読んでたのしい、当たってうれしい。

オトコの別腹

川畑要さん
「京菓子司 満月」の阿闍梨(あじゃり)餅

「京菓子司 満月」の阿闍梨餅
「京菓子司 満月」の阿闍梨餅
「京菓子司 満月」の阿闍梨餅 川畑要さん

 普段は甘い物を買わない方ですが、ライブで京都を訪れた時に「阿闍梨餅」だけは買って帰ります。指で触るとそのまま形が残るような、「阿闍梨餅」ならではのもちもちっとした食感が好きなんです。粒あんの小豆の味もしっかりあって、甘すぎないから2、3個はいけちゃう。自分用だけじゃなく、人にあげてもみんなに喜んでもらえる京都土産です。

 小さいころはいちご大福や水ようかんが好きで、地元の亀有(東京都葛飾区)にある和菓子屋によく通っていました。今でも帰る度にその店に行って、磯辺だんごやみたらしだんごを食べていますね。

 ボーカリストだからといって、のどのために食べ物に気をつけたりは全くしていないんです。考えすぎて制限すると逆に弱くなる気がするし、自然体が一番いい。好きなものを食べてもキックボクシングで体を動かして適度に筋肉をつけているので、体重はデビュー当時からほとんど変わっていません。

 歌う姿以外の素の自分も知ってもらえたらと、2年ほど前にYouTubeチャンネル「KKTV」を開設しました。瑛人さんの「香水」を「歌ってみた」動画では、地元のラーメン屋でのいつも通りの食事風景と合わせたものもありますよ。

 ◆本店 京都市左京区鞠小路通り今出川上ル(問い合わせは0120・24・7373)。
 1個119円、10個(箱入り)1296円。
 午前9時~午後6時。
 (水)不定休。
 電話や東京、大阪、名古屋などの百貨店で購入可。

 「阿闍梨餅」公式ページ
 http://www.ajyarimochi.com/a_ajarimochi.html


 かわばた・かなめ
 2001年にCHEMISTRYとしてデビュー。12年から並行してソロ活動開始。6月10日に東京・LINE CUBE SHIBUYAで、アーティストが多数出演する自身主宰のライブ「black box party」を開催。

(2022年5月19日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

オトコの別腹の新着記事

  • 竹内薫さん
    「ありあけ」の横濱ハーバー
    原稿で行き詰まった際などに、甘いものを食べることが多いです。脳は糖分を栄養源とするので、甘いものを食べると短時間でエンジンがかかりますよね。

  • 北村薫さん
    鶴牧煎餅(せん・べい)店 しょうゆ煎餅
    埼玉県内の日光街道沿いには六つの宿場町があり、せんべいで有名な草加宿だけでなく、ここ杉戸宿を含め、宿場ごとにおせんべい屋があったものです。私の育った杉戸宿には、鶴牧煎餅店があります。

  • 高橋弘樹さん
    「ふわり」の和栗モンブランかき氷
    人形町って名店がいっぱいあるじゃないですか。家からも近くて、よく自転車で街をふらふらしてお店を探すのが好きで。このお店は、去年の月にオープンしてすぐの頃にたまたま見つけて、入ってみたらすごくおいしかったんですよ。

  • 桃月庵白酒さん
    「ACHO神楽坂」のプリン
    東京・神楽坂に住んでいた当時、いつも通る道は決まっていたんです。その日は、仕事で自転車で矢来町の新潮社に行った帰りがけ、ふと、故・志ん朝師匠のお宅は今どうなってるかな? ちょっと行ってみようと思って、住宅街に入っていったらこのお店があったんです。

新着コラム