美博ノート

「冬の村通り」

ヴラマンク展 絵画と言葉で紡ぐ人生(パラミタミュージアム)

「冬の村通り」

1928~30年 油彩 カンバス

 モーリス・ド・ヴラマンク(1876~1958)と言えば、重厚な色調で描かれた雪景色や田舎の風景を思い出す人が多いだろう。25年、仏・パリ近郊からシャルトル北西部へ移り住んだヴラマンクは、田舎の風景を数多く描いた。本作は、その時期の代表作の一つ。

 道路の積雪には車が走り抜けたような跡が残り、表情豊かな筆触が印象的だ。「彼は車で町中を走るのが好きで、車中から眺めた景色を描いた。そのため画面に疾走感があります」と学芸員の湯浅英雄さん。

 この頃の作品は「叙情的」と評され、空の色は暗く悲壮感がある。落ち着いた色彩の中で、雲や雪を表す白の存在感が力強い。この白はヴラマンク絵画のアイデンティティーの一つといえる。

(2018年5月15日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「美博ノート」の新着記事 一覧を見る
「シダ」

「シダ」

仏のガラス工芸家、ルネ・ラリック(1860~1945)が、香水瓶を手がけるようになった初期の代表作が12年の「シダ」。

「レフルール」

「レフルール」

19~20世紀に活躍した仏のガラス工芸家ルネ・ラリック(1860~1945)。本展では、ラリックが特に愛着を感じたという香水瓶を中心に約150点を紹介する。

「白頭鷲(わし)」

「白頭鷲(わし)」

大きく翼を広げた白頭ワシ。尾羽根の裏側まで1本1本線を入れていることに驚く。

「自画像」

「自画像」

戦前、戦後に愛知・瀬戸で作られた輸出用陶磁「ノベルティ」は、「新しい・珍しいもの」を意味する。

新着コラム 一覧を見る
「いなみや菓子店」のバナナ最中

オトコの別腹

和嶋慎治さん
「いなみや菓子店」のバナナ最中

洋菓子より断然、和菓子が好きです。バナナ最中(もなか)は、親戚や親の知り合いが気軽に持ってくるお菓子で、子どもの頃から身近にありました。

「タイ国料理 ゲウチャイ 新宿」のパッタイ ゲウチャイ

おんなのイケ麺(めん)

小谷実由さん
「タイ国料理 ゲウチャイ 新宿」の
パッタイ ゲウチャイ

初めての海外旅行先は、卒業旅行で行ったタイでした。それからも仕事で訪ねたり、仲のいいタイ人の友人がいたり、どこか親近感のある国。タイ料理は定期的に食べたくなります。

達仏(たつぶつ) 西野達作(熊本県津奈木(つなぎ)町)

アートリップ

達仏(たつぶつ) 
西野達作(熊本県津奈木(つなぎ)町)

生きた木々の枝や幹に直接彫られた50センチほどの仏像群が、差し込む光で金色に輝く。木の葉が風にざわめき、穏やかな仏の顔にアリが伝う。

画家のパレット 笠間日動美術館

私のイチオシコレクション

画家のパレット 笠間日動美術館

当館は、洋画商で日動画廊創業者の長谷川仁(1897~1976)が、ゆかりの画家から譲り受けたパレットを展示するため、72年に開館しました。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。