読んでたのしい、当たってうれしい。

オトコの別腹

成田悠輔さん
「梅園(うめぞの)」のあわぜんざい

「梅園」のあわぜんざい
「梅園」のあわぜんざい
「梅園」のあわぜんざい 成田悠輔さん

 和菓子って日本が生み出したジャンクフードだと思うんです。にもかかわらず、日本文化を表したかのように、澄ました表情でいかにもお高くとまった雰囲気を醸し出している。あの裏表のある感じがいい。

 あわぜんざいが好きですね。きび餅の上にあんこがかかってて、主食的な感じでも食べられる。我を忘れたいときに食べます。わーっと血糖値が上がって、ぼーっと思考停止できるじゃないですか。あわぜんざいに限らず、小豆や黒蜜の甘さも好きです。

 「梅園」は、浅草と日本橋だと店内でも食べられるお店があるし、ほかにも色んな駅に販売店もあって買いに行きやすいんですよね。

 日本の文化を考える場合、クールジャパンみたいに海外にも評価されたり、理解されたりするようなことを誇りがちじゃないですか。だけど、本当の文化ってその土地にしかない固有のものなので、外部の人には理解しがたいものだと思うんですよ。

 日本に来た外国人に聞くと、豆と砂糖を煮たものを食べるというのが、とくに欧米の人からするとただの謎らしい。そういう意味で、和菓子は世界に理解されていない日本の文化で、だからこそ愛すべきもの。もっと目を向けていいんじゃないかって。

 ◆浅草本店 東京都台東区浅草1の31の12(電話03・3841・7580)。792円。[前]10時~[後]5時([土][日][祝]は6時まで)。無休。同店と髙島屋日本橋本店内で提供するほか、冬季のみ販売店でも扱う。


  なりた・ゆうすけ 経済学者、米イエール大学助教授。半熟仮想株式会社代表。専門はデータとアルゴリズム、ポエムを使ったビジネスや公共政策の想像とデザイン。近著に「22世紀の民主主義」(SB新書)。

梅園
https://www.asakusa-umezono.co.jp/

(2022年9月1日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

オトコの別腹の新着記事

  • 河合敦さん
    「港常」のあんずちゃん
     小学4年生のころ、塾が終わるとみんなで自転車に乗ってよく立ち寄ったのが駄菓子屋。マンガを立ち読みして、このあんずちゃんを買っていました。水あめの甘さとアンズのほどよい酸っぱさがおいしかった。勉強で疲れた頭によかったのかも。大人になって、たまに思い出しては食べたくなって、駄菓子屋をのぞいていました。駄菓子屋が減った40代後半からは、年に何回かネットで箱買いをしています。

  • 蒲田健さん
    「常乃菓舎(ときのかしゃ)」のモンブラン
    僕の地元、たまプラーザ周辺はスイーツ激戦区。2021年にお店がオープンした時は心配していましたが、家族で試しに食べてみたところ、そのおいしさに一同驚愕(きょう・がく)。

  • 小堺翔太さん
    「トップス」のチョコレートケーキ
    小学校低学年の頃からずっと、誕生日には必ずこのケーキを食べています。東京・赤坂の旧TBS会館にお店があった頃、チョコレートが好きな僕に、父(小堺一機さん)が買ってきてくれました。

  • 岩永洋昭さん
    「福田屋本舗」のカステラ
    今は亡きおじさんと過ごした時間や、地元にいた日々を思い出す、変わらない思い出の味です。

新着コラム