オトコの別腹

米村でんじろうさん
「銀座甘楽(かんら)」の豆大福(つぶあん)

「銀座甘楽(かんら)」の豆大福(つぶあん)

「銀座甘楽(かんら)」の豆大福(つぶあん)

  • 「銀座甘楽(かんら)」の豆大福(つぶあん)
  • 米村でんじろうさん

 全国各地でサイエンスショーを行っています。これは、新幹線で出かける時の旅のお供、駅弁とセットで購入します。長時間の移動中の楽しみは、もっぱら食事。これは、皮のやわらかさと、豆のアクセント、甘さ控えめなバランスがいいですね。

 私が子どものころの甘い物の代表とといえばあんこです。里山に住み、自給自足の生活をしていたので、小豆も作っていました。祖母が小豆をふつふつと煮て、あんこ入りのもちを手作りしていた姿を覚えています。豊かな自然に囲まれて育ったので、フキの葉をコップにして遊んだり、川の魚を観察したり……。当時の記憶がよみがえりますね。いつもなつかしくいただいています。

 私はよく、静電気の実験をイベントなどで行いますが、体に電気が流れると子どもは目を輝かすんです。子ども時代の好奇心をくすぐる体験は、舌の記憶と同じように、心に残るもの。それは、これからの人生の栄養になるんです。今日も各地を行脚して、科学の楽しさを伝えています。

 

◆銀座本店 東京都中央区銀座6の2番先(TEL03・3573・2225)。
 206円。
 午前10時~午後9時((日)(祝)は7時まで)。


 よねむら・でんじろう 
 ユニークな実験で知られるサイエンスプロデューサー。全国各地で教育とエンターテインメントを融合させたサイエンスショーを開催。

(2018年10月26日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「オトコの別腹」の新着記事 一覧を見る
「銀座 立田野」の立田野あんみつ

木場勝己さん
「銀座 立田野」の立田野あんみつ

子どもの頃、祖母が火鉢であんこを煮てくれました。それをお汁粉にしたり、おはぎにしたりと、あんこは家で食べる物だったんです。

「創作菓子の店 ヴィヨン」のカットクーヘン

吉田玉男さん
「創作菓子の店 ヴィヨン」のカットクーヘン

お酒は飲まない甘党です。バウムクーヘンって、普通はもう少し軟らかいですよね。これはカチッとしていて崩れないし、水なしで食べられるほどしっとりしています。

「patisserie LA VIE DOUCE(パティスリー ラ ヴィ ドゥース)」のラヴィ・バニラサンド

向井康介さん
「patisserie LA VIE DOUCE(パティスリー ラ ヴィ ドゥース)」
のラヴィ・バニラサンド

甘党じゃないけど「さぁ書きはじめるか」って時に、コーヒーをいれて、甘いものを食べるんです。ちまたの「甘いものは脳を活性化させる」という説が、刷り込まれているのかも。

「いなみや菓子店」のバナナ最中

和嶋慎治さん
「いなみや菓子店」のバナナ最中

洋菓子より断然、和菓子が好きです。バナナ最中(もなか)は、親戚や親の知り合いが気軽に持ってくるお菓子で、子どもの頃から身近にありました。

新着コラム 一覧を見る
シャンプーハット こいでさん(芸人) 「レナードの朝」(1990年)

私の描くグッとムービー

シャンプーハット こいでさん(芸人)
「レナードの朝」(1990年)

この物語は、脳神経科医オリバー・サックスの回想録が基になっています。

「スパ吉」の明太子(めんたいこ)とウニとイカのバター風味

おんなのイケ麺(めん)

花澤香菜さん
「スパ吉」の明太子(めんたいこ)とウニとイカのバター風味

学生の頃はお仕事と学業の両立で、頑張った日は「自分にご褒美」って、スパ吉に行っていました。本当においしいんです。

タブレット純の「昭和歌謡に恋した私」

タブレット純の「昭和歌謡に恋した私」

<上> ムード歌謡・ロシア民謡編

歌手でお笑い芸人のタブレット純さんが、自身のエピソードを交えながら昭和歌謡の魅力を紹介します。

西村千太郎「納屋橋風景」

美博ノート

西村千太郎「納屋橋風景」

名古屋市美術館は、地元を中心に東海地方にゆかりのある作家の作品も収集している。本作は、同市出身の洋画家・西村千太郎(1907~94)の風景画。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。