オトコの別腹

田原総一朗さん
「たねや」のたねや最中(もなか)

「たねや」のたねや最中(もなか)

「たねや」のたねや最中(もなか)

  • 「たねや」のたねや最中(もなか)
  • 田原総一朗さん

 僕は酒もたばこも一切やらない。好きにならなかった。けど、甘い物は昔から大好きなんですよ。朝食のあんパンと夕食後の田舎まんじゅうは、毎日欠かさない。討論番組「朝まで生テレビ!」(テレビ朝日系)の日も、番組明けに食べるあんパンを持参して行きます。

 僕は滋賀県の近江商人の末裔(まつえい)で、たねやは、その近江の菓子屋です。この最中は、お中元やお歳暮に贈っています。僕の甘党を知る人からいただくこともあって、僕にはちょっと贅沢(ぜいたく)な存在のお菓子だね。

 皮とあんが別々に包装されていて、自分で挟んで食べます。シンプルな皮に粒あん。これがあまり甘くないのがいいんだよね。ほどほどの甘さ。量もちょうどいい。

 長年、ジャーナリストをやっていますが、才能は全くないのにこの年まで続けてこられるのは、ただ好奇心が強いんですよ。取材が唯一の趣味。あらゆる人と会って話をするのが、面白くて楽しくてしょうがない。甘い物は、そんな僕のエネルギーの源だね。

 

◆大手百貨店のたねや店舗で販売。
 フリーダイヤル(TEL0120・295999)やファクス、インターネットでも購入可。
 箱入り6個1080円~。


 たはら・そういちろう ジャーナリスト。
 1934年生まれ。近著に「平成の重大事件 日本はどこで失敗したのか」(朝日新聞出版)、「AIで私の仕事はなくなりますか?」(講談社+α新書)。

(2018年8月24日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「オトコの別腹」の新着記事 一覧を見る
「MOMI&TOY’S」のばななチョコホイップ

森崎ウィンさん
「MOMI&TOY’S」のばななチョコホイップ

道行くときにクレープ屋を見つけると、食べたくなります。クレープの生地って普通は小麦粉ですけど、ここはアーモンド粉を使っているそうで、モチモチじゃなくてサクッとした食感。

「アテスウェイ」のフロマージュクリュ

佐藤オオキさん
「アテスウェイ」のフロマージュクリュ

「スイーツは1日に3個まで」と決めるほどの甘党です。中でもアテスウェイさんの大ファン。

「共楽堂」のひとつぶのマスカット

梶裕貴さん
「共楽堂」のひとつぶのマスカット

7年ほど前でしょうか。イベントの差し入れで初めていただいて、「なんておいしい食べ物なんだ!」と感動しました。

「TWO ROOMS」の70%ダークチョコレートタルト レザーウッドハニーアイスクリーム EVOO

レスリー・キーさん
「TWO ROOMS」の70%ダークチョコレートタルト レザーウッドハニーアイスクリーム EVOO

写真撮影が長くなった時などで、モチベーションを上げる原動力はチョコレート。手元に無かった時は、コンビニに買いに走るぐらい無くてはならない存在です。

新着コラム 一覧を見る
観光客をほっこり温める「癒やし系」

ご当地キャラ大集合

観光客をほっこり温める「癒やし系」

首都圏周辺のご当地キャラクターを紹介する「ご当地キャラ大集合」。第5回は神奈川県箱根町・強羅の「ごうらん」です。

「花を摘む男女」

美博ノート

「花を摘む男女」

戦前~1980年代、愛知県瀬戸市は欧米輸出用の陶磁の置物や装飾品「ノベルティ」の一大産地で、最盛期には300社以上の工房が腕を競った。本展は戦後以降に作られた約250点で、その魅力を紹介する。

横浜市歴史博物館

気になる一品

横浜市歴史博物館

原始から現代の暮らしを紹介する横浜市歴史博物館。ショップでは、脱力系のキュートさが漂う「手づくり 顔面把手(とって)」を販売する。

The Secret Pond(秘密の池) ルーディ・キスラー作(長崎県・福江島)

アートリップ

The Secret Pond(秘密の池) 
ルーディ・キスラー作(長崎県・福江島)

長崎・五島列島の福江島。空港から島随一の絶景地・大瀬崎灯台へと、玉之浦湾の入り江を見下ろす山あいの道を車で向かう。ふいに木々が途切れた場所で眼下を見やると、不思議な風景が目に飛び込んできた。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。