街の十八番

河野テーラー@福島市

縁起担ぎ 全行程を1人で

昨年の有馬記念で優勝して引退したキタサンブラックの勝負服を持つ河野さん。隣はディープインパクト

昨年の有馬記念で優勝して引退したキタサンブラックの勝負服を持つ河野さん。隣はディープインパクト

  • 昨年の有馬記念で優勝して引退したキタサンブラックの勝負服を持つ河野さん。隣はディープインパクト
  • 騎手の冬用のジャンパー。背の切れ込みには、破れ防止に革を縫い付ける

 1924(大正13)年創業の河野テーラーは、競馬の騎手が着る「勝負服」を手がける。福島競馬場が近い工房は、3代目河野正典さん(45)の祖父が、乗馬用ズボンを作る傍ら、勝負服を作ったことから始まった。2代目は元騎手で、引退後に会社を継ぎ、勝負服に特化させた。

 勝負服は、馬主が所有する馬を遠くから見分けるもの。日本中央競馬会の場合、色柄の規定が厳しく、馬主につき一つの登録で、似たものは作れない。一方、地方競馬は騎手によるデザインも可能で、赤地に白のハート柄を注文した女性騎手もいたという。

 現在の職人は3代目を含む3人。多くの人の手が入ると縁起が悪いという信念から、全ての工程を1人で担う。1人で1日2、3着を仕上げ、年間約1千着を生産。全国の半分のシェアを誇る。

 急な注文もあるが、断ったことはない。東日本大震災時に風評被害を受け、注文が激減した時、各地の関係者が支えてくれた。「誰かが困っている時に助けることで、恩返しがしたい」と河野さんはほほえんだ。

(文・写真 吉田愛)


 ◆福島市桜木町2の3(TEL024・534・2245)。午前9時~午後5時。(日)休み。福島駅からバス。

(2018年3月9日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「街の十八番」の新着記事 一覧を見る
根古屋(ねごや)窯@栃木・益子町

根古屋(ねごや)窯@栃木・益子町

ぽってりとした素朴な風合いが魅力の益子焼。最古の窯元である根古屋窯は、人里から少し離れた山のふもとにある。

日光湯波ふじや@日光

日光湯波ふじや@日光

精進料理の食材の一つとして「湯波(ゆば)」が古くから作られてきた日光の門前町に、ふじやはある。

東曜印房@平塚

東曜印房@平塚

旧東海道の宿場町、平塚。八王子道や中原往還などの脇街道が通ることから、交通の要衝として栄え、多くの商人が暖簾(のれん)を掲げた。

大川木工所@小田原

大川木工所@小田原

小田原から箱根に向かう旧東海道の近くに、小田原漆器の大川木工所がある。創業は1926(昭和元)年。代表の大川肇さん(61)は3代目だ。

新着コラム 一覧を見る
ブームの卵

ブームの卵

6月15日 注目グッズ
「目隠しセキュリティテープ 白」など

大切な書類をコピーやファクスするために、個人情報を一時的に隠したいときにおすすめなのが「目隠しセキュリティテープ 白(コピー・FAX用)」。

佐々木充彦さん(漫画家)「羊たちの沈黙」(1991年)

私の描くグッとムービー

佐々木充彦さん(漫画家)
「羊たちの沈黙」(1991年)

連続殺人犯を追うFBI実習生クラリスと、猟奇殺人鬼で元精神科医のレクター博士の奇妙な交流を描いた物語です。実は続編の「ハンニバル」を先に劇場で見て、何が面白いのか訳が分からなかったんですよ。

「パティシェ イナムラ ショウゾウ」の上野の山のモンブラン

オトコの別腹

中村歌昇さん
「パティシェ イナムラ ショウゾウ」の上野の山のモンブラン

モンブランといえばこれ、というくらい僕の「鉄板」です。高校生くらいの時に実家が上野の方に引っ越したので、誕生日ケーキに母がよく買ってきてくれました。高校生の頃から、10年くらい毎年これでした。

「永福食堂」のアラビアータ

おんなのイケ麺(めん)

仲川希良さん
「永福食堂」のアラビアータ

初めて食べたのは昨年末。お世話になっている雑誌の忘年会での締めのパスタでした。まず黒く焦げた唐辛子に驚いて、最初に感じたのは、アラビアータってこんなだっけ?とびっくりするくらいの香ばしさとうまみ。

☆新コラム☆

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。