私の描くグッとムービー

金子富之さん(日本画家)「孔雀王」(1988年)

金子富之さん(日本画家)
「孔雀王」(1988年)

2019/12/06 更新

希望を頂いた映画です。大人の世界に魅力を感じられず、どうやって生きるか悩んでいた10歳ごろに見て、こんなに面白い世界観があるのかと。

ニシワキタダシさん(イラストレーター) 「ペーパー・ムーン」(1973年)

ニシワキタダシさん(イラストレーター)
「ペーパー・ムーン」(1973年)

2019/11/29 更新

1930年代、大恐慌の頃のアメリカが舞台。

広瀬克也さん(絵本作家)「トキワ荘の青春」(1996年)

広瀬克也さん(絵本作家)
「トキワ荘の青春」(1996年)

2019/11/22 更新

封切りされてすぐ、妻と娘と一緒に見に行きました。パンフレット、今も大事にしています。

荒井真紀さん(絵本作家)「シザーハンズ」(1990年)

荒井真紀さん(絵本作家)
「シザーハンズ」(1990年)

2019/11/15 更新

両手がはさみになっている人造人間が主人公なので、最初はびっくりしました。

ますこえりさん(イラストレーター) 「ジョゼと虎と魚たち」(2003年) 

ますこえりさん(イラストレーター)
「ジョゼと虎と魚たち」(2003年) 

2019/11/08 更新

田辺聖子さんの短編小説が原作です。平凡な大学生の恒夫と、足が不自由で祖母が押す乳母車に人目を忍ぶように乗る少女ジョゼの恋愛物語。

町田ヒロチカさん(イラストレーター)
「トワイライトゾーン 超次元の体験」
(1983年)

2019/11/01 更新

1959年~60年代前半にアメリカで放送されたSFテレビシリーズの映画版です。プロローグの後に「チャラリラチャラリラ」という怪しげなテーマ曲とナレーションが流れ、四つのストーリーが始まります。

東直子さん(歌人・作家)「いつか読書する日」(2004年)

東直子さん(歌人・作家)
「いつか読書する日」(2004年)

2019/10/25 更新

朝は牛乳配達、昼はスーパーで働く50歳の大場美奈子という独身女性が主人公の恋愛映画です。高校生の時、好きだった同級生・高梨槐多の父と自分の母が不倫をしていて、交通事故で2人とも一緒に死んでしまったという過去を抱えながら、今も同じ町で静かに暮らしています。

かけひさとこ さん(絵本作家)「勝手にふるえてろ」(2017年)

かけひさとこ さん(絵本作家)
「勝手にふるえてろ」(2017年)

2019/10/18 更新

主人公のヨシカは他人とコミュニケーションがうまく取れず、妄想癖があって、24歳になっても脳内で中学生の頃の同級生「イチ」に恋をしているんです。

山田参助さん(漫画家)「本日休診」(1952年)

山田参助さん(漫画家)
「本日休診」(1952年)

2019/10/11 更新

戦後まもなく医院を再開した町医者の先生と周りの人々を描いた群像劇。たまの休診日なのに急患が続々とやってきたり往診に呼ばれたり

後藤美和さん(イラストレーター)「レジェンド 狂気の美学」(2015年)

後藤美和さん(イラストレーター)
「レジェンド 狂気の美学」(2015年)

2019/10/04 更新

映画の舞台となったロンドンと、公開当時、私が住んでいたダブリン。どんよりとしたグレーの空と街の雰囲気が重なる。親近感が湧いた映画でした。

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。