私の描くグッとムービー

山下和美さん(漫画家)
「アンダーグラウンド」(1995年)

悲劇だけではない地下生活

 お話は1941年、独軍による爆撃を受けた旧ユーゴスラビアのベオグラードから始まります。反ナチス活動家のマルコは仲間に引き込んだ電気工のクロや家族、近隣住民を地下に避難させますが、第2次大戦終結後も戦時中だとだまして地下で武器を密造させ続ける。激動と混沌(こんとん)の50年をしたたかに生きた2人の男を軸に物語が展開していきます。

 私は子どもの頃、住んでいた北海道小樽市で、石狩湾の先に見える街をソ連だと思い込んでいたんです。その思い出もあり、人は限られた情報の中で価値観を植え付けられたら信じてしまうというのが、連載中の漫画「ランド」の発想の始まりでした。構想を練っていた4年前、編集者がこの映画のDVDをくれたんです。同じコンセプトの物語に、「これで行くぞ!」と勢いづきました。

 映画で地下生活をする彼らはそれなりに楽しくやっていて、決して悲劇だけの物語ではない。花嫁が宙に浮かぶ演出や牛たちが川を渡る場面など、どのシーンもいいんですよ。マルコとクロの間で揺れる女優ナタリアが着ているドレスの赤も画面に映えて印象的です。

 リズムと笑いと狂気がちりばめられ、一見雑多な映画ですが、クストリッツァ監督が一貫して筋をピシッと通している。鑑賞後に漠然と抱いたイメージが、「苦痛と悲しみと喜びなしに伝えられない」という登場人物のせりふと重なりました。監督の祖国ユーゴスラビアへの思いです。

聞き手・井上優子

 

  監督・共同脚本=エミール・クストリッツァ
  製作=仏・独ほか
  出演=ミキ・マノイロビッチ、ラザル・リストフスキーほか
やました・かずみ 
 代表作に「天才 柳沢教授の生活」「不思議な少年」。週刊誌「モーニング」(いずれも講談社)で「ランド」を毎月1回連載中。

 


山下和美さんのサイン入り色紙プレゼント!

 

山下和美さんのサイン入り色紙

 山下和美さん直筆のサイン入り色紙を3人にプレゼント。
 ※応募には朝日マリオン・コムの会員登録が必要です。以下の応募ページから会員登録を行って、ご応募ください。

終了しました

たくさんのご応募ありがとうございました。

 

(2017年10月6日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
中島潔さん(画家)「リトル・ダンサー」(2000年)

中島潔さん(画家)
「リトル・ダンサー」(2000年)

物語の主人公、11歳の男の子ビリーがとても魅力的です。明るく純真、感受性が強くて、生命力に満ちている。バレエダンサーに憧れ、その道を一心に進む姿を見ていて、幸せな気持ちになります。

伊野孝行さん(イラストレーター)「股旅」(1973年)

伊野孝行さん(イラストレーター)
「股旅」(1973年)

出会いは大学2年生のころ。東京・池袋の名画座「文芸坐」で、オールナイト上映していた4本立ての2本目にやっていたのがこの「股旅」。

田島征彦さん(絵本作家)「レインマン」(1988年)

田島征彦さん(絵本作家)
「レインマン」(1988年)

自閉症がある兄とその弟の交流を描いたロードムービーです。僕も、1983年に、脳性まひの少年を主人公にした絵本「あつおのぼうけん」を出しました。その後、自閉症の子どもを描こうとしたときに、この映画が公開されたんです。

吉田篤弘さん(作家)「非常線の女」(1933年)

吉田篤弘さん(作家)
「非常線の女」(1933年)

小津監督のサイレント映画の中でも異色の作品です。

新着コラム 一覧を見る
「スガキヤ」の特製ラーメン

おんなのイケ麺(めん)

渡辺美奈代さん
「スガキヤ」の特製ラーメン

名古屋圏では有名で、愛知県出身の私にとっては、ソウルフードのひとつ。和風とんこつのあっさりしたスープ、ツルリとしたのどごしのいい麺、そして、子どものお小遣いで食べに行ける価格帯。この三拍子が魅力です。

「BAKE CHEESE TART」の焼きたてチーズタルト

オトコの別腹

藤田貴大さん
「BAKE CHEESE TART」の焼きたてチーズタルト

僕は、小さい頃から本当に偏食で、甘い物やケーキも苦手。だけど最近、実は甘い物が好きなのかもしれない、と気づき始めたところなんです。

「ひとりでに編める ウット毛糸」

美博ノート

「ひとりでに編める ウット毛糸」

レイモン・サヴィニャック(1907~2002)が、仏のウット毛糸から依頼されたのは、ブランドのキャッチフレーズを広告ポスターにすること。

「ムクドリの飛行のように」 ダニエル・ビュレン作(東京都中央区)

アートリップ

「ムクドリの飛行のように」 
ダニエル・ビュレン作(東京都中央区)

見上げると、赤と青の対比が目に飛び込んできた。複合商業施設GINZA SIXの店舗中央を貫く吹き抜け空間に、2種のストライプの旗約1500枚がずらりと並ぶ。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。