私の描くグッとムービー

天久聖一さん(漫画家) 「エル・トポ」(1970年)

天久聖一さん(漫画家)
「エル・トポ」(1970年)

2020/05/15 更新

カルト映画と言えば「エル・トポ」というくらいのザ・カルト。学生時代からそういう類いのものへの憧れはあったけど、地方だからレンタルビデオ屋にそんなレアな映画は置いていなかった。

六平直政さん(俳優)<br>/「BROTHER」(2000年)

六平直政さん(俳優)
/「BROTHER」(2000年)

2020/05/08 更新

かねてから大ファンの北野武監督作品に初めて参加したのが、この「BROTHER」でした。

福田利之さん(イラストレーター)<br>「ロスト・イン・トランスレーション」(2003年)

福田利之さん(イラストレーター)
「ロスト・イン・トランスレーション」(2003年)

2020/04/24 更新

家庭に不和を抱えるおじさんの俳優が、CMの仕事で訪れた日本。同じホテルに滞在していた若い女性と出会います。

鈴木のりたけさん(絵本作家)<br>「LIFE!/ライフ」(2013年)

鈴木のりたけさん(絵本作家)
「LIFE!/ライフ」(2013年)

2020/04/17 更新

数多くの報道写真家が作品を発表した米国のフォト・ジャーナリズム雑誌「ライフ」。

座二郎さん(通勤漫画家)<br>「大砲の街」(1995年)

座二郎さん(通勤漫画家)
「大砲の街」(1995年)

2020/04/10 更新

映画って、つじつまとかあまり大事じゃないと思っています。ストーリーで感動させるというより、「これを描きたい!」という作家性が感じられるものが好きです。

今井麗さん(画家)<br>「クレイマー、クレイマー」(1979年)

今井麗さん(画家)
「クレイマー、クレイマー」(1979年)

2020/04/03 更新

仕事人間だったテッドが主人公。ある日突然、妻のジョアンナが家を出て行ってしまい、一人息子ビリーとの慣れない暮らしに悪戦苦闘する日々が始まります。

池田学さん(画家)「この世界の片隅に」(2016年)

池田学さん(画家)
「この世界の片隅に」(2016年)

2020/03/27 更新

映画館で見て、恥ずかしくなるくらい泣いた。自分のその時の心情と重なる部分があまりに多くって。忘れられない映画になりました。

はらだ有彩さん(エッセイスト)「ジーザス・クライスト=スーパースター」(1973年)

はらだ有彩さん(エッセイスト)
「ジーザス・クライスト=スーパースター」(1973年)

2020/03/13 更新

通っていた幼稚園はキリスト教系。クリスマスにはキリスト誕生の劇をやっていて、幼心に「聖書って本当の話なんだろうな」と思っていました。

「マリリンとアインシュタイン」(1985年)

中山英之さん(建築家)
「マリリンとアインシュタイン」(1985年)

2020/03/06 更新

1954年の米ニューヨーク。偉大な科学者が滞在するホテルの一室を、国民的人気女優が訪れる。

「招かれざる客」(1967年)

稲葉賀恵さん(服飾デザイナー)
「招かれざる客」(1967年)

2020/02/28 更新

まだ厳しい人種差別が残っていた1960年代。当時、観光で渡米した私はニューヨークのトイレでドアに「カラー」「ホワイト」と書かれているのを目にしたの。

お知らせ(更新情報)
新型コロナウイルス感染症拡大を受け、開催を中止・延期するイベント、プレゼントがございます。

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪


♦お知らせ

中止を決定したものにつきましては、その都度情報を更新し、公開を取り下げます。
なお、中止・延期となったイベント等の詳細につきましては主催者にお問い合わせいただきますようお願いいたします。
マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。