読んでたのしい、当たってうれしい。

建モノがたり

旧志免鉱業所竪坑櫓 (福岡県志免町)

地下430メートル 炭鉱のエレベーター

ボタ山を背景にそびえる竪坑櫓。柵内は立ち入り禁止で、年1回11月の特別公開の時だけ1階部分を見学できる(要予約・定員制)
ボタ山を背景にそびえる竪坑櫓。柵内は立ち入り禁止で、年1回11月の特別公開の時だけ1階部分を見学できる(要予約・定員制)
ボタ山を背景にそびえる竪坑櫓。柵内は立ち入り禁止で、年1回11月の特別公開の時だけ1階部分を見学できる(要予約・定員制) 保存修理工事を行う前の8階吹き抜け部分=2018年、志免町提供 周辺には坑口の跡が残っている 1階開口部につり下げるように取り付けられたひさし。「柱が邪魔にならないよう工夫したのではないか」と徳永さん 炭鉱内の空気を循環させていた換気用プロペラ。現在はやぐら近くの倉庫に保管されている。見学希望は要相談 石炭輸送に活躍した鉄路が残る志免鉄道記念公園 竪坑櫓がデザインされたマンホールのふた

福岡空港から車で約10分。高台のグラウンドにそびえ立つ頭でっかちの建物は何?

 福岡市のベッドタウン、福岡県志免町はかつて、福岡市の東に広がっていた糟屋炭田のほぼ中央に位置する。1906年、旧海軍直営の採炭所が開坑。艦船で使う良質の無煙炭などを産出した。

 高さ47・6メートル、鉄筋コンクリート製の竪坑櫓は太平洋戦争中の1943年完成。地下のより深い層の石炭を採取するため、立て坑を通じて作業員や石炭を昇降させる「エレベーター」として造られた。5階までは柱とはりだけ、最上階の8階に設置された巻き上げ機が、地下430メートルからエレベーターの「かご」を巻き上げた。

 戦後は旧国鉄志免鉱業所として操業を続けたが1964年に閉山。九つの坑口は閉じられ、やぐらも放置された。廃虚のままいずれ取り壊されると思われたが2000年、近くで炭鉱関連の遺構が発掘され、調査が始まった。

 調査に関わった町社会教育課の徳永博文さん(56)は、産業考古学の研究者から「このやぐらは重要」と聞いたが、「なぜ重要なのかわからなかった」。その理由を探るため、自費で北海道から沖縄まで国内の石炭産業関連遺構を訪ね歩いた。

 国内には類例がないやぐらだが、中国とベルギーの炭鉱に同型のものが現存することもわかった。中国東北部の撫順を実際に訪れ、れんが壁のやぐらで、戦前日本が運営した南満州鉄道製であることを確認した。

 約10年かけて調査報告書をまとめた徳永さんは「これは残さなければいけない」と確信したという。炭鉱事故や労働争議の記憶などから保存に消極的な声もあったが、近代化遺産ブームもあって2006年に町が譲渡を受け、2009年には国の重要文化財に指定された。

 建物上部が大きく突き出した「ハンマーコプフ(金づち)」型は、周囲に関連施設が立ち並ぶ中で、スペースを効率良く使うため建設したと思われる。「よくバランスを保っていて、建築技術の高さを感じます」と徳永さん。「(鉱業所の中で)これだけでも残ってよかった」

(田中沙織、写真も)

 DATA

  設計:猪俣昇
  階数:地上8階、地下1階
  用途:石炭採掘施設
  完成:1943年

 《最寄り》:博多駅からバス


建モノがたり

 徒歩9分の志免鉄道記念公園は1985年に廃線となった旧国鉄勝田線・志免駅の跡地。1919年に民営で開業した同線は、沿線の炭田から福岡市へ最盛期には1日約750トンの石炭を輸送したという。ホームや線路の一部が残され、旧志免鉱業所が稼働していた1955年ごろの町の様子を写した写真が展示されている。志免町社会教育課(電話092・935・7100)。

旧志免鉱業所竪坑櫓 公式ホームページ
https://shime-tatekouyagura.jp/

(2024年2月6日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

建モノがたりの新着記事

  • コマツ本社ビル 横に長い六角形の窓が白壁に規則正しく並ぶ。

  • 丸亀町壱番街ドーム(高松市) 透明な傘を広げたような丸亀町壱番街前ドーム。

  • 山の上ホテル(東京都千代田区) にぎやかな大通りの角を曲がり坂を上る。山の上ホテルの入り口付近は平日の昼間というのにスマホやカメラを手にした人であふれていた。

  • 念誓寺(和歌山県和歌山市) 和歌山市中心部の住宅街にある浄土真宗本願寺派念誓寺は室町時代の開基。1945年の空襲で焼失し、戦後再建された本堂は物資の乏しい中での仮建築で、その建て直しが前住職・岡亮二さん(2007年に73歳で死去)の念願だった。

新着コラム