タブレット純の「昭和歌謡に恋した私」

実力派ぞろいだったアニメソングの歌い手

 当時のアニメソングも音楽性が高いというか、歌い手さんも、実力派で、歌唱力はめちゃめちゃある。今ってもう、普通に人気あるアーティストが歌ってますが、昔はアニメとか、テレビドラマとか、CMソングの人って、歌声だけで抜擢(ばってき)されていてルックスがあまりよくないとか、ちょっと下の扱いを受けていて。水木一郎も本当は普通の歌謡曲でデビューしているんですけど、アニメの歌を歌えって言われたときすごい抵抗感があったらしいです。今でこそまさに「ミスターアニソン」といわれるまでになっちゃったんですけど。

 もうひとつ。「タイガーマスク」というアニメのエンディングも印象深いですね。「みなし児のバラード」という歌で。これも子ども心にジーンとしてしまう。「みなし児のバラード」を当時は新田洋の名で歌っていた森本英世は、後の「わたし祈ってます」を歌う「敏いとうとハッピー&ブルー」のボーカルになり、ムード歌謡の象徴的存在になった。僕はやっぱりアニメの歌に洗礼を受けて、ムード歌謡を聞いていたのかもしれない。

(聞き手 大野紗弥佳)

 

memo

・「元祖天才バカボン」……赤塚不二夫の漫画「天才バカボン」が原作のテレビアニメ。日本テレビほかで1975~77年放送。
・藤圭子……歌手。代表曲「圭子の夢は夜ひらく」ほか。
・「さすらいの太陽」……藤圭子をモデルとした原作漫画を元に製作されたテレビアニメ。フジテレビほかで1971年放送。
・「アタックNo.1」……フジテレビ系列で1969年から約2年間放送された、バレーボール漫画が原作のテレビアニメ。
・「母をたずねて三千里」……フジテレビ系列の世界名作劇場枠で1976年に放送されたテレビアニメ。
・水木一郎……歌手。1968年、ポップス歌手としてデビュー。71年にアニメ「原始少年リュウ」の主題歌を歌ったのがきっかけでアニメや特撮の主題歌が活動の中心となる。
・「タイガーマスク」……プロレスを題材にした漫画が原作のテレビアニメ。日本テレビ系列で1969年から約2年間放送された。
・森本英世……歌手。「新田洋」の名義で歌った「タイガーマスク」の主題歌でデビューする。1970年代、敏いとうとハッピー&ブルーのリードボーカルとしてムード歌謡の大ヒットを連発した。

 

たぶれっと・じゅん
 歌手、芸人。1974(昭和49)年8月31日、3人きょうだいの末っ子として相模原市に生まれる。小学生の頃、台所で母が聞いていたAMラジオをきっかけに昭和歌謡に深く親しむ。高校卒業後は古書店や介護職、歌声喫茶の勤務を経て27歳の時に「和田弘とマヒナスターズ」に加入する。解散後はソロとなり、「ムード歌謡芸人」としてライブや漫談、ラジオパーソナリティーなどで活躍中。

 

プレゼント

タブレット純のグッズを5人に、
書籍「タブレット純のエレジー・エナジー歌謡曲」を1人にプレゼント!

タブレット純のグッズと書籍

※応募には朝日マリオン・コムの会員登録が必要です。以下の応募ページから会員登録を行って、ご応募ください。

 

→終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

 

<1> <2>

(2018年11月28日掲載。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は更新時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「タブレット純の「昭和歌謡に恋した私」」の新着記事 一覧を見る
タブレット純の「昭和歌謡に恋した私」

<下> アニメソング編

歌手でお笑い芸人のタブレット純さんが、自身のエピソードを交えながら昭和歌謡の魅力を紹介します。

タブレット純の「昭和歌謡に恋した私」

<中> フォークソング・グループサウンズ編

歌手でお笑い芸人のタブレット純さんが、自身のエピソードを交えながら昭和歌謡の魅力を紹介します。

タブレット純の「昭和歌謡に恋した私」

<上> ムード歌謡・ロシア民謡編

歌手でお笑い芸人のタブレット純さんが、自身のエピソードを交えながら昭和歌謡の魅力を紹介します。

新着コラム 一覧を見る
 (C)2022「アキラとあきら」製作委員会

シネマNEWS

池井戸潤の名作「アキラとあきら」が竹内涼真×横浜流星、初タッグW主演で映画化!

「半沢直樹」「陸王」など数々の大ベストセラーを生み出してきた日本を代表する作家・池井戸潤。

(C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

シネマNEWS

豪華声優陣が帰ってくる!『SING/シング:ネクストステージ』吹替版本予告解禁!

『SING/シング』から5年。待望の最新作『SING/シング:ネクストステージ』。

小倉久寛さん(俳優)「ブルース・ブラザース2000」(1998年)

私の描くグッとムービー

小倉久寛さん(俳優)
「ブルース・ブラザース2000」(1998年)

米国から帰国する飛行機の中で、この映画の公開直前に見ることができたんですよ。

(C)2019 FILM RUN and LITTLE BIG PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

シネマNEWS

韓国と小樽を舞台に、20年前の自分と向き合う心の旅を描く『ユンヒへ』

2019年、第24回釜山国際映画祭のクロージングを飾り、2020年には韓国のアカデミー賞ともいえる青龍映画賞で最優秀監督賞と脚本賞をW受賞した話題の韓国映画『ユンヒへ』より、日本版予告編が解禁された。

お知らせ(更新情報)
新型コロナウイルス感染症拡大を受け、開催を中止・延期するイベント、プレゼントがございます。

中止を決定したものにつきましては、その都度情報を更新し、公開を取り下げます。
なお、中止・延期となったイベント等の詳細につきましては主催者にお問い合わせいただきますようお願いいたします。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願いいたします。



♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。