私の描くグッとムービー

高松啓二さん(イラストレーター)
「ダンス・ウィズ・ウルブズ」(1990年)

圧倒されたアメリカの大平原

 これが本当のアメリカなのかもしれない。初めて見た時にそう思いました。

 時代は南北戦争の頃、北軍の中尉ジョン・ダンバーは戦いの中で、負傷しながらも部隊を勝利に導きます。英雄となったダンバーは、自身の勤務地を選べる権利を得るのですが、そこで選んだのは、西部のフロンティア、サウスダコタ州のセッジウィック砦(とりで)でした。

 馬車で任地へ向かうシーンの景色は、壮大でとても印象に残っています。当時の僕は、アメリカといえばニューヨークやロサンゼルスなど、大都会のイメージを持っていたのですが、ここに映るアメリカは、どこまでも続く大平原。圧倒されましたね。

 ダンバーはセッジウィック砦で、アメリカ先住民のスー族と出会います。彼らは強く美しく、格好良い民族に描かれ、それが今までの西部劇とは大きく違った点でした。映画の中でスー族が、彼らの言語の一つであるラコタ語を話していたことも、あの頃の映画では珍しかったです。また、動物が登場するシーンも印象的です。映画の題名にもなったオオカミをはじめ、バファロー、馬の描かれ方には愛情があり、思わず感情移入します。

 僕はこの映画を見た半年後、実際に映画のロケ地まで足を運びました。どうしても、あの景色が見たかったのです。ケビン・コスナーのファンに囲まれての旅行ツアーでしたが、そこで気の合う友人もできました。こんな出会いも、映画のおかげです。

聞き手・町田あさ美

 

  監督=ケビン・コスナー
  原作・脚本=マイケル・ブレイク
  製作=米
  出演=ケビン・コスナー、メアリー・マクドネルほか
たかまつ・けいじ
 1958年生まれ。著書に映画衣装を解説した「シネマ・クローゼット」。2008年、パリでペーパークラフトの個展。

(2017年7月14日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
Noritakeさん(イラストレーター) 「さよなら、人類」(2014年)

Noritakeさん(イラストレーター)
「さよなら、人類」(2014年)

現代か過去かよくわからない西欧を舞台に、人間の生のありさまを描く39のストーリーが映し出されます。

森田拳次さん(漫画家) 「男はつらいよ 寅次郎相合い傘」(1975年)

森田拳次さん(漫画家)
「男はつらいよ 寅次郎相合い傘」(1975年)

主役の寅さんってのは風来坊のテキ屋で、全国を旅しては女性に出会って恋をしたり、世話を焼いたりする。そんな寅さんにとってのマドンナの中でも、浅丘ルリ子演じるリリーは、シリーズに4本も登場するんですよ。

佐藤卓さん(グラフィックデザイナー) 「未来世紀ブラジル」(1985年)

佐藤卓さん(グラフィックデザイナー)
「未来世紀ブラジル」(1985年)

28歳で電通を辞めてフリーランスになってすぐの頃、大手化粧品会社の口紅やファンデーションのパッケージデザインを任されました。そのデザインの発想元になったのが、この映画。僕にとって革命的な仕事になりました。

山口啓介さん(現代美術家)「ブレードランナー2049」(2017年)

山口啓介さん(現代美術家)
「ブレードランナー2049」(2017年)

1982年に公開された「ブレードランナー」の30年後を描いた続編です。

新着コラム 一覧を見る
御菓子司 中里@駒込

街の十八番

御菓子司 中里@駒込

最中(もなか)は数あれど、皮をゴマ油で揚げた「揚最中」は珍しい。現在、店は家族5人で営む本店と大丸東京店の2店舗あるが、商品は全て本店で手作りされている。

ブームの卵

ブームの卵

4月20日注目グッズ
「Vegi mage(ベジマジ)たてる」など

冷蔵庫の中で意外と場所をとってしまう野菜。「Vegi mage(ベジマジ)たてる」は、野菜を立てた状態で保存できる野菜スタンド。

「季(とき)の葩(は)」の満福deシュー

オトコの別腹

森山開次さん
「季(とき)の葩(は)」の満福deシュー

食べなさそうといわれるのですが、実は甘いものは大好きです。ここは家の近所を散策中に見つけたお店です。

「居酒屋 八福」のナポリタン

おんなのイケ麺(めん)

西尾まりさん
「居酒屋 八福」のナポリタン

いろんな場所でけっこうよくナポリタンを食べていますね。ここのは、気取っていなくて家庭的。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。