街の十八番

駒村清明堂@茨城県石岡市

自然に寄り添う線香作り

成形されたばかりの線香を手にする駒村さん

成形されたばかりの線香を手にする駒村さん

  • 成形されたばかりの線香を手にする駒村さん
  • 「ようげ」と呼ばれる棒状の道具で、一定量の線香を束にまとめる。杉100%の「水車杉線香」は、5束入りで1200円

 筑波山麓(さんろく)の伏流水から水を引き、明治後期の創業当時から水車を使った杉線香作りを続ける駒村清明堂。

 原料の杉の葉は、5代目の駒村道廣さん(63)自ら秋冬季に山に入って採る。香りを残すため数カ月かけて乾かし、直径4メートルの水車を動力に、粉砕し、杵(きね)でつき、ふるいにかけて、微粉末にする。杵は「心臓の鼓動と同じくらいの速さ」で粉を打つ。適度な速度が熱の発生を抑え、粉の香りを逃がさず粘りを出す。つなぎは加えず、湧き水を沸かした湯で練る。燃料は葉を取った後の杉の枝。徹底して自然に寄り添う仕事ぶりだ。

 初代は豊かな水と良質な杉を求め、新潟から栃木を経て移住してきた。半世紀前まで近所で線香屋や米屋など十数軒の水車が働いていたが、現在残るのは同店だけ。

 25年前、染料すら加えない杉100%の線香を作り始め、近年は菊やはちみつなど様々な香りを取り入れた商品を発売。時流とともに変化もする一方で、常に変わらないのは「手間がかかっても、一番良いものを作りたい」という思いだ。

(文・写真 安達麻里子)


 ◆茨城県石岡市小幡1899(TEL0299・42・2819)。午前8時~午後6時。(日)休み。石岡駅からバス。見学も可能(要予約)。

(2017年7月14日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「街の十八番」の新着記事 一覧を見る
根古屋(ねごや)窯@栃木・益子町

根古屋(ねごや)窯@栃木・益子町

ぽってりとした素朴な風合いが魅力の益子焼。最古の窯元である根古屋窯は、人里から少し離れた山のふもとにある。

日光湯波ふじや@日光

日光湯波ふじや@日光

精進料理の食材の一つとして「湯波(ゆば)」が古くから作られてきた日光の門前町に、ふじやはある。

東曜印房@平塚

東曜印房@平塚

旧東海道の宿場町、平塚。八王子道や中原往還などの脇街道が通ることから、交通の要衝として栄え、多くの商人が暖簾(のれん)を掲げた。

大川木工所@小田原

大川木工所@小田原

小田原から箱根に向かう旧東海道の近くに、小田原漆器の大川木工所がある。創業は1926(昭和元)年。代表の大川肇さん(61)は3代目だ。

新着コラム 一覧を見る
「神農の虎」

美博ノート

「神農の虎」

ユニークな表情をした動物の張り子や愛らしい土人形、色鮮やかな凧(たこ)など、日本各地に伝わる郷土玩具。本展では、戦後に作られた所蔵品から約550点が府県別に並ぶ。

中近東文化センター附属博物館

気になる一品

中近東文化センター附属博物館

エジプトやメソポタミア文明を紹介する中近東文化センター附属博物館。約4千年前にナイル川周辺で作られたガラス質のカバ像が「ルリカ」の愛称で人気だ。

一石を投じる 島袋(しまぶく)道浩作(札幌市中央区)

アートリップ

一石を投じる 
島袋(しまぶく)道浩作(札幌市中央区)

新緑の大通公園を通り抜けた先、札幌市資料館前にそびえる巨石が現れた。高さ約2・5メートル。自然石だが、れっきとしたアート作品だ。かつては北海道庁の前に置かれ、様々な意見が飛び交うなど、「波紋」を呼んだ。

陶片 出光美術館

私のイチオシコレクション

陶片 出光美術館

一見すると、いびつな陶磁器のかけら。でもこの小さな陶片には、歴史や文化をひもとく情報が詰まっています。

☆新コラム☆

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。