タブレット純の「昭和歌謡に恋した私」

GS 少女漫画の夢の王子様みたいな世界観

 GS(グループサウンズ)は最初のきっかけを言うと。テレビ番組「8時だョ!全員集合」で知られるザ・ドリフターズの映画をテレビで見て、そこにザ・タイガースが出てくるシーンがあった。「モナリザの微笑」を聞いたかな。ジュリー(沢田研二)も全盛期だったんですけど、ジュリーがグループにいたってことでびっくりし、GSというジャンルを知った。

 GSというのは、タイガースに象徴されるような、少女漫画の夢の王子様みたいな世界観でした。フォークは、かたやリアルな生活臭漂う、自分の将来像のあこがれと不安、みたいなものだったんですけど、GSは逆で、まったく非現実的。歌の世界観もお城であったり、白鳥だったり、王子様だったり。GSは歌の世界も少女漫画や絵本のような、本当に奇麗な世界ばっかりを描いた、シュールな非現実の世界。歌ってる人もタイガース時代のジュリーに象徴されるような美少年・美青年。そこにもシビれてしまう自分がいました。本当に美しい世界観にはまっていったんです。ビジュアル的にも美しく、なおかつ現実逃避できるものの象徴がGS。自分で初めて買ったカセットテープもGSでした。

 ガロというグループも好きでした。ジャンルで分けるとフォークにはなっちゃうんですけど。少女漫画的なビジュアルで、実際、ガロのメンバーはGSあがりの人なんです。だから、GSの世界観を持ったフォークグループだったと思うんです。当時、メンバーの日高富明が転落死したというニュースが、ワイドショーではトップで扱われるほどで。自分はそのニュースでガロを知ったんです。美しいビジュアルのままで30代くらいで亡くなられたので、そこにある種のあこがれがあったりして。人間は老いていくから、大人になることへのあこがれと不安というなかで、自分がオヤジ化したくないというものがあった。

 GSは、本当に激しくはかなく消えた音楽なんです。ものの2年くらいなんですよ、ブームだったのも。美しく散った、みたいな表現がぴったり。GSを聞くと、いつでも夢の世界に行ける。

 中学にあがると、GS研究家の黒沢進と文通をしたんです。実際に会ったのは、僕が東京に出てきた30代になってから。会って間もなく亡くなられたんですけど、その方がいろんな人に紹介してくれて、ライブハウスなどに出られるようになって、今の自分のビジュアルやキャラクターもその頃に作られた。そういう意味では自分の原点はGSだったのかも。

 GSっていうと、コンサート中にファンが熱狂して失神っていうのがあるんですけど。自分は「失神をしてくれ」っていう役割でライブハウスに出るようになりました。元々、普通にムード歌謡を正装で歌ってたんです。髪も短かったし。「夜をまきもどせ」のミュージックビデオを撮影した頃も短髪ですね。それが「GSをやれ」と言われるようになって、どんどん変わっていった。長髪にしたのも東京に来てから。GSのパロディーみたいなことを始めて、芸人につながっていった感じがあります。

(聞き手 大野紗弥佳)

 

memo

・森田公一とトップギャラン……1969年結成。歌手で作曲家の森田公一と5人のコーラスと演奏によるグループ。
・小椋佳……シンガー・ソングライター。代表曲「シクラメンのかほり」ほか。
・ザ・ドリフターズ……1964年に結成。いかりや長介や加藤茶、志村けんらによるバンド、コントグループ。
・「8時だョ!全員集合」……ザ・ドリフターズが主演するTBS制作のお笑い番組、公開バラエティー番組。1969年から16年間放送。
・ザ・タイガース……1967年にデビューのグループ・サウンズ。同年10月28日封切りの東宝系映画「ドリフターズですよ!前進前進また前進」で「モナリザの微笑」を披露。
・沢田研二……歌手。ザ・タイガースのリードボーカルとしてデビューし、後にソロ歌手に転向する。「ジュリー」の愛称で知られる。代表曲「勝手にしやがれ」ほか。
・ガロ……ギター奏者の日高富明らが所属し、1970年から6年間活動したフォークロックグループ。代表曲「学生街の喫茶店」ほか。
・黒沢進……GS研究家として知られた音楽評論家。
・「夜をまきもどせ」……タブレット純が「田渕純」名義で2007年に発表した楽曲。「夜をまきもどせ」は本人も出演する同名映画(岸野雄一監督)の主題歌。

 

たぶれっと・じゅん
 歌手、芸人。1974(昭和49)年8月31日、3人きょうだいの末っ子として相模原市に生まれる。小学生の頃、台所で母が聞いていたAMラジオをきっかけに昭和歌謡に深く親しむ。高校卒業後は古書店や介護職、歌声喫茶の勤務を経て27歳の時に「和田弘とマヒナスターズ」に加入する。解散後はソロとなり、「ムード歌謡芸人」としてライブや漫談、ラジオパーソナリティーなどで活躍中。

 

プレゼント

タブレット純のサイン入り色紙

タブレット純のサイン入り色紙を5人に、
書籍「タブレット純のエレジー・エナジー歌謡曲」を1人にプレゼント!

※応募には朝日マリオン・コムの会員登録が必要です。以下の応募ページから会員登録を行って、ご応募ください。

 

→終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

 

<1> <2>

(2018年11月21日掲載。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は更新時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「タブレット純の「昭和歌謡に恋した私」」の新着記事 一覧を見る
タブレット純の「昭和歌謡に恋した私」

<下> アニメソング編

歌手でお笑い芸人のタブレット純さんが、自身のエピソードを交えながら昭和歌謡の魅力を紹介します。

タブレット純の「昭和歌謡に恋した私」

<中> フォークソング・グループサウンズ編

歌手でお笑い芸人のタブレット純さんが、自身のエピソードを交えながら昭和歌謡の魅力を紹介します。

タブレット純の「昭和歌謡に恋した私」

<上> ムード歌謡・ロシア民謡編

歌手でお笑い芸人のタブレット純さんが、自身のエピソードを交えながら昭和歌謡の魅力を紹介します。

新着コラム 一覧を見る
「江戸蕎麦(そば) ほそ川」の穴子天せいろ

おんなのイケ麺(めん)

石原洋子さん
「江戸蕎麦(そば) ほそ川」の穴子天せいろ

ほそ川さんの天ざるは、穴子の天ぷらです。よくあるエビ天じゃなくて。珍しいでしょ?

「PATISSERIE Pavlov」のフレンチトースト

オトコの別腹

LEO(今野玲央)さん
「PATISSERIE Pavlov」のフレンチトースト

まだ実家暮らしの頃、共働きの母が週末になると時折、朝食に作ってくれたフレンチトースト。外で食べるような立派なものではなかったものの、僕にとっては特別な味です。

ひさご通り商店街のサマーフェスティバルに登場したパンダバージョンの台東くん。商店街キャラクターのひさごろうと一緒にイベントを盛り上げた=2019年7月14日 東京都台東区浅草2丁目、小松麻美撮影

ご当地キャラ大集合

仏様が書いた文字から浮かび上がる区のまもり神

首都圏周辺のご当地キャラクターを紹介する「ご当地キャラ大集合」。第7回は東京都台東区の「台東くん」です。

ご当地キャラ大集合

台東くんのおすすめ観光スポット&グルメ(1)

台東くんのおすすめ観光スポット&グルメ(1)

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。