私の描くグッとムービー

山下和美さん(漫画家)
「アンダーグラウンド」(1995年)

悲劇だけではない地下生活

 お話は1941年、独軍による爆撃を受けた旧ユーゴスラビアのベオグラードから始まります。反ナチス活動家のマルコは仲間に引き込んだ電気工のクロや家族、近隣住民を地下に避難させますが、第2次大戦終結後も戦時中だとだまして地下で武器を密造させ続ける。激動と混沌(こんとん)の50年をしたたかに生きた2人の男を軸に物語が展開していきます。

 私は子どもの頃、住んでいた北海道小樽市で、石狩湾の先に見える街をソ連だと思い込んでいたんです。その思い出もあり、人は限られた情報の中で価値観を植え付けられたら信じてしまうというのが、連載中の漫画「ランド」の発想の始まりでした。構想を練っていた4年前、編集者がこの映画のDVDをくれたんです。同じコンセプトの物語に、「これで行くぞ!」と勢いづきました。

 映画で地下生活をする彼らはそれなりに楽しくやっていて、決して悲劇だけの物語ではない。花嫁が宙に浮かぶ演出や牛たちが川を渡る場面など、どのシーンもいいんですよ。マルコとクロの間で揺れる女優ナタリアが着ているドレスの赤も画面に映えて印象的です。

 リズムと笑いと狂気がちりばめられ、一見雑多な映画ですが、クストリッツァ監督が一貫して筋をピシッと通している。鑑賞後に漠然と抱いたイメージが、「苦痛と悲しみと喜びなしに伝えられない」という登場人物のせりふと重なりました。監督の祖国ユーゴスラビアへの思いです。

聞き手・井上優子

 

  監督・共同脚本=エミール・クストリッツァ
  製作=仏・独ほか
  出演=ミキ・マノイロビッチ、ラザル・リストフスキーほか
やました・かずみ 
 代表作に「天才 柳沢教授の生活」「不思議な少年」。週刊誌「モーニング」(いずれも講談社)で「ランド」を毎月1回連載中。

 


山下和美さんのサイン入り色紙プレゼント!

 

山下和美さんのサイン入り色紙

 山下和美さん直筆のサイン入り色紙を3人にプレゼント。
 ※応募には朝日マリオン・コムの会員登録が必要です。以下の応募ページから会員登録を行って、ご応募ください。

→ 応募はこちら
【応募締切 2017年10月27日16時】

 

(2017年10月6日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
三瀬夏之介さん(画家) 「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」(1999年)

三瀬夏之介さん(画家)
「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」
(1999年)

日本から遠く離れたカリブ海に浮かぶ小さな島国、キューバのハバナが舞台。長く忘れられた老音楽家たちが、米国人のギタリスト、ライ・クーダーに見いだされ、セッションを通して異文化交流をするドキュメンタリーです。

早川鉄兵さん(切り絵作家) 「ジャングル・ブック」(1967年)

早川鉄兵さん(切り絵作家)
「ジャングル・ブック」(1967年)

「晴れた日は外で遊ぶ」という教育方針で育った僕は、自然と動物が大好きな子でした。雨の日は、家でハサミの練習のために3歳で始めた切り絵をしたり、ディズニー映画のビデオを見たりして過ごしていましたね。

開田裕治さん(イラストレーター) 「ゴジラ」(1954年)

開田裕治さん(イラストレーター)
「ゴジラ」(1954年)

「怪獣がいる世界」が好きで、子どもの頃からよく夢を見ました。街を歩いていると怪獣映画の看板が掛かった映画館がある。看板を見ていると、その絵の「怪獣の世界」に吸い込まれちゃう。部屋の窓を開けたら街にたたずむ怪獣がいた、という夢もあった。

瓜生太郎さん(イラストレーター) 「バスキア」(1996年)

瓜生太郎さん(イラストレーター)
「バスキア」(1996年)

舞台は80年代の米ニューヨーク。この時代のリアルなアートシーンを背景に、ペンキやスプレーなどを使った「グラフィティアート」の先駆者として知られる画家ジャンミシェル・バスキアの生涯を描いた映画です。

新着コラム 一覧を見る
岩谷圭介「ふうせん宇宙撮影」

美博ノート

岩谷圭介「ふうせん宇宙撮影」

空高く飛んだ風船が、みるみるうちに漆黒の世界へ行き着いた。上空30キロから、青い地球と太陽の光を撮影した動画の1カットだ。

新印象派【下】 ポーラ美術館

目利きのイチオシコレクション

新印象派【下】 ひろしま美術館

スーラの影響を受けて点描の技法を推し進めたのが、シニャックです。特に、珍しい初期の作品が見られるのが、ひろしま美術館。日本では数少ない新印象派の優品をそろえた貴重な美術館です。

爬虫類(はちゅうるい) THE REPTILES 田辺光彰作(さいたま市中央区)

アートリップ

爬虫類(はちゅうるい) THE REPTILES 
田辺光彰作(さいたま市中央区)

通勤客が足早に行き交う広場に突如現れたのは、全長11メートルの巨大なトカゲの彫刻。ステンレス製の銀色の姿が目をひく。

上野の森美術館

気になる一品

上野の森美術館

「恐怖」をテーマに西洋絵画や版画を集めた「怖い絵」展。ショップでは、「缶ミラー」を販売中。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。