旅してサプリ

巨石空間を通り抜け 運を引き寄せる

矢印に従って進む。絶妙なバランスを保つ巨石は、阪神大震災でもびくともしなかった

矢印に従って進む。絶妙なバランスを保つ巨石は、阪神大震災でもびくともしなかった

  • 矢印に従って進む。絶妙なバランスを保つ巨石は、阪神大震災でもびくともしなかった
  • ご神体の巨石「天の磐船」の下には、川が流れている
  • 一番の難所。通り抜けると生まれ変わる

 
 高さ12メートルの巨石を祭る磐船神社には、巨石の隙間でできた空間があります。昔から修験者が訪れるこの岩場は、「通り抜けるだけで行になる」と伝えられ、年間5千人超が訪れています。

 

取材・文/山田絵理佳
 写真/塚原紘

 四方八方を巨石に囲まれた空間を通り抜けると、運が好転する――。そんなうわさを耳にし、大阪・交野市の磐船(いわふね)神社を訪れた。

 ご神体は「天の磐船」と呼ばれる高さ12メートルの巨石。天照大神(あまてらすおおみかみ)の御孫神がこの大岩に乗って降臨したと伝えられている。

 「天の磐船」の奥の階段を下った地下に広がる、巨石の隙間でできた空間を通り抜けるのが、「岩窟めぐり」。修験者らも訪れるれっきとした修行場で、年間5千人超が全国各地からやって来る。

 岩窟めぐりに出発

 社務所に荷物を預け、白いたすきを身につける。滑りにくい靴に履き替えたら出発だ。階段を下りると、ひんやりとした空気にサラサラという水の音。薄暗い空間に巨石の隙間から光が幻想的に降り注ぐ。

 目の前には、石の上に頼りなくかかる細い橋。石に書かれた白い矢印を頼りに、前に進む。はいつくばったり、よじのぼったり。不安定な足場に、自然と意識が集中する。「楽に通れてしまうと行にならないから、案内はしません」。宮司の西角明彦さんの言葉が脳裏をよぎった。

 一番の難所で生まれ変わる

 矢印の先を見て、思わずぎょっとする。人が通れるとは思えない小さな穴を指しているのだ。ここは一番の難所。通ることで「生まれ変わる」とされ、運が好転すると言われている。滑り込むようにして通り抜けた先には、空間が大きく開けていた。薄暗い洞窟内から一転、まさに生まれ変わったような気分だ。

 続く岩場を進み、額にうっすらと汗がにじむ。20分ほどで出口に到着する頃には、すっきりとした気分に。岩窟めぐりを終えて戻ってくると、人が変わったように謙虚になっている人もいるそうだ。「不思議だねって、社務所の皆で話しています」と西角さんが笑う。「通り抜けるだけで行になる」。そう言われる理由が、わかった気がした。

 

 

岩窟めぐり岩窟めぐり
体験は10歳以上75歳未満で、雨天、増水時を除く、原則午前9時~午後4時。拝観料500円。

詳細は問い合わせ 磐船神社(072・891・2125)。

 

 

 御祭神に祈祷したお守り

御祭神・饒速日命(にぎはやひのみこと)に祈祷(きとう)した同社オリジナルのお守り。ご祈祷に鈴を使うことから鈴をあしらった。身につけていると運が好転するという。色は赤、青、ピンクの3色。各300円。

(2013年9月10日、マリオン・ライフ、マリオン・プレゼント掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「旅してサプリ」の新着記事 一覧を見る
改修が進む根本中堂のとち葺きの回廊屋根がメディアに公開された。ヘルメットをかぶった僧侶がスピーカーで解説=大津市坂本本町、井本久美撮影

最澄ゆかりの比叡山延暦寺とその周辺をめぐる

2021(令和3)年に最澄入滅から1200年の大遠忌を迎えるにあたり、19(令和元)年5月、「伝教大師最澄1200年魅力交流委員会」が発足した。最澄の魅力を求め、延暦寺へ。

最澄ゆかりの比叡山延暦寺とその周辺をめぐる(2)

最澄ゆかりの比叡山延暦寺とその周辺をめぐる

最澄ゆかりの比叡山延暦寺とその周辺をめぐる(3)

最澄ゆかりの比叡山延暦寺とその周辺をめぐる

最澄ゆかりの比叡山延暦寺とその周辺をめぐる(4)

最澄ゆかりの比叡山延暦寺とその周辺をめぐる

新着コラム 一覧を見る
「きかんしゃトーマス」

シネマNEWS

「きかんしゃトーマス」劇場版最新作、場面写真解禁!前売り特典も決定!

2020年には原作誕生から75周年を迎え、全世界で人気を博す「きかんしゃトーマス」。

「クレヨンしんちゃん」

シネマNEWS

今旬な俳優・山田裕貴、映画しんちゃんゲスト声優で声優初挑戦!!

ラクガキングダムの王国軍を率いて「ウキウキカキカキ作戦」を実行に踏み切るキーパーソン・防衛大臣役にゲスト声優として山田裕貴が大決定!

三遊亭兼好さん(落語家) 「運動靴と赤い金魚」(1997年) 

私の描くグッとムービー

三遊亭兼好さん(落語家)
「運動靴と赤い金魚」(1997年) 

ゲラゲラと笑って見るのが好きな人間でしてね。でも、この映画は私が28歳で入門して間もない頃かな、妻がDVDで借りてきたのを一緒に見て、幼い兄妹と家族の温かさに胸を打たれた作品です。

ブームの卵

ブームの卵

1月24日 注目グッズ
「ボルダリングレース」など

東京五輪で初めて正式競技として採用されるスポーツクライミングを、卓上で気軽に楽しんでみない?

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。