• ホーム
  • コラム
  • シネマNEWS
  • 日本大ヒット記念!『パラサイト 半地下の家族』ポン・ジュノ監督、主演ソン・ガンホ来日!
シネマNEWS

日本大ヒット記念!『パラサイト 半地下の家族』ポン・ジュノ監督、主演ソン・ガンホ来日!

草彅剛もサプライズ登壇!

(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

  • (C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED
  • (C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED
  • (C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

▼シネマNAVI シネマNEWS一覧
https://www.cinemanavi.com/article_list/

 

 本年度アカデミー賞最多4部門を受賞した韓国映画『パラサイト 半地下の家族』の日本大ヒットを記念して、24日、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて舞台挨拶が行われ、再来日を果たしたポン・ジュノ監督と主演のソン・ガンホ、さらにサプライズゲストとして草彅剛が登壇した!

 上映後、観客からの大きな拍手で迎えられたポン監督とソン・ガンホ。満席となった会場を見渡しながらポン監督は、「映画館をいっぱいにしてくれてありがとう。オスカーを受賞する以前から、日本の皆さんが劇場に足を運んでくださっていたことを嬉しく思っています。日本の皆さんは、本当にいい好みをお持ちだなと思いました」と喜びを爆発させると、主演を務めたソンも、「映画というものは、言語が違っても共感していただけるもの。それを日本の皆さんが証明してくれて本当に感謝いたします」と感謝の意を述べた。

 2月23日現在で、日本興行収入32億円、観客動員230万人を突破し、15年間不動だった『私の頭の中の消しゴム』(30億円/04年)の記録を抜いて日本における韓国映画歴代興収1位となった本作。これを記念して、この日、金のくす玉が用意され、日本での記録的な大ヒットを祝福。これに対してジュノ監督は、「2000年初頭に、韓国映画が活発に公開され、日本の皆さんに愛されていた時期があり、日本映画も韓国でとても愛されていました。そして今回、十数年ぶりにあの頃のように韓国映画が大ヒットし愛されたことが、お互いの国の映画に関心を持つきっかけとなって、再び交流が持てるようになれば」とコメントし、ソンもその言葉に同意しながら、「両国がお互いに触れ合って共感できることが何よりも大切」と満面の笑顔を見せた。

 また、先日行われたアカデミー賞授賞式を振り返ったポン監督は、「本作のセリフにも出てきますが、オスカーを受賞することは、全く計画しておらず、無計画が最大の計画になった。あまりの嬉しさに気が動転したしまった」と笑いを取りながら、「本当に光栄なことで、トロフィーは大切にしまってありますが、ただ、日本をはじめ多くの国から熱烈な反応をいただいたことが、私にとっては賞以上に嬉しかった」としみじみ述懐。これに対してソン・ガンホは、「カンヌでパルムドールを受賞した時、嬉しさのあまりジュノ監督に叩かれ、肋骨にヒビが入ったので、オスカー受賞のときは喜びを(表に出さぬよう)噛みしめていた」とエピソードを交えて振り返った。

 そして、お祝いムードが高まる中、サプライズゲストとして草彅が登場!大きな花束を贈呈し、流暢な韓国語で、「わざわざ(再度)日本に来てくれてありがとう!アカデミー賞受賞おめでとう!」と満面の笑みで挨拶。憧れの二人を目の前にテンションが高まった草彅は、「僕はお二人の熱烈なファンで、ソンさんの演技は、いつも参考にさせていただいています。チョナン・カン(韓国での芸名)として活動している時に、何度も共演をオファーしたのですが叶わず…でも、今日こうしてお会いできて嬉しい」と怒涛のコメント。

 この熱烈な言葉を受けてソン・ガンホは、「20年前から私たちのファンであることは聞いていたので、私も会いたかった。今日は記念日になりましたね」と優しく言葉をかけ、ポン監督も「僕も草彅さんが様々な活動をしていることは知っていました。ソウルで『ぼくに炎の戦車を』という舞台を上演した時も、観に行ったんですよ」と明かし、草彅を驚かせた。

