目利きのイチオシコレクション

名作椅子【上】 武蔵野美術大学美術館・図書館

デンマークの逸品を楽しむ

フィン・ユール「チーフティンチェア」(1949年、製造は94年) ローズウッド材 革張り

フィン・ユール「チーフティンチェア」(1949年、製造は94年) ローズウッド材 革張り

  • フィン・ユール「チーフティンチェア」(1949年、製造は94年) ローズウッド材 革張り
  • ハンス・ウェグナー「ザ・チェア」(1949年、製造は71年) チーク材 革張り

 用と美を兼ね備え、半世紀以上にわたり製造販売されている名作椅子に、近年注目が集まっています。武蔵野美術大学美術館・図書館は、主に20世紀の欧米と日本の椅子を所蔵しており、中でもデンマークの椅子は一見に値します。

 デンマークは、日本で人気の高い北欧家具の中心的な存在です。1920年代以降、古典様式の家具を改良しながら、審美性と機能性を追求し、多くの名作椅子を生み出してきました。

 家具デザイナーは家具職人のマイスターの資格を取ることが通例でしたが、フィン・ユール(1912~89)は資格を持たず、自由に発想しました。彼の椅子は流れるようなラインが特徴で、「家具の彫刻家」とも言われています。「チーフティンチェア」は、自邸の暖炉脇で使うためにデザインされたもの。威厳と品格を感じます。フレームと座面を離して浮遊感をもたせた構造や、後脚上部の「耳」のような造形が魅力です。

 一方、「Yチェア」で知られるハンス・ウェグナー(1914~2007)は、14歳の時から家具職人のもとで修業を始め、17歳でマイスターの資格を取得しました。「ザ・チェア」は、背とアームが一体化した中国・明代の椅子の影響が見られます。シンプルで座り心地が良く、完成度が高い。僕は前者は天才、後者は秀才だと思っています。

(聞き手・牧野祥)


 どんなコレクション?

 武蔵野美術大学が学生の教育資料として、1967年から集めてきた近現代の椅子は約400点。そのうち、ほぼ半数を日本とデンマークのものが占める。ほかに、20世紀を中心とした国内外のポスター約3万点、スイス製の木製玩具なども所蔵している。

 同大学美術館・図書館内の椅子ギャラリーで、「チーフティンチェア」と「ザ・チェア」を含む約100点を常設展示。ガラス越しに鑑賞できる。

《武蔵野美術大学美術館・図書館》 東京都小平市小川町1の736(TEL042・342・6003)。美術館は、午前10時~午後6時((土)と特別開館日は5時まで)。原則(日)(祝)と、8月14日~9月2日(椅子ギャラリーは8月21日から)休み。

織田憲嗣さん

椅子研究家 織田憲嗣(のりつぐ)

 1946年生まれ。東海大名誉教授。20代から椅子を集め始め、現在、20世紀欧米を中心とした椅子約1300種類を含む家具、日用品などを所有する。その一部を、北海道東川町の町文化芸術交流センター、旭川市のチェアーズギャラリーで常設展示。

(2017年8月8日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「目利きのイチオシコレクション」の新着記事 一覧を見る
漆芸【下】 東京国立近代美術館工芸館

漆芸【下】 東京国立近代美術館工芸館

江戸時代まで漆芸は、寺院や大名の注文を受け、職人が分業で制作していましたが、明治になると、作り手が自ら発想し、全工程を手がける作家活動が盛んになります。

漆芸【上】 首里城公園

漆芸【上】 首里城公園

漆芸は、漆の樹液を塗料として用い、金や貝で装飾を施す美術工芸品です。漆の木は、日本から東南アジアまでのモンスーン地帯にのみ生育します。

色絵【下】 石川県九谷焼美術館

色絵【下】 石川県九谷焼美術館

今回は、色絵の中でも「再興九谷」に焦点を当てて紹介します。

色絵【上】 戸栗美術館

色絵【上】 戸栗美術館

色絵は陶磁器に赤や緑、黄などで上絵付けし、低温で焼成した焼き物の総称です。中国様式を踏襲し、日本では1640年代以降、有田の伊万里焼や、京都の京焼など各地で盛んに作られました。

新着コラム 一覧を見る
「スガキヤ」の特製ラーメン

おんなのイケ麺(めん)

渡辺美奈代さん
「スガキヤ」の特製ラーメン

名古屋圏では有名で、愛知県出身の私にとっては、ソウルフードのひとつ。和風とんこつのあっさりしたスープ、ツルリとしたのどごしのいい麺、そして、子どものお小遣いで食べに行ける価格帯。この三拍子が魅力です。

「BAKE CHEESE TART」の焼きたてチーズタルト

オトコの別腹

藤田貴大さん
「BAKE CHEESE TART」の焼きたてチーズタルト

僕は、小さい頃から本当に偏食で、甘い物やケーキも苦手。だけど最近、実は甘い物が好きなのかもしれない、と気づき始めたところなんです。

「ひとりでに編める ウット毛糸」

美博ノート

「ひとりでに編める ウット毛糸」

レイモン・サヴィニャック(1907~2002)が、仏のウット毛糸から依頼されたのは、ブランドのキャッチフレーズを広告ポスターにすること。

「ムクドリの飛行のように」 ダニエル・ビュレン作(東京都中央区)

アートリップ

「ムクドリの飛行のように」 
ダニエル・ビュレン作(東京都中央区)

見上げると、赤と青の対比が目に飛び込んできた。複合商業施設GINZA SIXの店舗中央を貫く吹き抜け空間に、2種のストライプの旗約1500枚がずらりと並ぶ。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。