私の描くグッとムービー

三遊亭兼好さん(落語家) 「運動靴と赤い金魚」(1997年) 

三遊亭兼好さん(落語家)
「運動靴と赤い金魚」(1997年) 

2020/01/24 更新

ゲラゲラと笑って見るのが好きな人間でしてね。でも、この映画は私が28歳で入門して間もない頃かな、妻がDVDで借りてきたのを一緒に見て、幼い兄妹と家族の温かさに胸を打たれた作品です。

丸山誠司さん(絵本作家)「Pina ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」(2011年)

丸山誠司さん(絵本作家)
「Pina ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」(2011年)

2020/01/17 更新

ドイツの舞踊団を率いた振付家で舞踊家のピナ・バウシュを、この映画で知りました。

「雪之丞変化」(1963年)

小田桐昭さん(クリエーティブディレクター)
/「雪之丞変化」(1963年)

2020/01/10 更新

電通に入ってCM(コマーシャルメッセージ)の作法を手探りで考えていたころに公開された映画です。時間を省略して表現する「時間のデザイン」という観点で刺激の多い作品だったのでよく覚えています。

「夜行列車」(1959年)

菊地信義さん(装幀家)
「夜行列車」(1959年)

2019/12/27 更新

夏の週末、ポーランドの首都ワルシャワからバルト海沿岸の避暑地へ、様々な男と女の人間模様を乗せて向かう夜行列車。若い男との恋の始末に旅へ出た主人公のマルタは、手術中の患者の死にさいなまれ列車に飛び乗った医師のイエジーと、偶然、1等車のコンパートメントに乗り合わせます。

「赤ひげ」(1965年)

中村好文さん(建築家)
「赤ひげ」(1965年)

2019/12/20 更新

黒澤映画は若い頃からよく見ていました。映画そのものも好きですが、映画の作られ方にとても興味がありますね。

河内遙さん(漫画家)「ギター弾きの恋」(1999年)

河内遙さん(漫画家)
「ギター弾きの恋」(1999年)

2019/12/13 更新

中学の頃から追いかけ始めたウディ・アレン作品の中でもシンプルな物語です。

金子富之さん(日本画家)「孔雀王」(1988年)

金子富之さん(日本画家)
「孔雀王」(1988年)

2019/12/06 更新

希望を頂いた映画です。大人の世界に魅力を感じられず、どうやって生きるか悩んでいた10歳ごろに見て、こんなに面白い世界観があるのかと。

ニシワキタダシさん(イラストレーター) 「ペーパー・ムーン」(1973年)

ニシワキタダシさん(イラストレーター)
「ペーパー・ムーン」(1973年)

2019/11/29 更新

1930年代、大恐慌の頃のアメリカが舞台。

広瀬克也さん(絵本作家)「トキワ荘の青春」(1996年)

広瀬克也さん(絵本作家)
「トキワ荘の青春」(1996年)

2019/11/22 更新

封切りされてすぐ、妻と娘と一緒に見に行きました。パンフレット、今も大事にしています。

荒井真紀さん(絵本作家)「シザーハンズ」(1990年)

荒井真紀さん(絵本作家)
「シザーハンズ」(1990年)

2019/11/15 更新

両手がはさみになっている人造人間が主人公なので、最初はびっくりしました。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。