神家の一族」(1976年)

千原徹也さん(アートディレクター)
「犬神家の一族」(1976年)

頭をかくとフケが出る。下駄(げた)を履いた飄々(ひょうひょう)としたキャラクターが魅力の名探偵金田一耕助が主人公です。時代は終戦直後。信州・犬神財閥の創始者、犬神佐兵衛の遺言と遺産をめぐり、屋敷周辺で起こる一族の殺人事件を追いかけます。

新着コラム 一覧を見る
「チョップスティックス」の牛肉とトマトのフォー

おんなのイケ麺(めん)

奥村愛さん
「チョップスティックス」の
牛肉とトマトのフォー

10年ほど前、海外公演でベトナムを訪れました。現地のオーケストラと、約2週間でハノイからホーチミンまで5カ所を巡りました。それぞれの地域でしか味わえないような麺類を食べるのが楽しみでしたね。

「ゴディバ」のトリュフ デリース

オトコの別腹

中村太地さん
「ゴディバ」のトリュフ デリース

小学校低学年の頃、学校でバレンタインチョコをもらえず寂しく帰宅した僕に母と姉がくれたのが、ゴディバでした。こんなにおいしい物があるんだ!って感動したのを覚えています。

下図「御紋付雀山咲図壺(ごもんつきすずめやまぶきずつぼ)台座付」

美博ノート

下図「御紋付雀山咲図壺(ごもんつきすずめやまぶきずつぼ)台座付」

黒の背景地に咲き誇る黄色いヤマブキ。飛び交うスズメからは、さえずりが聞こえてきそうだ。頸部(けいぶ)の菊紋は、皇室関係からの注文品という証しだろう。

日本近代洋画【下】 東京都現代美術館

目利きのイチオシコレクション

日本近代洋画【下】 東京都現代美術館

東京都現代美術館は、1995年の開館に合わせ、東京都美術館の所蔵品を移管されました。

お知らせ(更新情報)

2018年カレンダープレゼント

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。