街の十八番

うちわの太田屋@千葉・南房総

浴衣生地で再生 房州うちわ

店頭に立つ太田美津江さん。うちわ小サイズ(1512円~)

店頭に立つ太田美津江さん。うちわ小サイズ(1512円~)

  • 店頭に立つ太田美津江さん。うちわ小サイズ(1512円~)
  • 温めてしならせた竹を糸で編み、窓といわれるうちわ下部を作る「本窓」という作業

 千葉県・房総半島の南、緑豊かな里山に一軒の工房がたたずむ。房州うちわの伝統を守る太田屋だ。8畳の床は骨組みが山積みになっている。2~4月が最盛期だという。

 房州うちわは、国指定の伝統的工芸品で、丸亀うちわ、京うちわと並び、日本三大うちわの一つ。柄と扇部の骨は1本の竹からできている。

 4代目の太田美津江さん(66)は半島南部で採れる女竹(めだけ)を使い、他の専門職人の手を借りながら竹選別、もみ、穴あけなど21の工程を経て作る。元々は江戸うちわと称し江戸時代に江戸の地場産業として繁栄。だが明治から大正にかけ、原料の竹の産地、房州に職人が移住した。曽祖父が始めた太田屋もその一つ。戦後に父が引き継ぎ、父を手伝ううちに技を習得した。

 昭和30年代は年間約10万本作っていたが、扇風機の普及で注文が低迷。約20年後、浴衣の生地を貼った品を扱い始めると、人気が復活した。

 太田さんは今、障害者の作業所で週に1回講習を行う。「教え子たちが伝統工芸士になるまで元気でいたい」と話す。

(文・写真 石井広子)


 ◆千葉県南房総市富浦町多田良1193(TEL0470・33・2792)。午前9時~午後6時。不定休。富浦駅から車。

(2018年7月6日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「街の十八番」の新着記事 一覧を見る
篠原風鈴本舗@瑞江

篠原風鈴本舗@瑞江

江戸時代の中ごろ、長崎のビードロ師から江戸の町に伝わったとされるガラス製の風鈴。夏の風物詩、江戸川河川敷の花火大会で知られる江戸川区で風鈴をつくる篠原風鈴本舗は、初代が1915(大正4)年に東京・下谷で創業。

石井三太夫表具店@東上野

石井三太夫表具店@東上野

そこかしこに寺社が立つ東上野の一角に、1652(慶安5)年創業の石井三太夫表具店はある。

太田なわのれん@横浜

太田なわのれん@横浜

深さ1・5センチほどの鉄鍋で角切りの牛肉と江戸甘味噌(あまみそ)がぐつぐつ煮え、香ばしい匂いが広がった。仲居さんが手際よく、千住葱(ねぎ)や焼き豆腐などを加えていく。

根古屋(ねごや)窯@栃木・益子町

根古屋(ねごや)窯@栃木・益子町

ぽってりとした素朴な風合いが魅力の益子焼。最古の窯元である根古屋窯は、人里から少し離れた山のふもとにある。

新着コラム 一覧を見る
「スガキヤ」の特製ラーメン

おんなのイケ麺(めん)

渡辺美奈代さん
「スガキヤ」の特製ラーメン

名古屋圏では有名で、愛知県出身の私にとっては、ソウルフードのひとつ。和風とんこつのあっさりしたスープ、ツルリとしたのどごしのいい麺、そして、子どものお小遣いで食べに行ける価格帯。この三拍子が魅力です。

「BAKE CHEESE TART」の焼きたてチーズタルト

オトコの別腹

藤田貴大さん
「BAKE CHEESE TART」の焼きたてチーズタルト

僕は、小さい頃から本当に偏食で、甘い物やケーキも苦手。だけど最近、実は甘い物が好きなのかもしれない、と気づき始めたところなんです。

「ひとりでに編める ウット毛糸」

美博ノート

「ひとりでに編める ウット毛糸」

レイモン・サヴィニャック(1907~2002)が、仏のウット毛糸から依頼されたのは、ブランドのキャッチフレーズを広告ポスターにすること。

「ムクドリの飛行のように」 ダニエル・ビュレン作(東京都中央区)

アートリップ

「ムクドリの飛行のように」 
ダニエル・ビュレン作(東京都中央区)

見上げると、赤と青の対比が目に飛び込んできた。複合商業施設GINZA SIXの店舗中央を貫く吹き抜け空間に、2種のストライプの旗約1500枚がずらりと並ぶ。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。