読んでたのしい、当たってうれしい。

シネマNEWS

『もしも徳川家康が総理大臣になったら』映画化決定!

日本を救うため、偉人オールスターズが最強ヒーロー内閣として現代に復活!浜辺美波・赤楚衛二・野村萬斎

(C)2024「もしも徳川家康が総理大臣になったら」製作委員会 
(C)2024「もしも徳川家康が総理大臣になったら」製作委員会 
(C)2024「もしも徳川家康が総理大臣になったら」製作委員会  (C)2024「もしも徳川家康が総理大臣になったら」製作委員会 

▼シネマNAVI シネマNEWS一覧
https://www.cinemanavi.com/article_list/

 

 2021年に出版されると、「キャッチーな設定で面白い!」と話題になり、ビジネス小説としては異例の11万部を突破する大ヒットを記録し、さらにはコミカライズもされている眞邊明人の「もしも徳川家康が総理大臣になったら」が映画化されることが決定した。

 物語の舞台はコロナ禍真っ只中の2020年、首相官邸でクラスターが発生し、あろうことか総理が急死した日本。「この国は一体どうなるのか」「信頼できる国のリーダーはいないのか」……。そんな不安渦巻く日本で、未曾有の危機に直面する政府が実行した最後の手段は「歴史上の偉人達をAIで復活させ、最強内閣を作る」ことだった。総理大臣に徳川家康をはじめ、坂本龍馬、織田信長、豊臣秀吉などなど、“最強ヒーロー内閣”として、窮地に追い込まれた日本を救うべく、誰もが知る日本の歴史に名を刻む錚々たる偉人が、議員バッジをつけ大集結!!現代の日本×歴史上の偉人が織りなす壮大なジェネレーションギャップが奇跡を生み出す―!?

 本作のメガホンを取るのは、『のだめカンタービレ 最終楽章』前編(2009年)で41億円、後編(2010年)で37.2億円、『テルマエ・ロマエ』(2012年)で59.8億円、『翔んで埼玉』(2019年)で37.6億円など、数々のコメディ実写化を大ヒットへと導いた、日本映画界のホームランバッター武内英樹監督。その“偉人級”の演出力と独特のリズムから生み出されるエンタメは空前絶後。脚本を手掛けるのは『翔んで埼玉』で日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した徳永友一、そして音楽は同じく『翔んで埼玉』で日本アカデミー賞の優秀音楽賞を受賞したFace 2 fAKEが担当、まさに武内監督と共に「天下」を取ったスタッフが再び手を取り合い、天下一のお祭りムービーを爆誕させる。

 主演は、第7回「東宝シンデレラ」オーディションで芸能界入りを果たすと、『君の膵臓をたべたい』(2017年)で、第41回日本アカデミー賞新人俳優賞、第42回報知映画賞新人賞、第30回日刊スポーツ映画大賞新人賞などを受賞、今年はNHK連続テレビ小説「らんまん」で主人公・牧野富太郎の妻を演じ、現在大ヒット公開中の『ゴジラ-1.0』ではヒロインを演じるなど、話題作への出演が絶えない国民的俳優・浜辺美波。本作では、テレビ局の政治部の新人記者として、最強内閣のスクープを狙う主人公・西村理沙を演じる!浜辺は「武内監督は、作品をつくるときのテンポやリズムにすごく嗅覚がある方で、私自身とても勉強になっています。」と武内監督への信頼を寄せながら、「もし徳」は2023年を締めくくる自分へのご褒美のような作品です。」と本作への特別な想いを語っている。これまで透明感をまとった純粋な役柄を多く演じてきた浜辺が、現代人代表として歴史的偉人達に果敢に挑み、成長していく役どころを演じる姿にも期待だ。

