オトコの別腹

田原総一朗さん
「たねや」のたねや最中(もなか)

「たねや」のたねや最中(もなか)

「たねや」のたねや最中(もなか)

  • 「たねや」のたねや最中(もなか)
  • 田原総一朗さん

 僕は酒もたばこも一切やらない。好きにならなかった。けど、甘い物は昔から大好きなんですよ。朝食のあんパンと夕食後の田舎まんじゅうは、毎日欠かさない。討論番組「朝まで生テレビ!」(テレビ朝日系)の日も、番組明けに食べるあんパンを持参して行きます。

 僕は滋賀県の近江商人の末裔(まつえい)で、たねやは、その近江の菓子屋です。この最中は、お中元やお歳暮に贈っています。僕の甘党を知る人からいただくこともあって、僕にはちょっと贅沢(ぜいたく)な存在のお菓子だね。

 皮とあんが別々に包装されていて、自分で挟んで食べます。シンプルな皮に粒あん。これがあまり甘くないのがいいんだよね。ほどほどの甘さ。量もちょうどいい。

 長年、ジャーナリストをやっていますが、才能は全くないのにこの年まで続けてこられるのは、ただ好奇心が強いんですよ。取材が唯一の趣味。あらゆる人と会って話をするのが、面白くて楽しくてしょうがない。甘い物は、そんな僕のエネルギーの源だね。

 

◆大手百貨店のたねや店舗で販売。
 フリーダイヤル(TEL0120・295999)やファクス、インターネットでも購入可。
 箱入り6個1080円~。


 たはら・そういちろう ジャーナリスト。
 1934年生まれ。近著に「平成の重大事件 日本はどこで失敗したのか」(朝日新聞出版)、「AIで私の仕事はなくなりますか?」(講談社+α新書)。

(2018年8月24日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「オトコの別腹」の新着記事 一覧を見る
「3doo(サンドウ)」のジェラート(ベルガモット紅茶&ベリーチップ)

田川隼嗣さん
「3doo(サンドウ)」のジェラート(ベルガモット紅茶&ベリーチップ)

新しいもの好きの性格なので、チョコレートとか王道のものは、つい外したくなっちゃって。それなら、紅茶味にいってみようと思ったのがきっかけ。

片岡亀蔵さん 「新門前 米村」のよねむらオリジナルクッキー

片岡亀蔵さん
「新門前 米村」のよねむらオリジナルクッキー

チーズ胡椒には、口に入れた瞬間いい意味で裏切られた。クッキーのセットなのにこれだけ甘くないんだよね。思わずもう一枚手が伸びた。

「パティスリーアノー」の宿プリン

中野量太さん
「パティスリーアノー」の宿(しゅく)プリン

家から行きやすいおいしいケーキ屋さんを探していて見つけたお店です。プリンは有名店も含めていろいろ食べてきたけど、ここのは絶品。

「アヴランシュ・ゲネー」のショコラトラディショネル

澤野弘之さん
「アヴランシュ・ゲネー」のショコラトラディショネル

劇伴作曲ってドラマだったりアニメだったり、1作品に対して何十曲も作るんです。

新着コラム 一覧を見る
竹内浩一さん(日本画家) 「牛の鈴音」(2008年)

私の描くグッとムービー

竹内浩一さん(日本画家)
「牛の鈴音」(2008年)

韓国農村部の四季の中で、79歳の寡黙な農夫と、老いた一頭の牛との生活を淡々と撮影したドキュメンタリーです。

ブームの卵

ブームの卵

7月19日 注目グッズ
「Pen」など

手に持つとひんやり冷たくて独特な手触り、心地よい重量感……。「Pen」は、ペン軸がコンクリート製のボールペンなんだ。

「辛麺 華火」の辛麺

おんなのイケ麺(めん)

森七菜さん
「辛麺 華火」の辛麺

辛党です。甘いものも好きですけど、あんまり食べ続けられなくて。でも、辛いものは無限に食べられるんです。

国立科学博物館

気になる一品

国立科学博物館

特設ショップでは、国宝絵巻「鳥獣人物戯画」から着想を得た「恐竜人物戯画」シリーズの豆皿(直径約10センチメートル、計3種)が販売中だ。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。