目利きのイチオシコレクション

浮世絵【上】 太田記念美術館

現代に通じる切り口を工夫

歌川国芳「里すゞめねぐらの仮宿(部分)」(大判錦絵、1845~46年ごろ)

歌川国芳「里すゞめねぐらの仮宿(部分)」(大判錦絵、1845~46年ごろ)

  • 歌川国芳「里すゞめねぐらの仮宿(部分)」(大判錦絵、1845~46年ごろ)
  • 歌川芳虎「家内安全ヲ守 十二支之図」(大判錦絵、1858年)

 浮世絵の美人画や名所絵は、今でいうアイドルや絶景の写真。現代の流行にも通じる浮世絵は17世紀後半に誕生し、印刷技術の発展とともに、娯楽のための商品として江戸の庶民に親しまれました。

 浮世絵専門の太田記念美術館は、江戸から明治までの約1万4千点を収蔵し、年に8回ほど企画を立てて公開しています。これまで、「女子力」をテーマに化粧や習い事にいそしむ女性を描いた作品を紹介したり、「美男子」の作品を選(え)りすぐって並べたり。現代とリンクさせた切り口を工夫しているのも特徴です。

 今開催しているのは、昨今でも人気の動物をテーマにした企画展「浮世絵動物園」。鈴木春信や葛飾北斎らが描いた動物を見ることができます。歌川国芳の3枚続きの作品「里すゞめねぐらの仮宿」は、浮世絵にメディアとしての役割もあったことがわかる一枚。火事で焼失した吉原の遊郭が仮宅(かりたく)で営業を始めたことを伝えています。題名にある「里すずめ」とは遊郭に通い慣れた人を指す語句。質素倹約を旨とした天保の改革以降、遊女を描くことは禁じられていたため、遊女や客の頭部をスズメにしたのです。

 奇妙な姿が目を引くのは、歌川芳虎の「家内安全ヲ守 十二支之図」。十二支をすべて合体させています。万人に向け、いつまでも安全にという意味があるのでしょう。

(聞き手・牧野祥)


 コレクションの概要

 生命保険会社の社長を務めた5代太田清蔵(1893~1977)が浮世絵の海外流出を憂えて集めたコレクションが核。版画約1万1千点、肉筆画約800点のほか、下絵や扇など。浮世絵の初期から明治までの様々な作品を網羅している。美術館の開館は1980年。

 5月28日までの企画展「浮世絵動物園」では前後期合わせて約160点を公開。「里すゞめねぐらの仮宿」の展示は4月26日まで。「家内安全ヲ守 十二支之図」は5月2日~28日に展示予定。

《太田記念美術館》 東京都渋谷区神宮前1の10の10。午前10時半~午後5時半(入館は30分前まで)。(月)と4月27~30日休み。700円。問い合わせは03・5777・8600。

木村泰司さん

国学院大文学部教授 藤澤紫さん

ふじさわ・むらさき 史学科で日本美術史、日本近世文化史、比較芸術学を教える。国際浮世絵学会常任理事。著書に「鈴木春信絵本全集」「遊べる浮世絵 体験版・江戸文化入門」など。

(2017年4月18日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「目利きのイチオシコレクション」の新着記事 一覧を見る
バルビゾン派【上】 山梨県立美術館

バルビゾン派【上】 山梨県立美術館

パリから南東へ約60キロメートルの、風光明媚(めいび)なフォンテーヌブローの森。1820年代から19世紀半ば、森に近いバルビゾン村に滞在・移住して、自然や農村を描いた画家たちがいました。

水墨画【下】 正木美術館

水墨画【下】 正木美術館

室町水墨画の中でも、美術史的に貴重な作品が多いのが、正木美術館のコレクションです。

水墨画【上】 畠山記念館

水墨画【上】 畠山記念館

若冲(じゃくちゅう)、蕭白(しょうはく)ら「奇想の画家」の元祖といわれ、東京芸術大学大学美術館で開催中の展覧会でも注目されている室町時代の水墨画家、雪村周継(せっそんしゅうけい)。

現代美術 DIC川村記念美術館

現代美術 DIC川村記念美術館

現代美術のとらえ方は様々ですが、「抽象表現主義」に焦点を当てて紹介します。

新着コラム 一覧を見る
「京うどん 葵(あおい)」の葵うどん

おんなのイケ麺(めん)

杉本彩さん
「京うどん 葵(あおい)」の葵うどん

出会ったのは15年以上前でしょうか。以前は東京都世田谷区に住んでいて、行動範囲だったんですね。別の区に引っ越して、京都と東京を行き来する生活になった今でも足を運ぶぐらい大好きなお店です。

「チョコレートショップ」の博多の石畳

オトコの別腹

小久保裕紀さん
「チョコレートショップ」の博多の石畳

20年くらい前かな。僕の誕生日に、知人がこのケーキにデコレーションを施してプレゼントしてくれたんです。

直島パヴィリオン 藤本壮介作(香川県直島町)

アートリップ

直島パヴィリオン 
藤本壮介作(香川県直島町)

「本船はまもなく、宮浦港に入港いたします」。船内アナウンスに顔を上げた。

「ハレドール」

美博ノート

「ハレドール」

白い地に輝く金彩や細やかな絵柄、美しいフォルムが特徴の、ナカヤマの洋食器。14年前に本格的な生産を終えたため、「幻のナカヤマ」とも呼ばれる。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。

お知らせ(更新情報)
6月1日からはがき代が52円から62円に、往復はがき代が104円から124円になりますのでご注意下さい。