読んでたのしい、当たってうれしい。

シネマNEWS

『帰ってきたあぶない刑事』ヒロインに土屋太鳳が決定!

最初の依頼人はなんと・・・タカ&ユージどちらかの娘?!

(C)2024「帰ってきた あぶない刑事」製作委員会
(C)2024「帰ってきた あぶない刑事」製作委員会
(C)2024「帰ってきた あぶない刑事」製作委員会 (C)2024「帰ってきた あぶない刑事」製作委員会

▼シネマNAVI シネマNEWS一覧
https://www.cinemanavi.com/article_list/

 

 1986年のテレビドラマ放映開始から37年。あまりの人気ぶりに数多くの社会現象を巻き起こし、ドラマ&映画史上において「伝説」を作った「あぶない刑事」。軽妙なトークと激しいアクション、他の刑事ドラマとは一線を画すオリジナルな世界観で数多くのファンを魅了し愛され続けてきた「あぶデカ」が2016年の『さらば あぶない刑事』から、8年の時を経て『帰ってきた あぶない刑事』として2024年5月24日(金)にスクリーンに復活する。本作の新キャストとして土屋太鳳の出演が決定、“あぶデカ精神”満載の特報映像が解禁された。

 主演は勿論、舘ひろしと柴田恭兵。「さらば」から月日が経っても健在のダンディさとセクシーさで、未だ色あせない「あぶデカ」の世界観を見せつける。さらに、浅野温子、仲村トオルといったお馴染みのメンバーも登場。ド派手にスタイリッシュにパワーアップした「あぶデカ」が令和に蘇る。前作の「さらば あぶない刑事」では刑事を辞めてニュージーランドで探偵事務所を開設したタカ&ユージ。今作では探偵として横浜に帰ってくる。横浜での探偵事務所の依頼人1号としてやってきたのは、まさかの…タカ&ユージどちらかの娘?!

 演じるのは、2008年に芸能界デビューをしてから今年でデビュー15周年と、いまや日本を代表する実力派女優・土屋太鳳。テレビ東京「鈴木先生」(2011)で異質且つ妖艶な存在感で世間に名を響かせたあとは、NHK連続テレビ小説「まれ」(2015)、映画「orange-オレンジ-」(2015)、Netflixドラマシリーズ「今際の国のアリス」(2020&2022)などの話題作で主演を務める。今作ではタカ&ユージの娘(?!)というストーリーのカギとなる重要な役柄であぶデカに新しい風を吹かせる。本作への出演を受け土屋は「お話をいただいた時、一度だけ迷いました。伝説に参加する勇気がなかったからです。でも、台本に詰まった世界は既に濃厚で魅力的で、憧れのハーレーや歌唱シーンも興味深く、思い切って挑戦しようと決意しました。」「これで終わりなんて有り得ない!!!」と本作出演への熱い想いをコメントした。


『帰ってきた あぶない刑事』特報

 あわせて解禁となった特報映像では土屋演じる永峰彩夏(ながみねあやか)を自分の娘だと主張しあうタカ(演:舘ひろし)&ユージ(柴田恭兵)の様子やあぶデカのトレードマーク・サングラスをスマートにかける彩夏の姿を映しだす。さらに、真山薫(演:浅野温子)や町田透(演:仲村トオル)といったお馴染みキャストとの軽妙な掛け合いや、探偵になってもなぜか繰り広げられるド派手なカーチェイスや大爆発も盛り込まれ、豪快さMAX!一気にあぶデカワールドに引き込まれる、最新作への期待が膨らむ映像に仕上がっている。また、TVシリーズレギュラーキャストの長谷部香苗、ベンガルの出演も明らかになった。

 

 2024年5月24日(金) より全国公開

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。すべての情報は更新時点のものです。資料提供:シネマNAVI )

今、あなたにオススメ

シネマNEWSの新着記事

  • キャストが語る『コンクリート・ユートピア』番宣映像到着! イ・ビョンホン、パク・ソジュン、パク・ボヨン出演のパニックスリラー『コンクリート・ユートピア』。

  • 『もしも徳川家康が総理大臣になったら』映画化決定! 2021年に出版されると、「キャッチーな設定で面白い!」と話題になり、ビジネス小説としては異例の11万部を突破する大ヒットを記録し、さらにはコミカライズもされている眞邊明人の「もしも徳川家康が総理大臣になったら」が映画化されることが決定した。

  • 『サン・セバスチャンへ、ようこそ』邦題&場面写真解禁! 映画と美食の街として名高い、スペインのサン・セバスチャンで毎年9月に開催されるサン・セバスチャン国際映画祭を舞台に、ウディ・アレン監督が自身の集大成ともいえる映画愛溢れる最新作『Rifkin's Festival』 (原題)が邦題を『サン・セバスチャンへ、ようこそ』とし公開されることが決定した。

  • 『夜明けのすべて』本予告解禁 NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」で夫婦役を演じた松村北斗と上白石萌音が映画初共演&W主演を務め、今回は同僚役で最高の理解者となる特別な関係性を演じる『夜明けのすべて』より本予告が到着した。

新着コラム