ご当地キャラ大集合

幼稚園から南極まで神出鬼没のロボット

フックン船長(茨城県つくば市)

筑波山をはじめ豊かな自然と科学の街つくばを愛するフックン船長。つくばのラーメンが大好物です

筑波山をはじめ豊かな自然と科学の街つくばを愛するフックン船長。つくばのラーメンが大好物です

  • 筑波山をはじめ豊かな自然と科学の街つくばを愛するフックン船長。つくばのラーメンが大好物です
  • 2018年3月10日~11日に、つくばセンター広場で開催された「ゆいまつり」でイベント参加者らに囲まれて記念撮影
  • 筑波研究学園都市では、各研究施設の成果をワークショップやイベントなどで公表する「一般公開デー」が毎年開催される

 首都圏周辺のご当地キャラクターを紹介する「ご当地キャラ大集合」。第4回は茨城県つくば市の「フックン船長」です。今回は夏休み特別編として、佐賀、福井、長野、東京、宮城にある科学館・恐竜博物館などのキャラも後半で紹介しています。

 フックン船長は、宇宙飛行士型ふくろうロボット。市の鳥フクロウと、ロボットや宇宙分野の研究開発をはじめとする科学の街つくばをイメージしています。1963年9月、国家的プロジェクト、筑波研究学園都市の建設が閣議了解されてから50年が経ったことを記念し、2014年2月8日に誕生しました。

 筑波研究学園都市は、国の研究機関などを計画的に移転することで都心部の過密緩和を図り、高い水準の研究や教育の拠点となるように構想されました。1985年には国際科学技術博覧会(つくば万博)を開催。「人間・居住・環境と科学技術」をテーマに、海外から47カ国、37の国際機関、国内から28の企業・団体がパビリオンを連ね、2033万人を超える入場者数を記録しました。

 現在では約2万人の研究者を抱える科学の街として発展し、ノーベル賞受賞者も出ています。緑豊かな都市環境と、歩行者自転車専用道路(ペデストリアンデッキ)やガードレールのない道路の配置など、革新的で計算された街づくりが特徴です。そんなつくば市を象徴する存在としてフックン船長は誕生しました。

 公募で集まった様々なキャラクターデザインの中から、つくば市らしさを感じさせるモチーフ、インパクトのある見た目が決め手となり選ばれたフックン船長。初期のデザインに加え、年々様々なポーズやシチュエーションのイラストが新規作成されており、今はつくば市市長公室広報戦略課の職員が、フックン船長のイラスト制作を直接手がけています。「2019年に茨城県で開催される国民体育大会に向けて、最近ではフックン船長が競技に取り組むイラストもつくるようになりました」と担当職員は言います。

 宇宙飛行士型ふくろうロボットなので、バッテリーによる稼働時間が限られていることになります。暑さも苦手。2016年8月11日に開催された、ガマガエルの供養と商売繁盛を願う祭り「筑波山ガマまつり」でのこと。ガマガエルのマスクを被って筑波山の門前通りを全速力で駆け抜ける「筑波山がまレース」の、ご当地キャラクター部門に出場しましたが、「エネルギー切れ」で途中棄権するなど、ロボットならではの一面も。そんなフックン船長は地元つくばの魅力をアピールするため、「まつりつくば」や「つくばフェスティバル」など大きなイベントから、ショッピングセンター、幼稚園、保育園、学校の催しまで、年間100日以上のペースで各種イベントに出演し、盛り上げています。

フックン船長南極レポート

 2016年から、フックン船長は第58次南極地域観測隊とともに南極へ派遣され昭和基地に「滞在」しています。その様子を「フックン船長南極レポート」として、市公式facebookページ「つくばファンクラブ」で不定期発信しています。この写真は、リポートで届いたもののひとつです。毎年、市内研究機関などの職員らが南極地域観測隊として南極派遣されており、彼らの活動を市民に周知し、親しみを持ってもらうためにこの取り組みが始まりました。

