街の十八番

総本家 更科堀井@麻布十番

大名も愛した 白いそば

麻布十番商店街にある本店前に立つ良教さん

麻布十番商店街にある本店前に立つ良教さん

  • 麻布十番商店街にある本店前に立つ良教さん
  • 看板メニューのさらしなそば(930円)。つゆは、だしやしょうゆなどが混然一体となるのが理想という

 砂場、藪と並ぶ、江戸三大そばの一つ、更科(さらしな)。堀井家によると、江戸時代の大名、保科家の江戸屋敷に出入りしていた初代が、屋敷の近くにそば屋を出したのが店のルーツ。更科の名は、信州そばの集散地、旧更級郡の更と、保科の科からとったという。

 更科は、そばの実を挽(ひ)いて最初にとれる一番粉を使ったそばで、上品な見た目と繊細な味が人気を呼び、江戸城や大名家の出前も任された。しかし戦前戦後に廃業・再建を経験。1984年に、8代目堀井良造さん(81)が新たに「更科堀井」の名で店を構えた。

 更科堀井では、そばの実から8%しかとれない芯の部分だけを使った更科粉を使う。純白のそばは、ほんのりと甘い。「明治時代、6代目の女将が東京・中野の製粉会社と共同で、より白いそばを追究したそうです」と、9代目の良教さん(56)。その伝統を守り、今も同じ製粉会社の粉を使う。

 2018年12月、ニューヨークに店を出す予定だ。「江戸の更科が、今度はニューヨーカーが毎日食べてくれるような食に育ったら」と良教さんは話す。

(文・写真 渡辺香)


◆東京都港区元麻布3の11の4(TEL03・3403・3401)。午前11時半~午後8時半(ラストオーダー)。7月30日~8月2日と年始休み。

(2018年4月13日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「街の十八番」の新着記事 一覧を見る
御菓子司 中里@駒込

御菓子司 中里@駒込

最中(もなか)は数あれど、皮をゴマ油で揚げた「揚最中」は珍しい。現在、店は家族5人で営む本店と大丸東京店の2店舗あるが、商品は全て本店で手作りされている。

湊屋 加藤畳店@品川

湊屋 加藤畳店@品川

北品川の北馬場参道通り商店街。戸を開け放った1階作業場をのぞくと、イグサを織った「表(おもて)」と「床(とこ)」を黙々と縫い付ける姿が見える。

ういろう@小田原

ういろう@小田原

店舗は小田原城の近く。棟や破風の多い八棟(やつむね)造りが特徴的だ。中では売り場が二つ並び、丸薬ういろう(透頂香(とうちんこう))と菓子のういろうが売られている。

江戸屋@日本橋

江戸屋@日本橋

東京スカイツリーが見える旧日光街道沿いに立つ木造2階建ての建物。1718(享保3)年、江戸刷毛(はけ)の専門店として初代の濱田利兵衛(りへえ)が創業したという。

新着コラム 一覧を見る
「香港麺 新記」のチャーシューつゆなし麺(香港麺)

おんなのイケ麺(めん)

福原美穂さん
「香港麺 新記」のチャーシューつゆなし麺(香港麺)

歌手活動のために札幌から東京に移り住んだのですが、東京にはアジア料理のお店がたくさんあって、その魅力にすぐ引き込まれました。

「パレスホテル東京 ザ パレス ラウンジ」のマロンシャンティイ

オトコの別腹

中村鶴松さん
「パレスホテル東京 ザ パレス ラウンジ」のマロンシャンティイ

このケーキを食べるために、七之助さんが連れて行ってくれました。僕の23歳の誕生日だった稽古の帰りで、誕生日ケーキの意味もあったのかな。

絵巻物 五島美術館

私のイチオシコレクション

絵巻物 五島美術館

物語や伝記を詞書(ことばがき)と絵で描いた絵巻物は、平安・鎌倉期に盛んに作られました。1960年開館の五島美術館は、古写経を好んだ実業家・五島慶太のコレクションを核に、書や陶磁など約5千件を所蔵していますが、中でも目玉の一つが国宝「源氏物語絵巻」。

「寿老人」/「南極寿星図」

美博ノート

「寿老人」/「南極寿星図」

今週は「寿老人」を描いた日本画2点を紹介する。寿老人とは、中国の伝説上の人物で、長寿を授ける神ともいわれる。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。