目利きのイチオシコレクション

名作椅子【上】 武蔵野美術大学美術館・図書館

デンマークの逸品を楽しむ

フィン・ユール「チーフティンチェア」(1949年、製造は94年) ローズウッド材 革張り

フィン・ユール「チーフティンチェア」(1949年、製造は94年) ローズウッド材 革張り

  • フィン・ユール「チーフティンチェア」(1949年、製造は94年) ローズウッド材 革張り
  • ハンス・ウェグナー「ザ・チェア」(1949年、製造は71年) チーク材 革張り

 用と美を兼ね備え、半世紀以上にわたり製造販売されている名作椅子に、近年注目が集まっています。武蔵野美術大学美術館・図書館は、主に20世紀の欧米と日本の椅子を所蔵しており、中でもデンマークの椅子は一見に値します。

 デンマークは、日本で人気の高い北欧家具の中心的な存在です。1920年代以降、古典様式の家具を改良しながら、審美性と機能性を追求し、多くの名作椅子を生み出してきました。

 家具デザイナーは家具職人のマイスターの資格を取ることが通例でしたが、フィン・ユール(1912~89)は資格を持たず、自由に発想しました。彼の椅子は流れるようなラインが特徴で、「家具の彫刻家」とも言われています。「チーフティンチェア」は、自邸の暖炉脇で使うためにデザインされたもの。威厳と品格を感じます。フレームと座面を離して浮遊感をもたせた構造や、後脚上部の「耳」のような造形が魅力です。

 一方、「Yチェア」で知られるハンス・ウェグナー(1914~2007)は、14歳の時から家具職人のもとで修業を始め、17歳でマイスターの資格を取得しました。「ザ・チェア」は、背とアームが一体化した中国・明代の椅子の影響が見られます。シンプルで座り心地が良く、完成度が高い。僕は前者は天才、後者は秀才だと思っています。

(聞き手・牧野祥)


 どんなコレクション?

 武蔵野美術大学が学生の教育資料として、1967年から集めてきた近現代の椅子は約400点。そのうち、ほぼ半数を日本とデンマークのものが占める。ほかに、20世紀を中心とした国内外のポスター約3万点、スイス製の木製玩具なども所蔵している。

 同大学美術館・図書館内の椅子ギャラリーで、「チーフティンチェア」と「ザ・チェア」を含む約100点を常設展示。ガラス越しに鑑賞できる。

《武蔵野美術大学美術館・図書館》 東京都小平市小川町1の736(TEL042・342・6003)。美術館は、午前10時~午後6時((土)と特別開館日は5時まで)。原則(日)(祝)と、8月14日~9月2日(椅子ギャラリーは8月21日から)休み。

織田憲嗣さん

椅子研究家 織田憲嗣(のりつぐ)

 1946年生まれ。東海大名誉教授。20代から椅子を集め始め、現在、20世紀欧米を中心とした椅子約1300種類を含む家具、日用品などを所有する。その一部を、北海道東川町の町文化芸術交流センター、旭川市のチェアーズギャラリーで常設展示。

(2017年8月8日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「目利きのイチオシコレクション」の新着記事 一覧を見る
新印象派【下】 ポーラ美術館

新印象派【下】 ひろしま美術館

スーラの影響を受けて点描の技法を推し進めたのが、シニャックです。特に、珍しい初期の作品が見られるのが、ひろしま美術館。日本では数少ない新印象派の優品をそろえた貴重な美術館です。

新印象派【上】 ポーラ美術館

新印象派【上】 ポーラ美術館

印象派の流れを受けて19世紀末に登場した新印象派。色彩理論を科学的に発展させ、点描で「光」を表現しました。

ロダン彫刻【下】 大原美術館

ロダン彫刻【下】 大原美術館

世の中に衝撃を与え、彫刻家としての名声を高めたロダンの2作品を、岡山県倉敷市の大原美術館で見ることができます。一つは、説教する「洗礼者ヨハネ」像です。

ロダン彫刻【上】 国立西洋美術館

ロダン彫刻【上】 国立西洋美術館

「近代彫刻の父」とも呼ばれるオーギュスト・ロダン(1840~1917)が、2017年11月に没後100年を迎えます。ロダンの魅力は、彫刻という不動のものに「動き」や「生命感」を持たせたこと。

新着コラム 一覧を見る
岩谷圭介「ふうせん宇宙撮影」

美博ノート

岩谷圭介「ふうせん宇宙撮影」

空高く飛んだ風船が、みるみるうちに漆黒の世界へ行き着いた。上空30キロから、青い地球と太陽の光を撮影した動画の1カットだ。

爬虫類(はちゅうるい) THE REPTILES 田辺光彰作(さいたま市中央区)

アートリップ

爬虫類(はちゅうるい) THE REPTILES 
田辺光彰作(さいたま市中央区)

通勤客が足早に行き交う広場に突如現れたのは、全長11メートルの巨大なトカゲの彫刻。ステンレス製の銀色の姿が目をひく。

上野の森美術館

気になる一品

上野の森美術館

「恐怖」をテーマに西洋絵画や版画を集めた「怖い絵」展。ショップでは、「缶ミラー」を販売中。

三瀬夏之介さん(画家) 「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」(1999年)

私の描くグッとムービー

三瀬夏之介さん(画家)
「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」
(1999年)

日本から遠く離れたカリブ海に浮かぶ小さな島国、キューバのハバナが舞台。長く忘れられた老音楽家たちが、米国人のギタリスト、ライ・クーダーに見いだされ、セッションを通して異文化交流をするドキュメンタリーです。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。