 将来は宇宙飛行士になって宇宙で活躍したい、というフックン船長。2018年5月18日に宇宙飛行士の野口聡一さんが市役所へ来庁した際、フックン船長は「宇宙につれてって」と書かれたうちわでアピールしました。夢を実現するための努力を欠かしません。

 地元の幼稚園から南極まで。幅広く活躍するフックン船長が宇宙へ行く日も、そう遠くないかもしれません。

(大野紗弥佳)

国際科学技術博覧会(つくば万博)

つくば万博

 1985年3月17日~9月16日、茨城県の筑波研究学園都市で開催された国際博覧会。展示の中ではロボットによる楽器演奏の実演などが注目されました。

コスモ星丸

 「コスモ星丸」は、UFOをイメージした公式マスコットキャラクター。全国の小中学生から集められた1万5245点から、応募当時中学1年だった愛知県在住の高垣真紀さんのデザインが採用されました。選考委員だったイラストレーターの和田誠さんが最後に手を入れて仕上げたそうです。

 

memo

つくば市 データ

・1987年11月30日 大穂町、豊里町、桜村、谷田部町が合併し、つくば市が誕生
・人口 23万6331人(2018年7月1日時点)
・面積 283.72平方キロ

・市ゆかりの著名人
 毛利衛、星出彰彦(いずれも宇宙飛行士)、白川英樹(ノーベル化学賞受賞者、筑波大名誉教授)、浅野いにお(漫画家)ら。
 名誉市民として、江崎玲於奈(ノーベル物理学賞受賞者、元筑波大学長)、小林誠(ノーベル物理学賞受賞者、高エネルギー加速器研究機構特別栄誉教授)、加藤沢男(体操の五輪金メダリスト、筑波大名誉教授)ら。

 

<1> <2> <3> <4>

(2018年8月2日掲載。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は更新時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「ご当地キャラ大集合」の新着記事 一覧を見る
観光客をほっこり温める「癒やし系」

観光客をほっこり温める「癒やし系」

首都圏周辺のご当地キャラクターを紹介する「ご当地キャラ大集合」。第5回は神奈川県箱根町・強羅の「ごうらん」です。

佐野が生んだスーパースター

佐野が生んだスーパースター

首都圏周辺のご当地キャラクターを紹介する「ご当地キャラ大集合」。第3回は栃木県佐野市の「さのまる」です。

草加せんべいをこよなく愛する男の子

草加せんべいをこよなく愛する男の子

首都圏周辺のご当地キャラクターを紹介する「ご当地キャラ大集合」。第2回は埼玉県草加市の「草加市観光大使 パリポリくん」です。

400年の眠りから覚めた妖(あや)かし

400年の眠りから覚めた妖(あや)かし

首都圏周辺のご当地キャラクターを紹介する「ご当地キャラ大集合」。第1回は千葉県佐倉市の「カムロちゃん」です。

新着コラム 一覧を見る
達仏(たつぶつ) 西野達作(熊本県津奈木(つなぎ)町)

アートリップ

達仏(たつぶつ) 
西野達作(熊本県津奈木(つなぎ)町)

生きた木々の枝や幹に直接彫られた50センチほどの仏像群が、差し込む光で金色に輝く。木の葉が風にざわめき、穏やかな仏の顔にアリが伝う。

画家のパレット 笠間日動美術館

私のイチオシコレクション

画家のパレット 笠間日動美術館

当館は、洋画商で日動画廊創業者の長谷川仁(1897~1976)が、ゆかりの画家から譲り受けたパレットを展示するため、72年に開館しました。

上野の森美術館

気になる一品

上野の森美術館

17世紀オランダの画家を紹介する「フェルメール展」。ショップでは、ガラス瓶をキャンバスに「大人の塗り絵」が楽しめる「コロリアージュボトル」が人気。

ブームの卵

ブームの卵

10月12日 注目グッズ
「CHOCONT sheet」など

秋の行楽シーズンが到来。ハイキングや山登りなどでちょっとひと休みしたいときってあるよね。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。