私の描くグッとムービー

中原昌也さん(作家・ミュージシャン)
「遊星よりの物体X」(1951年)

宇宙人の理不尽な暴力

 中原昌也さん(作家・ミュージシャン)「遊星よりの物体X」(1951年)

 

 北極が舞台のSF映画です。飛行物体が墜落し、軍と博士たちは謎の生物が乗った円盤を発見。近くの研究所に持ち帰るが、蘇生した生物が大暴れして、姿を消してしまいます。残骸を調べると、動物の血を吸って成長する宇宙人で、人間よりも知力や腕力が優れている。研究のために培養を主張する博士と、撃退を主張する軍が対立する中、宇宙人が研究所の人々を次々と襲っていく物語です。

 7、8歳のころ、渋谷のデパートで初めて見ました。SFやホラー映画の小道具の展覧会をやっていて、そこの特設会場で上映していたんです。白黒だから、地味な映画だなって思いましたね。怪獣映画も好きで見ていたけど、大人になって見直すと、がっかりすることのほうが多くて。でも、この映画を約40年ぶりに見たら、すごく面白かった。

 宇宙人は悠然と光線を撃ってくるようなイメージがあったけど、機敏に動くんです。ドアを開けたら目の前にいて、急に胸ぐらをつかまれるような感じで、襲ってくる。突然乱暴な人が現れて周りに迷惑かけるような、理不尽な暴力性がある。一方で、軍人が博士の秘書と恋の駆け引きをするシーンなんかもあって、どこかのんびりしていて緊迫性がない。牧歌的で怖くないし、リラックスしながら見られるところが好きです。

 若い人には白黒映画をもっと見て欲しいですね。古い映画には永久不滅の良さがあって、十分刺激的。馬鹿にできないなと思うんです。

聞き手・吉田愛

 

  監督=クリスチャン・ナイビー
  製作=米
  出演=マーガレット・シェリダン、ケネス・トビーほか
なかはら・まさや
 1970年生まれ。ヘアスタイリスティックス名義で音楽活動も。近著に短編集「軽率の曖昧(あいまい)な軽さ」(河出書房新社)。

(2017年2月17日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
はるな檸檬さん(漫画家) 「PiCNiC」(1994年)

はるな檸檬さん(漫画家)
「PiCNiC(ピクニック)」(1994年)

初めて見たのは中学生の時です。1996年公開の岩井俊二監督の映画「スワロウテイル」がヒットしていて、歌手を夢見て日本にやってきた違法労働者で娼婦(しょうふ)の役のChara(チャラ)が好きになりました。

魔夜峰央さん(漫画家) 「太陽がいっぱい」(1960年)

魔夜峰央さん(漫画家)
「太陽がいっぱい」(1960年)

主人公のトムは、現代のイケメンとは比べものにならない美しさと、ガラスのような危うさを持つ青年。名優アラン・ドロンの魅力そのものでした。

鹿児島睦さん(陶芸家・アーティスト) 「リトル・ミス・サンシャイン」(2006年)

鹿児島睦さん(陶芸家・アーティスト)
「リトル・ミス・サンシャイン」(2006年)

米アリゾナ州に住む家族6人が、黄色いワゴン車に乗り込んで、9歳の娘オリーブちゃんの美少女コンテスト出場に向け、約1200キロ先のカリフォルニアを目指すロードムービーです。

福田透さん(イラストレーター) 「風の谷のナウシカ」(1984年)

福田透さん(イラストレーター)
「風の谷のナウシカ」(1984年)

大きな戦争で高度な産業文明が滅んでしまったあとの世界が描かれています。

新着コラム 一覧を見る
「ダイニズテーブル」の五目あんかけ焼きそば

おんなのイケ麺(めん)

水沢エレナさん
「ダイニズテーブル」の五目あんかけ焼きそば

出会いは3年ほど前です。両面を軽く焼いた麺に、オーソドックスでシンプルな味付けの餡(あん)がとろり。野菜が豊富で栄養バランスがいいところも気に入りました。

「隆泰商行」の山査子餅(さんざしもち)

オトコの別腹

石井光太さん
「隆泰商行」の山査子餅(さんざしもち)

五つか六つの時でしょうか。ばあちゃんが横浜の中華街に行って、お土産として買ってきたんです。外国のお菓子って悪夢みたいに甘ったるいってイメージしかなかったのに、これはさっぱりとしてフルーツみたい。味が上品で、香りもいい。

村上華岳「牡丹之図」

美博ノート

村上華岳「牡丹之図」

牡丹(ぼたん)が題材の日本画や油彩画、陶磁器を集めた展示室。大輪の花をピンク色などで華やかに描く作品が並ぶなか、静かな表情をたたえていたのが本作だ。

琳派【上】 東京国立博物館

目利きのイチオシコレクション

琳派【上】 東京国立博物館

桃山時代の京都で興り、大胆な色彩と造形感覚で雅(みやび)な絵画や工芸を生み出した琳派。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。

お知らせ(更新情報)
6月1日からはがき代が52円から62円に、往復はがき代が104円から124円になりますのでご注意下さい。