読んでたのしい、当たってうれしい。

  • 「NO WHERE, NOW HERE.」~葛西亜理沙さんの街の写真たち(シリーズ第1回) 朝日新聞の金曜夕刊の新連載<PrintShot>は、朝日新聞紙面などで活躍する写真家たちの近作を数点ずつ紹介し、撮影の一瞬を記してもらう。2番目のシリーズは葛西亜理沙さんが街で撮った写真たちで、シリーズのタイトルは『NO WHERE, NOW HERE. 』。その第1回を、どうぞ。

    2022/01/07 更新


  • シリーズ「Attirance」~馬場磨貴さんの花の写真たち(第8回) 朝日新聞の金曜夕刊で11月に始まった新連載<PrintShot>。本紙でも活躍する写真家たちの近作を紹介し、撮影の一瞬を記してもらう。第1シリーズは馬場磨貴さんの花々の写真で、シリーズのタイトルは『 Attirance 』。フランス語で「魅了される」といった意味だ。8回目のシリーズ最終回は、桜の写真を。

    2021/12/27 更新


  • シリーズ「Attirance」~馬場磨貴さんの花の写真たち(第7回) 朝日新聞の金曜夕刊に11月にスタートした新連載<PrintShot>。本紙でも活躍する写真家たちの近作を数点ずつ紹介し、撮影の一瞬を記してもらう。最初のシリーズは馬場磨貴さんの花々の写真で全8回。シリーズのタイトルは『 Attirance 』。フランス語で「魅了される」といった意味だ。7回目はダリアの写真を。

    2021/12/27 更新


  • シリーズ「Attirance」~馬場磨貴さんの花の写真たち(第6回) 朝日新聞の金曜夕刊に11月から新連載<PrintShot>がスタート。本紙でも活躍する写真家たちの近作を数点ずつ紹介し、撮影の一瞬を記してもらう。最初のシリーズは馬場磨貴さんの花々の写真で全8回。シリーズのタイトルは『 Attirance 』。フランス語で「魅了される」といった意味だ。6回目はボタンの写真を。

    2021/12/27 更新


  • シリーズ「Attirance」~馬場磨貴さんの花の写真たち(第5回) 朝日新聞の金曜夕刊に11月にスタートした新連載<PrintShot>。本紙でも活躍する写真家たちの近作を数点ずつ紹介し、撮影の一瞬を記してもらう。最初のシリーズは馬場磨貴さんの花々の写真で、全8回のシリーズのタイトルは『 Attirance 』。フランス語で「魅了される」といった意味だ。その5回目は、二つのツバキの写真を。

    2021/12/24 更新


  • シリーズ「Attirance」~馬場磨貴さんの花の写真たち(第4回) 朝日新聞の金曜夕刊に11月から新連載<PrintShot>がスタート。本紙でも活躍する写真家たちの近作を数点ずつ紹介し、撮影の一瞬を記してもらう。最初のシリーズは馬場磨貴さんの花々の写真で、全8回の予定。シリーズのタイトルは『 Attirance 』。フランス語で「魅了される」といった意味だ。4回目は二輪の花の写真を。

    2021/12/17 更新


  • シリーズ「Attirance」~馬場磨貴さんの花の写真たち(第3回) 朝日新聞の金曜夕刊に11月から新連載<PrintShot>がスタート。本紙でも活躍する写真家たちの近作を数点ずつ紹介し、撮影の一瞬を記してもらう。最初のシリーズは馬場磨貴さんの花々の写真で、全8回の予定。シリーズのタイトルは『 Attirance 』。フランス語で「魅了される」といった意味だ。3回目は白いバラの花びらの写真を。

    2021/12/13 更新


  • シリーズ「Attirance」~馬場磨貴さんの花の写真たち(第2回) 朝日新聞の金曜夕刊に11月から新連載<PrintShot>がスタート。本紙でも活躍する写真家たちの近作を数点ずつ紹介し、撮影の一瞬を記してもらう。最初のシリーズは馬場磨貴さんの花々の写真で、全8回の予定。シリーズのタイトルは『 Attirance 』。フランス語で「魅了される」といった意味だ。2回目はバラの写真を。

    2021/11/22 更新


  • シリーズ「Attirance」~馬場磨貴さんの花の写真たち(全8回) プリント・ショット/シリーズ「Attirance」~馬場磨貴さんの花の写真たち

    2021/11/09 更新

次のページへ >