旅してサプリ

白秋の生まれ故郷 街中走る水路を舟で巡る

木々が生い茂る空間を、「どんこ舟」で進む=柳川観光開発提供

木々が生い茂る空間を、「どんこ舟」で進む=柳川観光開発提供

  • 木々が生い茂る空間を、「どんこ舟」で進む=柳川観光開発提供
  • 「ばっちょ笠」をかぶった伊藤四十六さん
  • 北原白秋の歌碑のひとつ「待ちぼうけ」
  • 実際に漁をすることもあるという「くもで網」

 
 詩人・北原白秋が生まれ育った福岡県柳川市。白秋の詩集『思ひ出』にも歌われた街を、「どんこ舟」に揺られて巡りました。

取材・文/山田絵理佳

 

 白秋が育った水路の街

 詩人・北原白秋が生まれ育った柳川市は、「掘割」と呼ばれる地面を掘って作った水路が、網の目のように巡っている。白秋が「我が詩歌の母体である」と称した独特の景観をつくる掘割で、舟下りができると聞き、乗船場に向かった。

 日よけの「ばっちょ笠」をかぶったら出発。この日の船頭は伊藤四十六さん(65)だ。コースは全長4.5キロ、70分。約20人が乗る「どんこ舟」を、5メートルのさお一本で操っていく。

 舟は、水路をゆっくりと進む。自分が歩いてきた道路や民家も、水路から見ると目新しく感じる。景色に気をとられていると、「頭、気を付けてね」。伊藤さんに促され頭を低くする。コースには、頭上の橋が13カ所もあるのだ。

 歌碑点在 移り変わる景色

 しばらくすると、白秋の歌碑が見えてきた。大声で歌を読み上げた伊藤さんの、「はい、はくしゅう(拍手)」の声で、船上は笑いに包まれる。柳、アンズ、カラタチなど様々な植物が水路の両脇を彩り、飽きることがない。白と黒のコントラストが美しい「なまこ壁」の民家や、明治後期の建物「並倉」、伝統漁法に使う「くもで網」なども現れる。

 移り変わる景色を眺めてぼんやりしていると、前方に、「うなぎ供養碑」なるものが見えてきた。柳川市は江戸時代にはウナギ料理が盛んで、今でも市内では20余りのウナギ屋が味を競う。この日の乗船はお昼時。頭の中をウナギが泳ぐ。

 あっという間に終点が近づいてきた。「あめあめ ふれふれ、かあさんが……」伊藤さんが歌うと、「ぴっちぴっち ちゃっぷちゃっぷ らんらんらん」。皆が続いて口ずさむ。白秋が親しんだ川の上で歌う白秋作詞の童謡は、懐かしく、気持ちがほっと安らいだ。

 

 

柳川観光開発
問い合わせは0944・72・6177。
1961(昭和36年)創業。12歳以上1600円、6歳以上11歳以下800円。「ばっちょ笠」はレンタル100円。川下りは、他4社でも体験可。冬にはコタツ舟、春には「おひな様水上パレード」も。

 

 

 むつごろう箸(はし)置き

みやま市在住の作家が、伝統技法「蒲池焼(かまちやき)」で焼いた。ムツゴロウは、終点から車で約15分の有明海の干潟で見ることができる。「松月文人館」(TEL0944・72・6177)や、「民芸茶屋 六騎(ろっきゅ)」(TEL72・0069)で購入可。200円。

(2014年5月13日、マリオン・ライフ、マリオン・プレゼント掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「旅してサプリ」の新着記事 一覧を見る
改修が進む根本中堂のとち葺きの回廊屋根がメディアに公開された。ヘルメットをかぶった僧侶がスピーカーで解説=大津市坂本本町、井本久美撮影

最澄ゆかりの比叡山延暦寺とその周辺をめぐる

2021(令和3)年に最澄入滅から1200年の大遠忌を迎えるにあたり、19(令和元)年5月、「伝教大師最澄1200年魅力交流委員会」が発足した。最澄の魅力を求め、延暦寺へ。

最澄ゆかりの比叡山延暦寺とその周辺をめぐる(2)

最澄ゆかりの比叡山延暦寺とその周辺をめぐる

最澄ゆかりの比叡山延暦寺とその周辺をめぐる(3)

最澄ゆかりの比叡山延暦寺とその周辺をめぐる

最澄ゆかりの比叡山延暦寺とその周辺をめぐる(4)

最澄ゆかりの比叡山延暦寺とその周辺をめぐる

新着コラム 一覧を見る
「きかんしゃトーマス」

シネマNEWS

「きかんしゃトーマス」劇場版最新作、場面写真解禁!前売り特典も決定!

2020年には原作誕生から75周年を迎え、全世界で人気を博す「きかんしゃトーマス」。

「クレヨンしんちゃん」

シネマNEWS

今旬な俳優・山田裕貴、映画しんちゃんゲスト声優で声優初挑戦!!

ラクガキングダムの王国軍を率いて「ウキウキカキカキ作戦」を実行に踏み切るキーパーソン・防衛大臣役にゲスト声優として山田裕貴が大決定!

三遊亭兼好さん(落語家) 「運動靴と赤い金魚」(1997年) 

私の描くグッとムービー

三遊亭兼好さん(落語家)
「運動靴と赤い金魚」(1997年) 

ゲラゲラと笑って見るのが好きな人間でしてね。でも、この映画は私が28歳で入門して間もない頃かな、妻がDVDで借りてきたのを一緒に見て、幼い兄妹と家族の温かさに胸を打たれた作品です。

ブームの卵

ブームの卵

1月24日 注目グッズ
「ボルダリングレース」など

東京五輪で初めて正式競技として採用されるスポーツクライミングを、卓上で気軽に楽しんでみない?

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。