街の十八番

竹清堂@下高井戸

竹工芸の老舗に花も彩り

店に隣接する工房で作業する茂樹さん(左)と旭祥さん。棚に並ぶ瓶は竹ひごを染めるあかねやすおうなど草木染の材料

店に隣接する工房で作業する茂樹さん(左)と旭祥さん。棚に並ぶ瓶は竹ひごを染めるあかねやすおうなど草木染の材料

  • 店に隣接する工房で作業する茂樹さん(左)と旭祥さん。棚に並ぶ瓶は竹ひごを染めるあかねやすおうなど草木染の材料
  • 旭祥さんの作品「千筋組花籠 風紋」

 1907年の創業以来、竹工芸品の制作、販売を続ける。大正時代、青梅街道や甲州街道沿いには、農家や市場で使う籠などを売る竹細工の店が数多くあったという。

 九州や京都から仕入れたさらし竹から、作る物に合わせて材料となる竹ひごを取る。細いもので、厚さ0・2ミリ、幅0・3ミリ程。「一人前にひご取りできるまでに10年ほどかかります」と4代目の田中茂樹さん(38)。染色などの加工を施した後、手作業で編んでいく。完成まで、直径30センチ程の花籠で5日間、バッグは持ち手の取り付けなども含め1週間ほどだ。

 昨年改装した店内には、籠やカトラリーなどの日用品と共に、3代目の旭祥(きょくしょう)さん(70)の伝統工芸作品が並ぶ。2008年には紫綬褒章を受章、海外で個展も開く。「アートとして評価して頂けるのはうれしいこと」と旭祥さん。

 花の仕事をしていた茂樹さんの妻亜希子さんが加わり、花の販売も始めた。季節の花が来店者の心を和ませている。茂樹さんは「なんでもできるのがうちのよさ。時代にあわせて変化し続けています」

(文・写真 秦れんな)


 ◆東京都杉並区下高井戸3の1の2(TEL03・3304・3710)。午前9時~午後7時。(水)休み。真竹箸1620円、本煤竹菓子切り1500円など。

(2018年5月11日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「街の十八番」の新着記事 一覧を見る
金子屋@神奈川・伊勢原

金子屋@神奈川・伊勢原

神奈川県伊勢原市の大山(標高1252メートル)。大山阿夫利神社へ向かうこま参道の一角に金子屋がある。江戸時代中期から続く大山こまを扱う土産物店だ。

萬年堂本店@銀座

萬年堂本店@銀座

京都・寺町で1617(元和3)年に創業。「亀屋和泉」の屋号で、御所などに菓子を納めた。維新後の東京遷都に伴い1872(明治5)年、東京・八重洲に移転、今の屋号となった。

宮本卯之助商店@浅草

宮本卯之助商店@浅草

創業は文久元(1861)年。茨城・土浦で太鼓店を営んでいたとされ、当時の屋号「山城屋」の焼き印が今も残っている。

逸見(へんみ)織物@埼玉・秩父

逸見(へんみ)織物@埼玉・秩父

モダンな模様、安価で丈夫な生地。「大正ロマン」の代名詞とされる絹の平織物、銘仙は、女性の普段着の和服地に用いられ大流行した。

新着コラム 一覧を見る
銀色夏生さん(詩人)「ピクニックatハンギングロック」(1975年)

私の描くグッとムービー

銀色夏生さん(詩人)
「ピクニックatハンギングロック」(1975年)

20代の頃は1日に4本見た日もあるほど、映画はジャンルを問わず好きです。これはその頃、1986年の日本公開時に劇場で見た作品。独特の空気感が印象的で、今回ふっと頭に浮かびました。

ブームの卵

ブームの卵

8月10日 注目グッズ
「Bitatto it(ビタット イット)!」など

食事の時、うっかりお皿をひっくり返してしまったり、おかずをこぼしてしまったり……そんな悩みは、この「Bitatto it(ビタット イット)!」が解決。

「TANTO TANTO」のあーやスペシャルパスタ

おんなのイケ麺(めん)

平原綾香さん
「TANTO TANTO」のあーやスペシャルパスタ

もう15年のお付き合いです。レコーディングの合間に、お茶で利用したのが初めですね。カモミール茶を頼んだら、なぜか生ビールが出てきたんですよ。それがきっかけで、お店の方と仲良くなりました。

「TWO ROOMS」の70%ダークチョコレートタルト レザーウッドハニーアイスクリーム EVOO

オトコの別腹

レスリー・キーさん
「TWO ROOMS」の70%ダークチョコレートタルト レザーウッドハニーアイスクリーム EVOO

写真撮影が長くなった時などで、モチベーションを上げる原動力はチョコレート。手元に無かった時は、コンビニに買いに走るぐらい無くてはならない存在です。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。