私の描くグッとムービー

高松啓二さん(イラストレーター)
「ダンス・ウィズ・ウルブズ」(1990年)

圧倒されたアメリカの大平原

 これが本当のアメリカなのかもしれない。初めて見た時にそう思いました。

 時代は南北戦争の頃、北軍の中尉ジョン・ダンバーは戦いの中で、負傷しながらも部隊を勝利に導きます。英雄となったダンバーは、自身の勤務地を選べる権利を得るのですが、そこで選んだのは、西部のフロンティア、サウスダコタ州のセッジウィック砦(とりで)でした。

 馬車で任地へ向かうシーンの景色は、壮大でとても印象に残っています。当時の僕は、アメリカといえばニューヨークやロサンゼルスなど、大都会のイメージを持っていたのですが、ここに映るアメリカは、どこまでも続く大平原。圧倒されましたね。

 ダンバーはセッジウィック砦で、アメリカ先住民のスー族と出会います。彼らは強く美しく、格好良い民族に描かれ、それが今までの西部劇とは大きく違った点でした。映画の中でスー族が、彼らの言語の一つであるラコタ語を話していたことも、あの頃の映画では珍しかったです。また、動物が登場するシーンも印象的です。映画の題名にもなったオオカミをはじめ、バファロー、馬の描かれ方には愛情があり、思わず感情移入します。

 僕はこの映画を見た半年後、実際に映画のロケ地まで足を運びました。どうしても、あの景色が見たかったのです。ケビン・コスナーのファンに囲まれての旅行ツアーでしたが、そこで気の合う友人もできました。こんな出会いも、映画のおかげです。

聞き手・町田あさ美

 

  監督=ケビン・コスナー
  原作・脚本=マイケル・ブレイク
  製作=米
  出演=ケビン・コスナー、メアリー・マクドネルほか
たかまつ・けいじ
 1958年生まれ。著書に映画衣装を解説した「シネマ・クローゼット」。2008年、パリでペーパークラフトの個展。

(2017年7月14日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
瓜生太郎さん(イラストレーター) 「バスキア」(1996年)

瓜生太郎さん(イラストレーター)
「バスキア」(1996年)

舞台は80年代の米ニューヨーク。この時代のリアルなアートシーンを背景に、ペンキやスプレーなどを使った「グラフィティアート」の先駆者として知られる画家ジャンミシェル・バスキアの生涯を描いた映画です。

田村セツコさん(イラストレーター)「女は女である」(1961年)

田村セツコさん(イラストレーター)
「女は女である」(1961年)

20代前半の1960年代、全然仕事がなくって、街をよく歩いていたら、当時、東京・新橋にあった「飛行館」の前で、赤いタイツ姿の女の子の映画のポスターに出会ったの。

宮島達男さん(現代美術家)「生きる」(1952年)

宮島達男さん(現代美術家)
「生きる」(1952年)

市役所で事なかれ主義に生きてきた公務員の主人公。「彼は時間を潰しているだけ」「生きているとはいえない」――冒頭のナレーションに圧倒されました。

吉田照美さん(フリーアナウンサー)「グラン・トリノ」(2008年)吉田照美さん(フリーアナウンサー)「グラン・トリノ」(2008年)

吉田照美さん(フリーアナウンサー)
「グラン・トリノ」(2008年)

朝鮮戦争の帰還兵で頑固なおじいさん、ウォルトを演じるのが、監督も務めたクリント・イーストウッド。愛車グラン・トリノを盗まれそうになったことをきっかけに、不良グループの手先に使われた隣家の青年、アジア系モン族のタオや姉スーとの交流が始まる。

新着コラム 一覧を見る
日本刀【下】 土浦市立博物館

目利きのイチオシコレクション

日本刀【下】 土浦市立博物館

茨城県の土浦市立博物館では毎年秋、土浦藩主土屋家ゆかりの刀剣を公開しています。土屋家の歴代当主は、江戸幕府の老中や奏者番(そうしゃばん)を務めました。

マッテルモン 荒井良二作(大分市生石(いくし))

アートリップ

マッテルモン 
荒井良二作(大分市生石(いくし))

穏やかな波が打ち寄せる大分港。晴れ渡った青空に、真っ赤な門がそびえ立つ。高さ約10メートル、幅15メートル。その上には、丸いオブジェがちょこんと腰かけ、大海原を眺めている。

エドガー・ドガ「美術館にて」

美博ノート

エドガー・ドガ「美術館にて」

芸術の都パリ。19世紀後半になると、女性が画家やモデルなど表現者として活躍し始める。

根津美術館

気になる一品

根津美術館

寺社の御朱印集めが大人気。根津美術館で開催中の企画展「ほとけを支える」に合わせて、ミュージアムショップにも「燕子花図(かきつばたず) 御朱印帳」が登場した。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。