読んでたのしい、当たってうれしい。

シネマNEWS

キャストが語る『コンクリート・ユートピア』番宣映像到着!

ファングンアパートへの入居を歓迎?!

(C) 2023 LOTTE ENTERTAINMENT & CLIMAX STUDIO, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
(C) 2023 LOTTE ENTERTAINMENT & CLIMAX STUDIO, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

▼シネマNAVI シネマNEWS一覧
https://www.cinemanavi.com/article_list/

 

 イ・ビョンホン、パク・ソジュン、パク・ボヨン出演のパニックスリラー『コンクリート・ユートピア』。

 解禁されたのは、イ・ビョンホン、パク・ソジュン、パク・ボヨンのキャストらによる本作の番宣映像。

 本作で未曾有の大災害の末に唯一残ったマンション“ファングンアパート”の住民代表となるヨンタクを熱演したイ・ビョンホンが、「こんにちは、ファングンアパートの皆さん」と呼びかけると、パク・ソジュン、パク・ボヨンも続いて自身の役名を紹介。

 「入居者の皆さん、ファングンアパートへようこそ」と笑顔で歓迎するイ・ビョンホンらだが、大災害で廃墟と化したソウルで、唯一残ったファングンアパートは果たして本当にユートピアとなるのか‥。笑顔溢れる番宣映像とは裏腹に、車が吹き飛ぶ衝撃的な映像や、武器を持って走り回る住民たち、顔から血を流すヨンタク(イ・ビョンホン)など穏やかでない本編映像も映し出されている。番宣映像の最後には、「入居者の皆さん、劇場でお会いしましょう!」と締めくくり、笑顔で手を振るイ・ビョンホン、パク・ソジュン、パク・ボヨンの姿がキャッチできる。彼らはファングンアパートを舞台に、どんな物語を繰り広げるのか。生存者たちによる鬼気迫るパニック・スリラーに期待いただきたい!

『コンクリート・ユートピア』Welcome Video

 2024年1月5日(金)より全国公開

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。すべての情報は更新時点のものです。資料提供:シネマNAVI )

今、あなたにオススメ

シネマNEWSの新着記事

  • 『もしも徳川家康が総理大臣になったら』映画化決定! 2021年に出版されると、「キャッチーな設定で面白い!」と話題になり、ビジネス小説としては異例の11万部を突破する大ヒットを記録し、さらにはコミカライズもされている眞邊明人の「もしも徳川家康が総理大臣になったら」が映画化されることが決定した。

  • 『帰ってきたあぶない刑事』ヒロインに土屋太鳳が決定! 軽妙なトークと激しいアクション、他の刑事ドラマとは一線を画すオリジナルな世界観で数多くのファンを魅了し愛され続けてきた「あぶデカ」が2016年の『さらば あぶない刑事』から、8年の時を経て『帰ってきた あぶない刑事』として2024年5月24日(金)にスクリーンに復活する。

  • 『サン・セバスチャンへ、ようこそ』邦題&場面写真解禁! 映画と美食の街として名高い、スペインのサン・セバスチャンで毎年9月に開催されるサン・セバスチャン国際映画祭を舞台に、ウディ・アレン監督が自身の集大成ともいえる映画愛溢れる最新作『Rifkin's Festival』 (原題)が邦題を『サン・セバスチャンへ、ようこそ』とし公開されることが決定した。

  • 『夜明けのすべて』本予告解禁 NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」で夫婦役を演じた松村北斗と上白石萌音が映画初共演&W主演を務め、今回は同僚役で最高の理解者となる特別な関係性を演じる『夜明けのすべて』より本予告が到着した。

新着コラム