目利きのイチオシコレクション

浮世絵【上】 太田記念美術館

現代に通じる切り口を工夫

歌川国芳「里すゞめねぐらの仮宿(部分)」(大判錦絵、1845~46年ごろ)

歌川国芳「里すゞめねぐらの仮宿(部分)」(大判錦絵、1845~46年ごろ)

  • 歌川国芳「里すゞめねぐらの仮宿(部分)」(大判錦絵、1845~46年ごろ)
  • 歌川芳虎「家内安全ヲ守 十二支之図」(大判錦絵、1858年)

 浮世絵の美人画や名所絵は、今でいうアイドルや絶景の写真。現代の流行にも通じる浮世絵は17世紀後半に誕生し、印刷技術の発展とともに、娯楽のための商品として江戸の庶民に親しまれました。

 浮世絵専門の太田記念美術館は、江戸から明治までの約1万4千点を収蔵し、年に8回ほど企画を立てて公開しています。これまで、「女子力」をテーマに化粧や習い事にいそしむ女性を描いた作品を紹介したり、「美男子」の作品を選(え)りすぐって並べたり。現代とリンクさせた切り口を工夫しているのも特徴です。

 今開催しているのは、昨今でも人気の動物をテーマにした企画展「浮世絵動物園」。鈴木春信や葛飾北斎らが描いた動物を見ることができます。歌川国芳の3枚続きの作品「里すゞめねぐらの仮宿」は、浮世絵にメディアとしての役割もあったことがわかる一枚。火事で焼失した吉原の遊郭が仮宅(かりたく)で営業を始めたことを伝えています。題名にある「里すずめ」とは遊郭に通い慣れた人を指す語句。質素倹約を旨とした天保の改革以降、遊女を描くことは禁じられていたため、遊女や客の頭部をスズメにしたのです。

 奇妙な姿が目を引くのは、歌川芳虎の「家内安全ヲ守 十二支之図」。十二支をすべて合体させています。万人に向け、いつまでも安全にという意味があるのでしょう。

(聞き手・牧野祥)


 コレクションの概要

 生命保険会社の社長を務めた5代太田清蔵(1893~1977)が浮世絵の海外流出を憂えて集めたコレクションが核。版画約1万1千点、肉筆画約800点のほか、下絵や扇など。浮世絵の初期から明治までの様々な作品を網羅している。美術館の開館は1980年。

 5月28日までの企画展「浮世絵動物園」では前後期合わせて約160点を公開。「里すゞめねぐらの仮宿」の展示は4月26日まで。「家内安全ヲ守 十二支之図」は5月2日~28日に展示予定。

《太田記念美術館》 東京都渋谷区神宮前1の10の10。午前10時半~午後5時半(入館は30分前まで)。(月)と4月27~30日休み。700円。問い合わせは03・5777・8600。

木村泰司さん

国学院大文学部教授 藤澤紫さん

ふじさわ・むらさき 史学科で日本美術史、日本近世文化史、比較芸術学を教える。国際浮世絵学会常任理事。著書に「鈴木春信絵本全集」「遊べる浮世絵 体験版・江戸文化入門」など。

(2017年4月18日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「目利きのイチオシコレクション」の新着記事 一覧を見る
漆芸【下】 東京国立近代美術館工芸館

漆芸【下】 東京国立近代美術館工芸館

江戸時代まで漆芸は、寺院や大名の注文を受け、職人が分業で制作していましたが、明治になると、作り手が自ら発想し、全工程を手がける作家活動が盛んになります。

漆芸【上】 首里城公園

漆芸【上】 首里城公園

漆芸は、漆の樹液を塗料として用い、金や貝で装飾を施す美術工芸品です。漆の木は、日本から東南アジアまでのモンスーン地帯にのみ生育します。

色絵【下】 石川県九谷焼美術館

色絵【下】 石川県九谷焼美術館

今回は、色絵の中でも「再興九谷」に焦点を当てて紹介します。

色絵【上】 戸栗美術館

色絵【上】 戸栗美術館

色絵は陶磁器に赤や緑、黄などで上絵付けし、低温で焼成した焼き物の総称です。中国様式を踏襲し、日本では1640年代以降、有田の伊万里焼や、京都の京焼など各地で盛んに作られました。

新着コラム 一覧を見る
「香港麺 新記」のチャーシューつゆなし麺(香港麺)

おんなのイケ麺(めん)

福原美穂さん
「香港麺 新記」のチャーシューつゆなし麺(香港麺)

歌手活動のために札幌から東京に移り住んだのですが、東京にはアジア料理のお店がたくさんあって、その魅力にすぐ引き込まれました。

「パレスホテル東京 ザ パレス ラウンジ」のマロンシャンティイ

オトコの別腹

中村鶴松さん
「パレスホテル東京 ザ パレス ラウンジ」のマロンシャンティイ

このケーキを食べるために、七之助さんが連れて行ってくれました。僕の23歳の誕生日だった稽古の帰りで、誕生日ケーキの意味もあったのかな。

絵巻物 五島美術館

私のイチオシコレクション

絵巻物 五島美術館

物語や伝記を詞書(ことばがき)と絵で描いた絵巻物は、平安・鎌倉期に盛んに作られました。1960年開館の五島美術館は、古写経を好んだ実業家・五島慶太のコレクションを核に、書や陶磁など約5千件を所蔵していますが、中でも目玉の一つが国宝「源氏物語絵巻」。

「寿老人」/「南極寿星図」

美博ノート

「寿老人」/「南極寿星図」

今週は「寿老人」を描いた日本画2点を紹介する。寿老人とは、中国の伝説上の人物で、長寿を授ける神ともいわれる。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。