 『殺人の追憶』(03)『グエムル‒漢江の怪物‒』(06)など二人の作品をたくさん観ている草彅は、本作も「最高のエンタテインメント。退屈するところが全くなくて、あとでいろいろ話したくなるし、何度でも観たくなる作品」と絶賛。特にソン・ガンホがインディアンの格好するシーンがお気に入りだという草彅は、「すごく似合いましたね。赤と黒があって、僕は絶対にソンさんは赤の方が似合うと思いましたし、あの重要なシーンを迎えるためには赤が必要な小道具になっていると思いました」と持論を展開。これを聞いたポン監督は、「正直、撮影に追われ、そこまで二人とも考えたことがなかったのですが(笑)、次のインタビューから使わせてもらいますよ」と茶目っ気たっぷりに受け止めていた。

 『パラサイト 半地下の家族』は、第72回カンヌ国際映画祭パルムドールに続き、第92回アカデミー賞作品賞・監督賞・脚本賞・国際長編映画賞の最多4部門を受賞。特に作品賞は外国語映画初の受賞となり、さらにパルムドールとのW賞は実の64年ぶりという、まさに歴史に名を残す一作となった。

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。すべての情報は更新時点のものです。資料提供:シネマNAVI )

「シネマNEWS」の新着記事 一覧を見る
『みをつくし料理帖』

角川映画でデビューを果たした薬師丸ひろ子、渡辺典子が特別出演!

時代を創った男“角川春樹”が、生涯最後のメガホンをとり制作された「みをつくし料理帖」。続々と豪華キャスト陣が発表されるなか、最後の大物女優二人の出演情報が解禁された。

『プレイモービルマーラとチャーリーの大冒険』

『プレイモービルマーラとチャーリーの大冒険』公開決定!

『アナと雪の女王』のヘッド・アニメーターが監督し、世界60か国以上の公開が決定している話題作『Playmobil:THE MOVIE』が邦題を『プレイモービル マーラとチャーリーの大冒険』とし公開されることがわかった。

三船敏郎生誕100年

三船敏郎生誕100年を記念し、プロジェクト第一弾始動!

「七人の侍」、「羅生門」、「用心棒」など数多くの名作を残した「世界のミフネ」が2020年4月1日、生誕100年を迎え、それを記念したプロジェクトが始動されることが発表された。

「午前十時の映画祭11」

「午前十時の映画祭10-FINAL-」終了、来年2021年4月から「午前十時の映画祭11」

2010年にスタートし今年10回目を迎えた「午前十時の映画祭10-FINAL-」が3月26日に終了した。

新着コラム 一覧を見る
ジルー・ダゲレオタイプ・カメラ 1839年

私のイチオシコレクション

カメラ 日本カメラ博物館

第2次世界大戦後、国内の光学会社の多くはカメラメーカーに転じ、製品は復興資金源として海外へ輸出されるようになりました。1954年、カメラの品質を保つために設立された検査機関が当館の前身です。

「誰ケ袖(たがそで)の図」

美博ノート

「誰ケ袖(たがそで)の図」

ハート柄のような大胆なデザインや、花を重ねた「唐花」文様。家人不在の部屋をのぞき見ると、色とりどりの意匠の着物が衣桁にかけられている。

東京都豊島合同庁舎(東京都豊島区)

建モノがたり

東京都豊島合同庁舎(東京都豊島区)

まるで音楽室の壁。2本の「塔」の左右には、穴の開いた外壁が広がる。街の一角に現れた点々の理由は?

国立科学博物館

ロゴ散歩

国立科学博物館

弧を描いて広がるオレンジ色は炎? クジャクの羽? はたまた、サメの口の中? 意味を考え始めたら、それは国立科学博物館の思惑通り。

お知らせ(更新情報)
新型コロナウイルス感染症拡大を受け、開催を中止・延期するイベント、プレゼントがございます。

中止を決定したものにつきましては、その都度情報を更新し、公開を取り下げます。
なお、中止・延期となったイベント等の詳細につきましては主催者にお問い合わせいただきますようお願いいたします。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

【開催中止が決定したプレゼント】
試写会「ミセス・ノイズィ」、試写会「許された子どもたち」

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。