ほくほく味さんぽ

築地<4>路地に息づく、のれんの味

素材を生かした納得の甘さ

カットしてみると、あんとパンの絶妙のバランスがよくわかる。後ろ左から、けしあんぱん(こしあん、つぶあん、さっぱりこしあん) 前左から、極上栗あんぱん(つぶあん)、極上栗あんぱんゴールド(こしあん)

カットしてみると、あんとパンの絶妙のバランスがよくわかる。後ろ左から、けしあんぱん(こしあん、つぶあん、さっぱりこしあん) 前左から、極上栗あんぱん(つぶあん)、極上栗あんぱんゴールド(こしあん)

  • カットしてみると、あんとパンの絶妙のバランスがよくわかる。後ろ左から、けしあんぱん(こしあん、つぶあん、さっぱりこしあん) 前左から、極上栗あんぱん(つぶあん)、極上栗あんぱんゴールド(こしあん)
  • 映画「風立ちぬ」に登場してリバイバルヒット中の「シベリア」も人気メニューのひとつ
  • 築地木村家ペストリーショップ本店。キャッチコピーとイラストにレトロな雰囲気が漂う看板が目印
  • 銀座千疋屋 築地店 ケーキショップ。新大橋通り裏手にひっそりとたたずむ、こぢんまりとした店構え
  • シンプルだからこそ素材の味が生きた「栗のケーキ」
  • じっくり煮込んだ栗の味わいが堪能できる「国産栗のモンブラン」

 築地エリアの第4回は、築地本願寺から新富方向に進んだ築地2丁目、3丁目エリアの味さんぽ。新大橋通りを挟んで新富町駅寄りの2丁目、そして聖路加国際病院に近い3丁目の名店をご紹介します。

 最初は、築地三丁目交差点を築地警察署方面に曲がってすぐの「築地木村家ペストリーショップ本店」。小さなお店ですが、お客さんがひっきりなしに訪れます。それもそのはず。なにしろ、明治時代に銀座木村家に修業に出た初代がのれんを分けた、伝統ある存在なのです。

 4代目の内田秀司さんによると、名物であるあんぱんの味は3代目が確立したものなのだとか。ソフト感をより長持ちさせるため、ビール酵母を使用することにしたのだそうです。そんなわけで、季節品も合わせて10品目ほど出ているあんぱんは、あんと皮のバランスが絶妙。皮が主張しすぎず、あんも出すぎることなく、お互いが調和しています。素朴ながらもクセになる味という感じ。

 人気のあんぱんは、「こしあん」「つぶあん」、甘さ控えめの「さっぱりこしあん」と、けしあんぱんが3種(すべて190円)。そして栗あんぱんは、つぶあんの「極上栗あんぱん」(270円)、こしあんの「極上栗あんぱんゴールド」(370円)の2種、合わせて計5種があります。地元の人のみならず遠方から買いに来るお客さまも多いそうですが、一日に500~600個が売れるという話にも十分納得できます。

 築地三丁目交差点を渡ると、そこは築地3丁目のエリア。最初の四つ角を左に曲がってしばらく進むと、右側に見えてくるのが「銀座千疋屋 築地店 ケーキショップ」です。あまり知られていないことですが、千疋屋は「千疋屋総本店」「京橋千疋屋」「銀座千疋屋」にのれん分けしており、それぞれメニューも味も違うのだとか。そして、銀座5丁目にある「銀座本店フルーツショップ・フルーツパーラー」、新宿・京王百貨店内の「新宿店フルーツショップ」、そしてここ築地店が「銀座千疋屋」なのだそうです。

 銀座本店の工場からショップに発展したという築地店は、包装を簡易にしている分、価格がリーズナブルになっている点が魅力。フレッシュなフルーツを使用して、できるだけシンプルに作っているそうで、本店では買えないケーキを買うこともできます。生クリームやスポンジも質の高いものを使用しているため、同じ銀座千疋屋でも築地店がいいという常連さんが多いといいます。これからの季節は「栗のケーキ」(750円)や「国産栗のモンブラン」(650円)がおすすめ。厳選された新栗だけをじっくり煮込んだ栗は、ほどよい甘さの上品な味わいです。

(印南敦史)

■築地木村家ペストリーショップ本店

東京都中央区築地2-10-9
TEL:03-3541-6885
営業時間:[月~金]午前7:00~午後8:00、[土]午前7:00~午後7:00
休み:日曜・祝日
お店の奥にはカウンターがあり、コーヒー(150円)などのドリンクとともにイートインすることも可能。

■銀座千疋屋 築地店 ケーキショップ

東京都中央区築地3-5-16銀座千疋屋ビル1F
TEL:03-6820-7373
営業時間:午前10:00~午後6:00
休み:年末年始のみ
URL:http://ginza-sembikiya.jp/
工場直結なので、好きな果物を使ってもらうなど、好みに応じたリクエストも可能。

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は更新時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「ほくほく味さんぽ」の新着記事 一覧を見る
自家製ハムとアボカド・トマト

中目黒・食材のみずみずしさをふんだんに

おしゃれでおいしいお店が多い中目黒は、落ち着きがありながらも、東急東横線と東京メトロ日比谷線が乗り入れ、山手通りを中心に栄える街です。

プードルケーキ

神保町<2>レトロな店のプードルケーキ

神保町の味さんぽ2回目は、この地で長らく愛されてきた洋菓子店をご紹介したいと思います。

野菜カリー

神保町<1>人気の「カリー」に舌鼓

今回の味さんぽは、学生街、古書店街であり、大型スポーツ用品店や楽器店も多く…とさまざまな顔を持っている神保町。ところで、この街を代表するグルメとしてすぐに思い浮かぶものといえば?

ブリトー

麻布十番<2>個性あふれる味を堪能

2000年に東京メトロ南北線と都営地下鉄大江戸線が全線開通して以来、地域の住民と観光客がほどよく共存するようになった麻布十番。前回に続き、港区の穴場と言うべきこのエリアの味さんぽをお送りしましょう。

新着コラム 一覧を見る
「宗家 源 吉兆庵」の陸乃宝珠(りくのほうじゅ)

オトコの別腹

大貫勇輔さん
「宗家 源 吉兆庵」の陸乃宝珠(りくのほうじゅ)

甘い物は舞台の合間に、片手でパッと食べられる物が好み。陸乃宝珠は差し入れでいただきました。

「中国飯店」の五目あんかけ焼きそば

おんなのイケ麺(めん)

石井幹子さん
「中国飯店」の五目あんかけ焼きそば

この店の料理はどれもおいしいんですが、必ず注文するのがこれ。魅力は何と言っても具材の種類が多いこと。豊富な野菜に豚肉やエビなどが入っていて、これだけで必要な栄養分がとれたような安心感があるんです。

『ゴジラにかける特撮の未来』

シネマNEWS

世界初︕ゴジラと講談&落語がコラボ︕︖

初代ゴジラ作品である『ゴジラ』(1954)と伝統芸能である<講談>と<落語>がコラボレーションした世界初のイベントゴジラ寄席 in OSシネマズ『ゴジラにかける特撮の未来』の開催が決定。

『MOTHERマザー』

シネマNEWS

新境地!長澤まさみが暗黒面の顔を見せる!

『日日是好日』の大森立嗣監督が、長澤まさみ、阿部サダヲを迎えた最新作『MOTHER マザー』が初夏に公開される。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。