美博ノート

「子供遊水合戦」

「子供遊水合戦」

2019/04/23 更新

本展は、展示機会の少ない民具などを披露するシリーズ展の初回で、「消防」がテーマ。

「言の種」

「言の種」

2019/04/16 更新

現在のアートシーンでは、既存の鑑賞場所に縛られない自由な場「オルタナティブ・スペース」の動きが盛んだ。

ゼロ次元 記録写真

「ゼロ次元 記録写真」

2019/04/09 更新

戦争や天災の混乱と復興に揺れた1940~50年代の愛知。55年には、名古屋市・栄に愛知県美術館の前身である文化会館美術館が開設され、芸術発信の拠点が築かれた。

「大曽根風景」

「大曽根風景」

2019/04/02 更新

 約1年半の大規模改修工事を終えた愛知県美術館。全館リニューアル記念の本展は、100年前の1919年を起点に、愛知の前衛的なアートシーンを地域のコレクションで追う。

「家族のリズム」

「家族のリズム」

2019/03/27 更新

わき出る「生」や「性」のイメージをおおらかに表現していた東アフリカ・マコンデの人々。しかし、1980年代以降は大胆な性表現がほとんど見られなくなったそうだ。

「愛し合う妖精」

「愛し合う妖精」

2019/03/20 更新

東アフリカでは「シェタニ」という神話や伝説上の妖精が広く知られており、マコンデの人々はこれをモチーフにした彫刻を多く制作している。

「サルのたわむれ」

「サルのたわむれ」

2019/03/13 更新

東アフリカのタンザニアとモザンビークの国境付近、マコンデ高原一帯に住むマコンデの人々。祭祀(さいし)に用いた仮面などの制作に始まり、1950年代ごろから高価な黒檀(こくたん)を使った土産物用の彫刻を作り始めた。

「刻(とき)」

「刻(とき)」

2019/03/06 更新

夜空に浮かぶ月の大きさや形には、画家の個性が表れる。本作を手がけた日本画家の田渕俊夫(1941~)は、透明感ある色彩の空に満月を多く描く。

「工場のある風景」

「工場のある風景」

2019/02/27 更新

フランスの素朴派画家アンリ・ルソー(1844~1910)も、空に魅せられた芸術家の一人だ。

「灯台(アンティーブ)」

「灯台(アンティーブ)」

2019/02/20 更新

季節や時刻によって表情を変える空は、いつの時代も画家たちを魅了してきた。今展では空の描写に注目し、作家の心情や制作背景を探る。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。