おんなのイケ麺(めん)

平岩紙さん
「福寿」の上五目ラーメン

「福寿」の上五目ラーメン

「福寿」の上五目ラーメン

  • 「福寿」の上五目ラーメン
  • 平岩紙さん

 長年、多くの役者さんから愛されるお店です。私も演劇仲間に教えてもらって、頻繁に通っていたころは2週間に一度のペースだったかな。店主の小林さんは芝居が好きで、公演のチラシを置いてくれて、劇場に足を運んで下さることもあります。

 あっさりだけどコクのあるスープにちぢれ麺。少し濃いめに味付けされたチャーシューとシイタケのうま煮、ゆで卵、野菜が入った具だくさんがうれしい。一見シンプルですが、全てのバランスがそろって完璧な一杯になっている、格好いいラーメンなんです。

 店内ののんびりした雰囲気も好き。今みたいな暑い季節には扉を開けて、クーラーではなく扇風機を回していて――。ホッとして、パワーチャージもできる実家みたいな場所です。

 変わらない味と、あの空気がたくさんの人を引きつけているのだと思います。

 

◆東京都渋谷区笹塚3の19の1(TEL03・3377・2615)。
 770円。
 午後3時~9時ごろ((土)は1時半、(日)(祝)は正午ごろから。売り切れ次第終了)。
 (火)と8月18日休み。


 ひらいわ・かみ 女優。
 テレビや舞台などで活躍。10月12日~19日、東京・下北沢の駅前劇場で近藤公園さんとの2人芝居「あたま山心中」に出演する。

(2016年8月18日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「おんなのイケ麺(めん)」の新着記事 一覧を見る
「京うどん 葵(あおい)」の葵うどん

杉本彩さん
「京うどん 葵(あおい)」の葵うどん

出会ったのは15年以上前でしょうか。以前は東京都世田谷区に住んでいて、行動範囲だったんですね。別の区に引っ越して、京都と東京を行き来する生活になった今でも足を運ぶぐらい大好きなお店です。

「香川一福 神田店」のカレーうどん

水崎綾女さん
「香川一福 神田店」のカレーうどん

関西育ちのうどん派です。定番の「かけうどん」は透き通ったおつゆで、一緒に行く姉たちと「うどんはこうじゃなきゃね」と絶賛しています。

「でくの坊」のちゃーしゅうめん

蜂飼耳さん
「でくの坊」のちゃーしゅうめん

小田急線の町田駅からよく行く古本屋さんまでの一本道にあるお店です。

「元祖 めんたい煮こみつけ麺」のめんたい煮こみつけ麺セット

ベッキーさん
「元祖 めんたい煮こみつけ麺」の
めんたい煮こみつけ麺セット

私のオフの楽しみは、行列のできるラーメン店に並ぶこと。1時間くらい並んでも平気です。

新着コラム 一覧を見る
「チョコレートショップ」の博多の石畳

オトコの別腹

小久保裕紀さん
「チョコレートショップ」の博多の石畳

20年くらい前かな。僕の誕生日に、知人がこのケーキにデコレーションを施してプレゼントしてくれたんです。

バルビゾン派【上】 山梨県立美術館

目利きのイチオシコレクション

バルビゾン派【上】 山梨県立美術館

パリから南東へ約60キロメートルの、風光明媚(めいび)なフォンテーヌブローの森。1820年代から19世紀半ば、森に近いバルビゾン村に滞在・移住して、自然や農村を描いた画家たちがいました。

直島パヴィリオン 藤本壮介作(香川県直島町)

アートリップ

直島パヴィリオン 
藤本壮介作(香川県直島町)

「本船はまもなく、宮浦港に入港いたします」。船内アナウンスに顔を上げた。

「ハレドール」

美博ノート

「ハレドール」

白い地に輝く金彩や細やかな絵柄、美しいフォルムが特徴の、ナカヤマの洋食器。14年前に本格的な生産を終えたため、「幻のナカヤマ」とも呼ばれる。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。

お知らせ(更新情報)
6月1日からはがき代が52円から62円に、往復はがき代が104円から124円になりますのでご注意下さい。