目利きのイチオシコレクション

日本近代洋画【上】 東京国立近代美術館

油彩画の歴史を概観

原田直次郎「騎龍観音」1890(明治23)年 重要文化財 東京国立近代美術館寄託(護国寺蔵)

原田直次郎「騎龍観音」1890(明治23)年 
重要文化財 東京国立近代美術館寄託(護国寺蔵)

  • 原田直次郎「騎龍観音」1890(明治23)年 重要文化財 東京国立近代美術館寄託(護国寺蔵)
  • 川上涼花「鉄路」1912(明治45)年

 明治から現代までの日本の油彩画の歴史をたどることができるのは、東京国立近代美術館です。

 開国以後、日本の画家たちは西洋画を積極的に学びますが、急激な欧化政策の反動で、その後、国粋主義的な風潮が一時高まります。1889(明治22)年に開校した東京美術学校(現・東京芸術大学)でも、当初、西洋画科はありませんでした。そのような時代に西洋画を日本に根付かせようとしたのが原田直次郎(1863~99)です。ドイツ・ミュンヘンの美術学校で油彩画を学んだ原田は90年、産業振興を目的とした内国勧業博覧会の美術展に「騎龍観音」を出品しました。

 縦2・72メートル、横1・81メートルという大きさは今見ても驚きます。油彩ならではの写実描写とドラマチックな明暗表現で、日本的な題材に挑んだ意欲作。西洋の宗教画や歴史画を意識し、日本には西洋と異なる文化的背景があることを示したのではないでしょうか。この年は、大日本帝国憲法のもと第1回帝国議会が開会。堂々と勇ましく前進する龍と観音は、近代国家を目指す当時の日本の姿にも重なります。

 それから約20年後の作品が、川上涼花(りょうか)(1887~1921)の「鉄路」です。画面上部に向かって縦に貫く線路を疾走する列車。後期印象派や未来派を思わせるタッチで自由に描いています。この頃には、油彩が日本に根付いていたことをうかがわせます。

(聞き手・牧野祥)


 どんなコレクション?

 日本の近現代の絵画、版画、彫刻、写真など、所蔵作品は1万3千点を超える。洋画には、重要文化財の萬(よろず)鉄五郎「裸体美人」や岸田劉生「道路と土手と塀(切通之写生)」などがある。日本で最初の国立美術館として、1952年に開館した。
 紹介した2作は、約200点を公開する所蔵作品展「MOMATコレクション」で5月27日まで展示。毎日午後2時、対話型のガイドツアーを開催している。

《東京国立近代美術館》 東京都千代田区北の丸公園3の1。午前10時~午後5時((金)(土)は8時まで。入館は30分前まで)。500円、大学生250円。原則(月)と12月28日~1月1日休み。

児島さん

実践女子大教授 児島薫

 こじま・かおる 東京大大学院修士課程修了、修士号取得。ロンドン芸術大で博士号取得。東京国立近代美術館研究員などを経て現職。専門は日本近代美術史。特に官展の作家と美人画について研究。著書に「藤島武二」ほか。

(2017年12月5日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「目利きのイチオシコレクション」の新着記事 一覧を見る
日本近代洋画【下】 東京都現代美術館

日本近代洋画【下】 東京都現代美術館

東京都現代美術館は、1995年の開館に合わせ、東京都美術館の所蔵品を移管されました。

茶道具【下】 東京国立博物館

茶道具【下】 東京国立博物館

東京国立博物館が所蔵する茶道具は、茶の湯の美術に関する価値基準を示すような名品が多く見られます。青磁茶碗(ちゃわん)「馬蝗絆(ばこうはん)」はその代表格。南宋時代に中国の龍泉窯(りゅうせんよう)で焼かれ、足利義政(1436~90)が所持したといわれます。

茶道具【上】 MOA美術館

茶道具【上】 MOA美術館

一服の茶を通じて、人の心と心を通わす茶の湯。亭主は掛け物や花など折々の趣向を凝らして茶室を設(しつら)え、茶碗(ちゃわん)から茶杓(ちゃしゃく)まで道具を組み、客をもてなします。MOA美術館の創設者・岡田茂吉氏も茶を嗜(たしな)みました。

西アジア美術【下】 岡山市立オリエント美術館

西アジア美術【下】 岡山市立オリエント美術館

西アジアでは、イスラム教が広まった7世紀以降、海上交易が盛んになるとともに、現在のイランなどで様々な王朝が栄え、優れた美術品が生まれました。前回紹介した東洋学者・江上波夫が収集に関わった岡山市立オリエント美術館では、西アジアを中心とするオリエント地域の作品を体系的に見ることができます。

新着コラム 一覧を見る
「チョップスティックス」の牛肉とトマトのフォー

おんなのイケ麺(めん)

奥村愛さん
「チョップスティックス」の
牛肉とトマトのフォー

10年ほど前、海外公演でベトナムを訪れました。現地のオーケストラと、約2週間でハノイからホーチミンまで5カ所を巡りました。それぞれの地域でしか味わえないような麺類を食べるのが楽しみでしたね。

「ゴディバ」のトリュフ デリース

オトコの別腹

中村太地さん
「ゴディバ」のトリュフ デリース

小学校低学年の頃、学校でバレンタインチョコをもらえず寂しく帰宅した僕に母と姉がくれたのが、ゴディバでした。こんなにおいしい物があるんだ!って感動したのを覚えています。

下図「御紋付雀山咲図壺(ごもんつきすずめやまぶきずつぼ)台座付」

美博ノート

下図「御紋付雀山咲図壺(ごもんつきすずめやまぶきずつぼ)台座付」

黒の背景地に咲き誇る黄色いヤマブキ。飛び交うスズメからは、さえずりが聞こえてきそうだ。頸部(けいぶ)の菊紋は、皇室関係からの注文品という証しだろう。

長崎県美術館

気になる一品

長崎県美術館

長崎ゆかりの作家やスペイン美術など約6500点を収蔵する長崎県美術館。ショップでは紙製の「1/100建築模型用添景(てんけい)セット 長崎県美術館編」を販売中。

お知らせ(更新情報)

2018年カレンダープレゼント

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。