目利きのイチオシコレクション

名作椅子【上】 武蔵野美術大学美術館・図書館

デンマークの逸品を楽しむ

フィン・ユール「チーフティンチェア」(1949年、製造は94年) ローズウッド材 革張り

フィン・ユール「チーフティンチェア」(1949年、製造は94年) ローズウッド材 革張り

  • フィン・ユール「チーフティンチェア」(1949年、製造は94年) ローズウッド材 革張り
  • ハンス・ウェグナー「ザ・チェア」(1949年、製造は71年) チーク材 革張り

 用と美を兼ね備え、半世紀以上にわたり製造販売されている名作椅子に、近年注目が集まっています。武蔵野美術大学美術館・図書館は、主に20世紀の欧米と日本の椅子を所蔵しており、中でもデンマークの椅子は一見に値します。

 デンマークは、日本で人気の高い北欧家具の中心的な存在です。1920年代以降、古典様式の家具を改良しながら、審美性と機能性を追求し、多くの名作椅子を生み出してきました。

 家具デザイナーは家具職人のマイスターの資格を取ることが通例でしたが、フィン・ユール(1912~89)は資格を持たず、自由に発想しました。彼の椅子は流れるようなラインが特徴で、「家具の彫刻家」とも言われています。「チーフティンチェア」は、自邸の暖炉脇で使うためにデザインされたもの。威厳と品格を感じます。フレームと座面を離して浮遊感をもたせた構造や、後脚上部の「耳」のような造形が魅力です。

 一方、「Yチェア」で知られるハンス・ウェグナー(1914~2007)は、14歳の時から家具職人のもとで修業を始め、17歳でマイスターの資格を取得しました。「ザ・チェア」は、背とアームが一体化した中国・明代の椅子の影響が見られます。シンプルで座り心地が良く、完成度が高い。僕は前者は天才、後者は秀才だと思っています。

(聞き手・牧野祥)


 どんなコレクション?

 武蔵野美術大学が学生の教育資料として、1967年から集めてきた近現代の椅子は約400点。そのうち、ほぼ半数を日本とデンマークのものが占める。ほかに、20世紀を中心とした国内外のポスター約3万点、スイス製の木製玩具なども所蔵している。

 同大学美術館・図書館内の椅子ギャラリーで、「チーフティンチェア」と「ザ・チェア」を含む約100点を常設展示。ガラス越しに鑑賞できる。

《武蔵野美術大学美術館・図書館》 東京都小平市小川町1の736(TEL042・342・6003)。美術館は、午前10時~午後6時((土)と特別開館日は5時まで)。原則(日)(祝)と、8月14日~9月2日(椅子ギャラリーは8月21日から)休み。

織田憲嗣さん

椅子研究家 織田憲嗣(のりつぐ)

 1946年生まれ。東海大名誉教授。20代から椅子を集め始め、現在、20世紀欧米を中心とした椅子約1300種類を含む家具、日用品などを所有する。その一部を、北海道東川町の町文化芸術交流センター、旭川市のチェアーズギャラリーで常設展示。

(2017年8月8日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「目利きのイチオシコレクション」の新着記事 一覧を見る
日本近代洋画【下】 東京都現代美術館

日本近代洋画【下】 東京都現代美術館

東京都現代美術館は、1995年の開館に合わせ、東京都美術館の所蔵品を移管されました。

日本近代洋画【上】 東京国立近代美術館

日本近代洋画【上】 東京国立近代美術館

明治から現代までの日本の油彩画の歴史をたどることができるのは、東京国立近代美術館です。

茶道具【下】 東京国立博物館

茶道具【下】 東京国立博物館

東京国立博物館が所蔵する茶道具は、茶の湯の美術に関する価値基準を示すような名品が多く見られます。青磁茶碗(ちゃわん)「馬蝗絆(ばこうはん)」はその代表格。南宋時代に中国の龍泉窯(りゅうせんよう)で焼かれ、足利義政(1436~90)が所持したといわれます。

茶道具【上】 MOA美術館

茶道具【上】 MOA美術館

一服の茶を通じて、人の心と心を通わす茶の湯。亭主は掛け物や花など折々の趣向を凝らして茶室を設(しつら)え、茶碗(ちゃわん)から茶杓(ちゃしゃく)まで道具を組み、客をもてなします。MOA美術館の創設者・岡田茂吉氏も茶を嗜(たしな)みました。

新着コラム 一覧を見る
「チョップスティックス」の牛肉とトマトのフォー

おんなのイケ麺(めん)

奥村愛さん
「チョップスティックス」の
牛肉とトマトのフォー

10年ほど前、海外公演でベトナムを訪れました。現地のオーケストラと、約2週間でハノイからホーチミンまで5カ所を巡りました。それぞれの地域でしか味わえないような麺類を食べるのが楽しみでしたね。

「ゴディバ」のトリュフ デリース

オトコの別腹

中村太地さん
「ゴディバ」のトリュフ デリース

小学校低学年の頃、学校でバレンタインチョコをもらえず寂しく帰宅した僕に母と姉がくれたのが、ゴディバでした。こんなにおいしい物があるんだ!って感動したのを覚えています。

下図「御紋付雀山咲図壺(ごもんつきすずめやまぶきずつぼ)台座付」

美博ノート

下図「御紋付雀山咲図壺(ごもんつきすずめやまぶきずつぼ)台座付」

黒の背景地に咲き誇る黄色いヤマブキ。飛び交うスズメからは、さえずりが聞こえてきそうだ。頸部(けいぶ)の菊紋は、皇室関係からの注文品という証しだろう。

長崎県美術館

気になる一品

長崎県美術館

長崎ゆかりの作家やスペイン美術など約6500点を収蔵する長崎県美術館。ショップでは紙製の「1/100建築模型用添景(てんけい)セット 長崎県美術館編」を販売中。

お知らせ(更新情報)

2018年カレンダープレゼント

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。