私の描くグッとムービー

押切もえさん(モデル・作家)
「プラダを着た悪魔」(2006年)

ファッション界で奮闘 私も

 ニューヨークの一流ファッション雑誌編集部で働くことになったジャーナリスト志望のアンディ。編集長ミランダが命じる無理難題に応えながら、恋愛や夢に悩みます。同じ業界で働く女性として共感しましたね。

 印象的なのが、ミランダの厳格さを想像させる冒頭の場面。彼女の出社が早まると知った部下たちが、食べかけの食事を捨て、サンダルをハイヒールに履き替え、慌てて「戦闘態勢」に入ります。

 編集部で働くうちにおしゃれになっていくアンディにも注目です。シャネルやミュウミュウなどを組み合わせたスタイルがすてき! 努力してセンスを磨いた経験が、私にもあります。自分らしさを模索していた、雑誌の専属モデル時代のこと。ポーズや表情にいかそうと、たくさんの写真集や映画に触れました。

 「プラダを着た悪魔」は私のキャリアにも直接影響を与えてくれました。公開時、日本版ポスターに私の脚の写真が使われたんです。イラストはそのハイヒール姿。劇中の衣装を手がけた世界的なスタイリストともテレビの英語教育番組で対談し、それがきっかけでレギュラー出演することになりました。

 アンディの終盤の行動に、当時は納得できなかった。今なら、彼女が内面的に充実した上で決断したことに意味を感じます。決断といえば私も昨年、専属モデルを卒業し、結婚もしました。新たな気持ちで映画を見直せたことを、うれしく思います。

聞き手・中村和歌菜

 

  監督=デビッド・フランケル
  製作=米
  出演=メリル・ストリープ、アン・ハサウェイ、エミリー・ブラントほか
おしきり・もえ
 モデル業のかたわら、二科展絵画部門に2015年、16年と連続入選。短編連作小説「永遠とは違う一日」(新潮社)で山本周五郎賞候補に。

(2017年4月14日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
唐橋充さん(俳優・イラストレーター) 「ペネロピ」(2006年)

唐橋充さん(俳優・イラストレーター)
「ペネロピ」(2006年)

主人公の少女ペネロピは、豚の鼻と耳がついて生まれてきた。魔女が先祖に呪いをかけたせいで。

馬場まり子さん(画家) 「男はつらいよ 寅次郎恋歌」(1971年)

馬場まり子さん(画家)
「男はつらいよ 寅次郎恋歌」(1971年)

「寅さん」シリーズを初めて見たのは、ずいぶんと昔でしょうね。年を取るごとに面白く感じます。

結城幸司さん(版画家) 「裸足の1500マイル」(2002年)

結城幸司さん(版画家)
「裸足の1500マイル」(2002年)

実話を元にしています。1931年の豪・西オーストラリア州が舞台。白人と先住民のアボリジニーの間に生まれた子どもは親から引き離され、保護施設に隔離されていました。

谷川晃一さん(画家) 「ウォルター少年と、夏の休日」(2003年)

谷川晃一さん(画家)
「ウォルター少年と、夏の休日」(2003年)

レンタルDVDで見て気に入り、DVDを購入した一本です。1960年代初頭の米テキサス州。14歳の孤独な少年ウォルターは、夏休みに2人の大伯父、ハブとガースの元に預けられます。

新着コラム 一覧を見る
「京うどん 葵(あおい)」の葵うどん

おんなのイケ麺(めん)

杉本彩さん
「京うどん 葵(あおい)」の葵うどん

出会ったのは15年以上前でしょうか。以前は東京都世田谷区に住んでいて、行動範囲だったんですね。別の区に引っ越して、京都と東京を行き来する生活になった今でも足を運ぶぐらい大好きなお店です。

「チョコレートショップ」の博多の石畳

オトコの別腹

小久保裕紀さん
「チョコレートショップ」の博多の石畳

20年くらい前かな。僕の誕生日に、知人がこのケーキにデコレーションを施してプレゼントしてくれたんです。

バルビゾン派【上】 山梨県立美術館

目利きのイチオシコレクション

バルビゾン派【上】 山梨県立美術館

パリから南東へ約60キロメートルの、風光明媚(めいび)なフォンテーヌブローの森。1820年代から19世紀半ば、森に近いバルビゾン村に滞在・移住して、自然や農村を描いた画家たちがいました。

直島パヴィリオン 藤本壮介作(香川県直島町)

アートリップ

直島パヴィリオン 
藤本壮介作(香川県直島町)

「本船はまもなく、宮浦港に入港いたします」。船内アナウンスに顔を上げた。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。

お知らせ(更新情報)
6月1日からはがき代が52円から62円に、往復はがき代が104円から124円になりますのでご注意下さい。