オトコの別腹

白石和彌さん
「黒松本舗草月」の黒松

「黒松本舗草月」の黒松

「黒松本舗草月」の黒松

  • 「黒松本舗草月」の黒松
  • 白石和彌さん

 生地が変わっているんですよ。ふわふわしていて、カステラっぽい。ハチミツが少し入っていて、食べるとエネルギーが出る気がする。あんこはカッチリしすぎず、量も甘さも控えめ。大きさもちょうど良い。保存料は使っていないそうです。今まで食べたどら焼きの中で一番おいしいと思っています。

 僕はこれを撮影現場に差し入れすることが多くて、最新作「ひとよ」の現場でも皆から好評でした。行きしなにデパートで買うんじゃなくて、朝一で東十条にあるお店へ行って、並んで買う。この行為がなんか良い。お店はいつ行っても繁盛しています。僕みたいに何十個と買う人もいれば、少しだけ買う人もいて。「近所の人なのかな」「毎朝2個だけ買いに来ているのかな」。そんな風に想像しながら待つ時間も楽しいんです。

 普段からよく料理をします。家にお客さんが来るときは、何か作ろうと築地まで食材を買いに行くこともありますよ。僕は予算の上限を決めない料理が好きで、高いものばかり買ってくるから、家族に怒られちゃうこともあるんですけどね。

 ◆東京都北区東十条2の15の16(問い合わせは03・3914・7530)。
 129円。
 午前9時~午後7時。
 原則(火)休み。


 しらいし・かずや 映画監督。
 1974年生まれ。代表作に「凶悪」「孤狼の血」「日本で一番悪い奴ら」など。佐藤健主演の最新作「ひとよ」が8日から全国公開。

(2019年11月7日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「オトコの別腹」の新着記事 一覧を見る
「アンリ・シャルパンティエ」のいちごのタルト

津田健次郎さん
「アンリ・シャルパンティエ」のいちごのタルト

甘いものはよく食べますが、銘柄まではあんまり覚えていないんですよ。でも、アンリは別格。このタルトはとても好きですね。

「山崎製パン」のまるごとバナナ

浅香航大さん
「山崎製パン」のまるごとバナナ

うちの家族は甘い物好きで、僕が学生の頃は夕飯の後によくお菓子を並べて「お菓子パーティー」をしていました。その中に必ずあったのがまるごとバナナ。

「一幸庵」のわらび餅

中村梅丸さん
「一幸庵」のわらび餅

4歳ごろまで一幸庵さんの近所に住んでいました。家族で食後に頂くことがあって、今もこれを食べると、懐かしい気持ちになります。

「パティシエ ショコラティエ イナムラ ショウゾウ」のサバラン

中野裕通さん
「パティシエ ショコラティエ イナムラ ショウゾウ」のサバラン

さっと焼き上げた生地の間にさっぱりとしたカスタードをはさんだだけのシンプルな作り。他の店ではフルーツを乗せたりしていますが、そういう飾りが一切ない。こびていないんですよね。

新着コラム 一覧を見る
「ゴリアテの首を持つダヴィデ」

美博ノート

「ゴリアテの首を持つダヴィデ」

人々の感情を揺さぶる生々しい表現で名声を博したイタリアの画家カラバッジョは、斬首をモチーフにした作品が多い。ついには本作で自身の生首を描いた。

数理模型 インターメディアテク

私のイチオシコレクション

数理模型 インターメディアテク

数理模型とは、数学の数式で表される領域を石膏などで立体化したもの。19世紀後半~20世紀初頭、主にドイツのマルチン・シリング社が制作し、数学の教材として用いられました。

五島美術館

気になる一品

五島美術館

日本と東洋の古美術を中心に紹介する五島美術館では、所蔵品を模した20センチ四方弱の「リアルモチーフタオル」(写真、全3種、各1100円)を販売中だ。

光屛風(紅) 吉岡幸雄(さちお)作(千葉県成田市)

アートリップ

光屏風(紅)
吉岡幸雄(さちお)作(千葉県成田市)

手荷物を持った乗客が次々とやって来た。成田空港第2ターミナルビル。外国人や、帰国した日本人が機内から降り立ち、初めて眺める空間に「光屏風」はある。日本の伝統工芸品が並ぶ約500メートルの到着コンコースの両端に、「藍」と「紅」の屏風が2隻飾られている。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。