オトコの別腹

田原総一朗さん
「たねや」のたねや最中(もなか)

「たねや」のたねや最中(もなか)

「たねや」のたねや最中(もなか)

  • 「たねや」のたねや最中(もなか)
  • 田原総一朗さん

 僕は酒もたばこも一切やらない。好きにならなかった。けど、甘い物は昔から大好きなんですよ。朝食のあんパンと夕食後の田舎まんじゅうは、毎日欠かさない。討論番組「朝まで生テレビ!」(テレビ朝日系)の日も、番組明けに食べるあんパンを持参して行きます。

 僕は滋賀県の近江商人の末裔(まつえい)で、たねやは、その近江の菓子屋です。この最中は、お中元やお歳暮に贈っています。僕の甘党を知る人からいただくこともあって、僕にはちょっと贅沢(ぜいたく)な存在のお菓子だね。

 皮とあんが別々に包装されていて、自分で挟んで食べます。シンプルな皮に粒あん。これがあまり甘くないのがいいんだよね。ほどほどの甘さ。量もちょうどいい。

 長年、ジャーナリストをやっていますが、才能は全くないのにこの年まで続けてこられるのは、ただ好奇心が強いんですよ。取材が唯一の趣味。あらゆる人と会って話をするのが、面白くて楽しくてしょうがない。甘い物は、そんな僕のエネルギーの源だね。

 

◆大手百貨店のたねや店舗で販売。
 フリーダイヤル(TEL0120・295999)やファクス、インターネットでも購入可。
 箱入り6個1080円~。


 たはら・そういちろう ジャーナリスト。
 1934年生まれ。近著に「平成の重大事件 日本はどこで失敗したのか」(朝日新聞出版)、「AIで私の仕事はなくなりますか?」(講談社+α新書)。

(2018年8月24日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「オトコの別腹」の新着記事 一覧を見る
「銀座 立田野」の立田野あんみつ

木場勝己さん
「銀座 立田野」の立田野あんみつ

子どもの頃、祖母が火鉢であんこを煮てくれました。それをお汁粉にしたり、おはぎにしたりと、あんこは家で食べる物だったんです。

「創作菓子の店 ヴィヨン」のカットクーヘン

吉田玉男さん
「創作菓子の店 ヴィヨン」のカットクーヘン

お酒は飲まない甘党です。バウムクーヘンって、普通はもう少し軟らかいですよね。これはカチッとしていて崩れないし、水なしで食べられるほどしっとりしています。

「patisserie LA VIE DOUCE(パティスリー ラ ヴィ ドゥース)」のラヴィ・バニラサンド

向井康介さん
「patisserie LA VIE DOUCE(パティスリー ラ ヴィ ドゥース)」
のラヴィ・バニラサンド

甘党じゃないけど「さぁ書きはじめるか」って時に、コーヒーをいれて、甘いものを食べるんです。ちまたの「甘いものは脳を活性化させる」という説が、刷り込まれているのかも。

「銀座甘楽(かんら)」の豆大福(つぶあん)

米村でんじろうさん
「銀座甘楽(かんら)」の豆大福(つぶあん)

全国各地でサイエンスショーを行っています。これは、新幹線で出かける時の旅のお供、駅弁とセットで購入します。

新着コラム 一覧を見る
シャンプーハット こいでさん(芸人) 「レナードの朝」(1990年)

私の描くグッとムービー

シャンプーハット こいでさん(芸人)
「レナードの朝」(1990年)

この物語は、脳神経科医オリバー・サックスの回想録が基になっています。

「スパ吉」の明太子(めんたいこ)とウニとイカのバター風味

おんなのイケ麺(めん)

花澤香菜さん
「スパ吉」の明太子(めんたいこ)とウニとイカのバター風味

学生の頃はお仕事と学業の両立で、頑張った日は「自分にご褒美」って、スパ吉に行っていました。本当においしいんです。

タブレット純の「昭和歌謡に恋した私」

タブレット純の「昭和歌謡に恋した私」

<上> ムード歌謡・ロシア民謡編

歌手でお笑い芸人のタブレット純さんが、自身のエピソードを交えながら昭和歌謡の魅力を紹介します。

西村千太郎「納屋橋風景」

美博ノート

西村千太郎「納屋橋風景」

名古屋市美術館は、地元を中心に東海地方にゆかりのある作家の作品も収集している。本作は、同市出身の洋画家・西村千太郎(1907~94)の風景画。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。