街の十八番

駒村清明堂@茨城県石岡市

自然に寄り添う線香作り

成形されたばかりの線香を手にする駒村さん

成形されたばかりの線香を手にする駒村さん

  • 成形されたばかりの線香を手にする駒村さん
  • 「ようげ」と呼ばれる棒状の道具で、一定量の線香を束にまとめる。杉100%の「水車杉線香」は、5束入りで1200円

 筑波山麓(さんろく)の伏流水から水を引き、明治後期の創業当時から水車を使った杉線香作りを続ける駒村清明堂。

 原料の杉の葉は、5代目の駒村道廣さん(63)自ら秋冬季に山に入って採る。香りを残すため数カ月かけて乾かし、直径4メートルの水車を動力に、粉砕し、杵(きね)でつき、ふるいにかけて、微粉末にする。杵は「心臓の鼓動と同じくらいの速さ」で粉を打つ。適度な速度が熱の発生を抑え、粉の香りを逃がさず粘りを出す。つなぎは加えず、湧き水を沸かした湯で練る。燃料は葉を取った後の杉の枝。徹底して自然に寄り添う仕事ぶりだ。

 初代は豊かな水と良質な杉を求め、新潟から栃木を経て移住してきた。半世紀前まで近所で線香屋や米屋など十数軒の水車が働いていたが、現在残るのは同店だけ。

 25年前、染料すら加えない杉100%の線香を作り始め、近年は菊やはちみつなど様々な香りを取り入れた商品を発売。時流とともに変化もする一方で、常に変わらないのは「手間がかかっても、一番良いものを作りたい」という思いだ。

(文・写真 安達麻里子)


 ◆茨城県石岡市小幡1899(TEL0299・42・2819)。午前8時~午後6時。(日)休み。石岡駅からバス。見学も可能(要予約)。

(2017年7月14日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「街の十八番」の新着記事 一覧を見る
いけだ屋@埼玉県草加市

いけだ屋@埼玉県草加市

江戸時代に宿場町だった草加。名物「草加煎餅(せんべい)」は当時の茶店(ちゃみせ)で余った団子を平らに潰したのが起源と伝えられる。旧日光街道沿いにあるいけだ屋は1865年創業。

きねや足袋@埼玉県行田市

きねや足袋@埼玉県行田市

今もなお約80棟の足袋蔵が残る埼玉県行田市。木綿の産地だったこと、中山道が近くを通ったことなどから、江戸中・後期に旅行用の足袋づくりが盛んになったとされる。

守半海苔店@大森

守半海苔店@大森

東京・大森は江戸時代、幕府から許可を得た、養殖ノリの一大生産地だった。ここから全国へ養殖の技術が広まり、今でも約50軒のノリ問屋が並ぶ。守半海苔店はその一つ。

白木屋傳(でん)兵衛@京橋

白木屋傳(でん)兵衛@京橋

白木屋傳兵衛は、1830(天保元)年に銀座で創業。その後京橋に移転し、現在まで「江戸箒(ほうき)」を作り続ける。

新着コラム 一覧を見る
スーザン・ヒラー「Lost and Found」

美博ノート

スーザン・ヒラー
「Lost and Found」

文化人類学者から美術家に転身したスーザン・ヒラー。本作は、世界各地で収集された、23の少数言語の音声で構成された映像作品だ。

Cloud レアンドロ・エルリッヒ作(東京都千代田区)

アートリップ

Cloud 
レアンドロ・エルリッヒ作(東京都千代田区)

南岸低気圧の影響で肌を刺すような風が吹く。飯野海運の本社ビル「飯野ビルディング」1階ピロティの防風スクリーンは、ガラス面にぽっかりと白い雲を浮き立たせながら、強いビル風を和らげていた。

肖像写真【上】 東京都写真美術館

目利きのイチオシコレクション

肖像写真【上】 東京都写真美術館

19世紀前半に写真が発明されると、庶民の間でも肖像写真を撮る習慣が生まれました。大衆化する一方で、写真は記録なのか芸術なのかという議論が起こります。

印刷博物館

気になる一品

印刷博物館

印刷技術の歴史などを紹介する印刷博物館。蔵する金属活字をもとにした、活版印刷の可愛らしいグッズ「花形装飾活字コースター」を販売中だ。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。