街の十八番

平野工芸@日光

母娘2人つなぐ日光彫

並んで作業する平野秀子さん(右)と娘の央子さん

並んで作業する平野秀子さん(右)と娘の央子さん

  • 並んで作業する平野秀子さん(右)と娘の央子さん
  • 左からお盆5千円~、花皿4500円~、プレゼントとして人気の手鏡2万5千円。商品の購入は事前に電話で問い合わせを

 江戸時代、日光東照宮造営のために集められた大工や彫刻師たちが余技で始めたという日光彫。先がカギ状になった「ひっかき刀」を用いるのが特徴で、図案には東照宮の装飾に見られる牡丹(ぼたん)や菊、桜などが多く使われる。

 国道119号から1本入った静かな路地に、母娘で営む「平野工芸」がある。朝9時から午後7時ごろまで、時にはけんかをしながら2人並んで作業する。3代目の平野秀子さん(67)は「家業だったから、子育てをしながらも自然と技術を学べたんです」。

 50年ほど前まで、日光土産の定番は日光彫のお盆だった。旧日光市には木地師、塗師、彫刻師など日光彫に関わる職人ら約400人がいたが、現在は10人ほどという。

 東日本大震災を機に観光客が減少し、「平野工芸」は東照宮近くにあった店を閉めた。現在は注文生産のほか、各地の百貨店や物産展などの実演販売に出向く。

 娘の央子(ちかこ)さん(43)は、この道に入り約15年。「産業としては難しくても、一作家として技術を発信し続けていけたら」

(文・写真 秦れんな)


 ◆栃木県日光市御幸町640の5、自宅兼工房(TEL0288・54・1014)。午前9時~午後7時。東武日光駅。

(2017年11月10日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「街の十八番」の新着記事 一覧を見る
人形町志乃多寿司(しのだずし)總本店@人形町

人形町志乃多寿司(しのだずし)總本店@人形町

創業は1877(明治10)年。広島藩の江戸詰藩士だった初代吉益(よします)啓蔵が明治維新を機に、いなり寿司の屋台に転業。「明治座など芝居小屋周辺には飲食の屋台が並んでいたそうです」と5代目の吉益敬容(たかひろ)さん(46)。

蔓青園(まんせいえん)@さいたま市

蔓青園(まんせいえん)@さいたま市

さいたま市にある大宮盆栽村。地名は、1923年の関東大震災後、東京から移り住んだ盆栽業者たちが、この地を開拓したことにちなむ。

東作本店@稲荷町

東作本店@稲荷町

1783(天明3)年創業の釣り竿店。深川木場のタナゴ、品川沖のキスなど、江戸っ子の娯楽といえば釣りだった。

岩井つづら屋@人形町

岩井つづら屋@人形町

三味線屋などが並び風情ある甘酒横丁。店を構えたのは明治初期だ。中に入ると、漆科の植物から取った「カシュー漆」や柿渋などの独特のにおいがした。

新着コラム 一覧を見る
Animal 2012-01B 三沢厚彦作(東京都千代田区)

アートリップ

Animal 2012-01B 
三沢厚彦作(東京都千代田区)

高級ブランド店やオフィスビルが立ち並ぶ東京・丸の内仲通り。大きな白トラが、四つ足を踏ん張って歩道に立つ。近寄って金色の瞳をのぞき込むと、次の瞬間襲いかかってくるようで、ドキリとした。

茶道具【上】 MOA美術館

目利きのイチオシコレクション

茶道具【上】 MOA美術館

一服の茶を通じて、人の心と心を通わす茶の湯。亭主は掛け物や花など折々の趣向を凝らして茶室を設(しつら)え、茶碗(ちゃわん)から茶杓(ちゃしゃく)まで道具を組み、客をもてなします。MOA美術館の創設者・岡田茂吉氏も茶を嗜(たしな)みました。

三菱一号館美術館

気になる一品

三菱一号館美術館

ロートレックらの版画やポスターなどが並ぶ「パリ・グラフィック」展。ショップでは、ロートレック作品の一部をほぼ原寸大でプリントしたポーチを販売中だ。

千原徹也さん(アートディレクター) 「犬神家の一族」(1976年)

私の描くグッとムービー

千原徹也さん(アートディレクター)
「犬神家の一族」(1976年)

頭をかくとフケが出る。下駄(げた)を履いた飄々(ひょうひょう)としたキャラクターが魅力の名探偵金田一耕助が主人公です。時代は終戦直後。信州・犬神財閥の創始者、犬神佐兵衛の遺言と遺産をめぐり、屋敷周辺で起こる一族の殺人事件を追いかけます。

お知らせ(更新情報)

2018年カレンダープレゼント

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。