 そして、歴史的偉人達を演じる豪華キャストも解禁。内閣官房長官を任された幕末の風雲児・坂本龍馬を演じるのは、「仮面ライダービルド」(2017年)で注目を集めると、「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」(2020年)で単独ドラマ初主演を飾り、NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」(2022年)でヒロインの幼なじみ役を演じるなど、今最も勢いのある若手実力派俳優・赤楚衛二。韓国でファンミーティングを行うなど、日本のみならず海外からも支持を受けている赤楚が、現代人とキャラの濃い偉人内閣の架け橋を担う坂本龍馬を熱演!これまで多く演じてきた爽やかな青年役から一転、本作で初めて歴史上の人物を演じます!赤楚は「台本を終始ワクワクしながら読ませて頂きました。全力で激動の時代を生きた坂本龍馬を演じていけたらと思います。」と意気込みを語る。

 さらに、最強内閣、そして日本を率いる注目の内閣総理大臣・徳川家康を演じるのは、狂言界の至宝にして、俳優としても唯一無二の存在感を放つ野村萬斎。狂言だけではなく、演劇、映画、テレビと幅広く活躍し、芸術監督として世田谷パブリックシアターを約20年牽引するなど、多彩な表現力を兼ね備えている野村萬斎が、江戸幕府という世界でも類を見ない265年続く時代を作り上げた初代将軍・徳川家康を威厳たっぷりに演じる。家康役のオファーを受けるのは初めてという野村萬斎は、「総理大臣として要に座るわけですが、周りの意見を見聞きしてジャッジしていくというのは少し自分自身の日常と重なる部分もあります。」とコメント。最強ヒーロー内閣を家康がどのように導いていくのか、注目だ。

 さらに、織田信長、豊臣秀吉、紫式部、聖徳太子、北条政子、徳川吉宗、徳川綱吉、足利義満など、人気の偉人が続々と登場?!期待して待つのじゃ!

 時代を超えて、誰もが知る最強の偉人達が勢ぞろいするという夢のようなワクワクする世界が遂に実現!!全員偉人の≪偉人ジャーズ≫による天下一のオールスター内閣が発足!果たして、あらゆる時代の荒波をくぐり抜けてきた“偉人ジャーズ”は現代日本を救えるのかー!?あわせて解禁となった素材は撮りたてほやほやの場面写真!熱心なまなざしで偉人達に向き合う理沙、ワイルドさ溢れる龍馬、貫禄漂う家康。唯一無二の世界観が伺え、ますます期待が高まるばかりだ。


 2024年7月26日(金)偉人大集結!最強ヒーロー内閣爆誕!!

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。すべての情報は更新時点のものです。資料提供:シネマNAVI )

今、あなたにオススメ

シネマNEWSの新着記事

  • キャストが語る『コンクリート・ユートピア』番宣映像到着! イ・ビョンホン、パク・ソジュン、パク・ボヨン出演のパニックスリラー『コンクリート・ユートピア』。

  • 『帰ってきたあぶない刑事』ヒロインに土屋太鳳が決定! 軽妙なトークと激しいアクション、他の刑事ドラマとは一線を画すオリジナルな世界観で数多くのファンを魅了し愛され続けてきた「あぶデカ」が2016年の『さらば あぶない刑事』から、8年の時を経て『帰ってきた あぶない刑事』として2024年5月24日(金)にスクリーンに復活する。

  • 『サン・セバスチャンへ、ようこそ』邦題&場面写真解禁! 映画と美食の街として名高い、スペインのサン・セバスチャンで毎年9月に開催されるサン・セバスチャン国際映画祭を舞台に、ウディ・アレン監督が自身の集大成ともいえる映画愛溢れる最新作『Rifkin's Festival』 (原題)が邦題を『サン・セバスチャンへ、ようこそ』とし公開されることが決定した。

  • 『夜明けのすべて』本予告解禁 NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」で夫婦役を演じた松村北斗と上白石萌音が映画初共演&W主演を務め、今回は同僚役で最高の理解者となる特別な関係性を演じる『夜明けのすべて』より本予告が到着した。

新着コラム