美博ノート

「デュルシュ通り」

「デュルシュ通り」

2020/01/14 更新

フランスで暮らし、南仏やパリの風景を描きながら、光の表現を追究した画家・木村忠太(1917~87)。

「呼ぶ」

「呼ぶ」

2020/01/07 更新

伊勢神宮に奉納された作品は神宮美術館に所蔵されるものの、あくまで神への献納品。「当館に納められること自体が、祈りの行為に基づきます」と学芸員の瀬戸裕子さんは話す。

「紬織(つむぎおり)着物 青垣」

「紬織(つむぎおり)着物 青垣」

2019/12/24 更新

植物染料にこだわった紬織を手がける人間国宝の染織家、志村ふくみ(95)。「自然への畏敬の念を持ちながら制作する姿勢は祈りそのもの」と学芸員の瀬戸裕子さんは話す。

「絹垣(きんがい)渡御(伊勢神宮遷宮)」

「絹垣(きんがい)渡御(伊勢神宮遷宮)」

2019/12/17 更新

人間の力を超えるものに対してなにがしかを願う「祈り」という行為。本展では、伊勢神宮に奉納された芸術作品450点超の中から、祈りの精神性を表した約40点を紹介する。

「ゴリアテの首を持つダヴィデ」

「ゴリアテの首を持つダヴィデ」

2019/11/19 更新

人々の感情を揺さぶる生々しい表現で名声を博したイタリアの画家カラバッジョは、斬首をモチーフにした作品が多い。ついには本作で自身の生首を描いた。

「法悦のマグダラのマリア」

「法悦のマグダラのマリア」

2019/11/12 更新

イタリア絵画の巨匠カラバッジョ(1571~1610)は、作品も人生も劇的なことで知られる。気性が荒く暴力事件を何度も起こした末、1606年に1人の男を刺殺。

「リュート弾き」 カラヴァッジョ展(名古屋市美術館)

「リュート弾き」

2019/11/05 更新

16世紀末のイタリアに現れた天才画家カラバッジョ(1571~1610)。本展は、光と影の描写と生々しい写実表現でローマに衝撃を与えたカラバッジョ作品約10点と、その影響を受けた画家たちの作品約30点で構成する。

「人物土偶」

「人物土偶」

2019/10/01 更新

もともと南米の小さな部族社会だったインカ帝国は、周辺に栄えたいくつもの文化を15世紀に征服して大帝国となった。その一つがチャンカイ文化(11~15世紀)。

「アリバロ尖底壷」

「アリバロ尖底壷」

2019/09/24 更新

15~16世紀にかけて、南米で栄えたインカ帝国。高度な農耕、土木技術を持ち、空中都市と呼ばれるマチュピチュのような高地でも、灌漑用水路や段々畑を活用して農業を営んでいた。

「人物・文字文様円筒土器」

「人物・文字文様円筒土器」

2019/09/17 更新

紀元前から幾多の文明が栄え滅んできた中南米。本展では、インカやマヤを中心に土器や織物など約80点を展示し、古代中南米の文明の変遷をたどる。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。