美博ノート

「スイスタモ」

「スイスタモ」

2020/07/14 更新

1960年代以降、白や黒、金色の小さなタイルを並べ、幾何学的な模様に仕上げた抽象的な作風に様変わりする。

「蝶たち」

「蝶たち」

2020/07/07 更新

ルート・ブリュックは教会やお気に入りの自然、母と子など身近なものをモチーフにしてきた。

「ライオンに化けたロバ」

「ライオンに化けたロバ」

2020/06/30 更新

本展では、フィンランドを代表するセラミックアーティスト、ルート・ブリュック(1916~99)の初期の食器や陶板から後期のタイル作品まで約200点を紹介する。

「竹林老狸(ちくりんろうり)」

「竹林老狸(ちくりんろうり)」

2020/06/23 更新

うっそうとした竹林から現れる狸。丸い体に太めの尻尾、黒々とした鼻や手足の先でそれとわかる。ふっくらと体を覆うのは冬毛だろうか。

「ワニのベンチ」

「ワニのベンチ」

2020/06/16 更新

陶芸作家の父が作る動物が好きだった。彫刻家、鈴木紹陶武のモチーフは、一貫して動物だ

「アルプスの猫」

「アルプスの猫」

2020/06/09 更新

ふわふわとした毛に色鮮やかなマフラーをまとう猫。愛らしい瞳は何を見ているのだろう。

「誰ケ袖(たがそで)の図」

「誰ケ袖(たがそで)の図」

2020/04/07 更新

ハート柄のような大胆なデザインや、花を重ねた「唐花」文様。家人不在の部屋をのぞき見ると、色とりどりの意匠の着物が衣桁にかけられている。

「紫式部図」

「紫式部図」

2020/03/31 更新

そっと口元に寄せた袖には、ひし形を組み合わせた「四菱」の文様。一番上に羽織った唐衣には「花菱」が鮮やかに浮かぶ

「雲錦大鉢」

「雲錦大鉢」

2020/03/24 更新

日本に伝わるさまざまなデザインや文様。今展では、主に江戸時代から現代の絵画や工芸約60点を通じ、意匠の意味や由来を紹介する。

「当世遊里美人合 辰巳艶」

「当世遊里美人合 辰巳艶」

2020/03/17 更新

着物の褄(つま)を搔(か)い取るうりざね顔の女性たちは、江戸城からみて東南(辰巳)にあたる深川の花街で、「意気」と「張り」を売りにした辰巳芸者。日本人離れともいえる長身、しかも腰高の姿はまさに「小股の切れ上がったいい女」だろうか。

お知らせ(更新情報)
レイアウトを一部変更しました。何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症拡大を受け、開催を中止・延期するイベント、プレゼントがございます。

中止を決定したものにつきましては、その都度情報を更新し、公開を取り下げます。
なお、中止・延期となったイベント等の詳細につきましては主催者にお問い合わせいただきますようお願いいたします。

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。