目利きのイチオシコレクション

恐竜化石【下】 福井県立恐竜博物館

「福井産」の恐竜 発掘、展示

【写真上】フクイベナートル・パラドクサス全身復元骨格(レプリカ) 【写真下】実物化石

【写真上】フクイベナートル・パラドクサス全身復元骨格(レプリカ)
【写真下】実物化石

  • 【写真上】フクイベナートル・パラドクサス全身復元骨格(レプリカ) 【写真下】実物化石
  • カマラサウルス 全身復元骨格(実物化石)

 日本各地でも、恐竜化石が発見されているのをご存じでしょうか。福井県立恐竜博物館は、同県勝山市で産出した恐竜化石を調査・研究し、展示するため、発掘現場近くに建てられた博物館です。

 1989年から2016年にかけて行われた発掘調査で、5種の恐竜化石が発見されました。同館では、フクイやカツヤマの地名を含む学名がついた「福井産」の恐竜化石を展示しています。これまでに日本で発見され、学名がついた恐竜は7種なので、その多さが分かります。

 おすすめは、全長約2・5メートルの小型獣脚類、フクイベナートル・パラドクサスです。2007年に白亜紀前期(約1億2千万年前)の地層から見つかり、16年に正式に命名、発表されました。全身骨格の7割がそろっており、国内で発掘された恐竜化石の中では、非常に貴重な存在です。特に頭骨の後部の保存状態が良く、脳が収まっていた脳函(のうかん)をCTスキャンで解析した結果、鳥類に匹敵するほどの聴力を持っていたことが分かりました。

 カマラサウルスは、ジュラ紀後期(約1億5千万年前)に生息した植物食恐竜です。2007年に米ワイオミング州で発見され、埋まった状態のままの化石を購入し、掘り出しから組み立てまでを同館で行いました。

(聞き手・根津香菜子)


 どんなコレクション?

 展示面積は約4500平方メートル。恐竜の系統をほぼ網羅する44体の全身復元骨格のうち、9体が実物化石を含む。博物館は、勝山市にある「かつやま恐竜の森」内に2000年開館。

 フクイベナートル・パラドクサスの全身復元骨格(レプリカ)と実物化石、及びカマラサウルスの全身復元骨格(実物化石)は常設展示。

《福井県立恐竜博物館》 福井県勝山市村岡町寺尾51の11(TEL0779・88・0001)。午前9時~午後5時(15日~8月31日は8時半~6時。入館は30分前まで)。720円。第2・4(水)((祝)の場合は翌日)休み。7月13日~8月31日は無休。

田中真士さん

恐竜専門サイエンスコミュニケーター 恐竜くん

本名・田中真士(たなか・まさし) 16歳でカナダに渡り、アルバータ大学で古生物学を中心に学ぶ。恐竜展の企画・監修を務めるほか、テレビやラジオに出演。著書に「知識ゼロからの恐竜入門」。

(2017年7月11日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「目利きのイチオシコレクション」の新着記事 一覧を見る
日本刀【下】 土浦市立博物館

日本刀【下】 土浦市立博物館

茨城県の土浦市立博物館では毎年秋、土浦藩主土屋家ゆかりの刀剣を公開しています。土屋家の歴代当主は、江戸幕府の老中や奏者番(そうしゃばん)を務めました。

日本刀【上】 久能山東照宮博物館

日本刀【上】 久能山東照宮博物館

刀身の曲線美、刃文の模様、拵(こしらえ)の装飾――名刀を前にするとハッと息をのみます。見た目もさることながら、天皇家や戦国大名など時の権力者が持ち、受け継がれた日本刀は、歴史の流れと深く関わっています。

民芸【下】 河井寛次郎記念館

民芸【下】 河井寛次郎記念館

私は、民芸とは本質的に、ものを見立てる価値の体系だと思っています。それは、かつて使われていた古い道具に新たな美を見いだすという発想です。

民芸【上】 濱田庄司記念益子参考館

民芸【上】 濱田庄司記念益子参考館

民芸が再び人気です。地方の手仕事が「民芸」として広まったのは、1920年代半ば、思想家・柳宗悦が中心となって立ち上げた民芸運動がはじまりです。

新着コラム 一覧を見る
マッテルモン 荒井良二作(大分市生石(いくし))

アートリップ

マッテルモン 
荒井良二作(大分市生石(いくし))

穏やかな波が打ち寄せる大分港。晴れ渡った青空に、真っ赤な門がそびえ立つ。高さ約10メートル、幅15メートル。その上には、丸いオブジェがちょこんと腰かけ、大海原を眺めている。

エドガー・ドガ「美術館にて」

美博ノート

エドガー・ドガ「美術館にて」

芸術の都パリ。19世紀後半になると、女性が画家やモデルなど表現者として活躍し始める。

根津美術館

気になる一品

根津美術館

寺社の御朱印集めが大人気。根津美術館で開催中の企画展「ほとけを支える」に合わせて、ミュージアムショップにも「燕子花図(かきつばたず) 御朱印帳」が登場した。

ブームの卵

ブームの卵

9月15日 注目グッズ
「シリコン竿(さお)拭き Teru」など

物干しざおって雨やホコリですぐ汚れちゃうよね。「シリコン竿(さお)拭き Teru」は、物干しざおのお掃除グッズ。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。