challenger

ピーナツバターで地域を盛り上げる

ハッピーナッツデイ 中野剛さん

ザ・チャレンジャー

商品を持って笑顔の中野剛さん

  • ザ・チャレンジャー
  • ザ・チャレンジャー
  • ザ・チャレンジャー

 スケートボードとサーフィンを愛する若者たちが、千葉県産の落花生を加工したピーナツバター「ハッピーナッツデイ」が注目されている。添加物を使わず、素材の味をいかした濃厚なピーナツバターは、オンラインストアのほか全国で取り扱いは138店舗(2018年2月現在)にまで広がった。落花生農家を思い、地域の未来を考える「HAPPY NUTS DAY」(同県九十九里町)社長の中野剛(ごう)さん(33)に話を聞いた。

(町田あさ美)

 

 ――ピーナツバターとの出会いは。

ピーナツバターとの出会い

 仲間とスケートボードで遊んでいた時、農家のおじさんから、形が悪く売り物にならない落花生を頂いたんです。僕ら普段は料理をしないのですが、その時はガスコンロとフライパンとすり鉢を借りてきて、ピーナツバターを作ったんです。おからのようなものしか出来なかったのですが、おいしかったですね。それから、スケートボードで遊んだ後はピーナツバターを作るようになって、どんどんはまっていったんです。

 ――その当時、中野さんは広告会社でアートディレクターをされていたとのことですが、ブランドの立ち上げにいたるまで、どのような思いがあったのでしょうか。

 学生の頃から僕は、国境を越えて「日本の魅力」を伝えることに何か貢献したいと考えていました。広告会社に入ったのはその第1段階で、お茶の間にメッセージを伝える方法を学びたいと思ったから。でも、複数の企業宣伝に関わっていく中で、経営者がどんな悩みを抱え、どんな壁を目の前にして闘っているのか、もっと理解できるディレクターになりたいと思うようになったんです。それで、自分自身が経営者になれば、すごく勉強になるんだろうなと思って。まずは自分でブランドを成功させる挑戦をすることにしたんです。

 ――商品を手にする人の反応はどうですか。

 みんな「おいしい」と言ってくれます。落花生をピーナツバターにして、ラベルやオリジナルボックスのデザイン、関連グッズなどによる発信力で補っていくことで、今まで千葉県産の落花生にあまりなじみが無かった若い子たちも手に取り始めてくれている。千葉県産の落花生って本当においしいんですよ。商品を売ることで産業を盛り上げて、農家さんたちにもっと落花生を誇りに思っていただけるようにしたいですね。

 ――障がい者雇用にも取り組んでいるとのことですが、何かきっかけがあったのですか。

 会社設立2年後の2015年ごろから、発送作業が追いつかなくなってしまいました。でも、発送代行を頼むことで、愛をもって落花生を育ててくれた農家さんや焙煎(ばいせん)士さんたちの手を経て出来た商品が、事務的にお客さんの元へ送り出されていくことがイヤでした。そんな時に知り合いから勧められて、施設にお願いに行ったんです。実店舗がない僕らは、直接お客さんにお礼を言う機会がないので、当時から自社のオンラインストアの商品には、包み紙に「Thanks」ってペンで書いて発送していました。だけどその施設には、字を書ける人が誰もいないとスタッフの方に言われてしまって。でも2~3週間後、電話があって行ってみると、テーブル一面に「ありがとうございました」と書かれた紙が何枚も広げられていたんです。びっくりしました。みんな書けるようになっていたんですよ、練習して。それで「一緒にやりましょう、最高です!」ってお願いをすることになったんです。

 ――今後、中野さんはどんなことに挑戦していきたいですか。

 モノは良いのに、魅力が伝えられていない。外国産との差別化ができずに衰退の道をたどっている。地方ではそういうことがたくさん起きています。そんな現状を変えるアクションを僕らの世代が今起こさないと。火が消えてしまった後では遅いと思うんです。ハッピーナッツデイは「落花生」という一つのカテゴリーの取り組みです。だから今後は、別の産業、分野にも目を向けて挑戦していきたいですね。良いものは良いと、価値の高さを伝える手助けができればと思っています。

 

プレゼント

「ギフトセットPremier」を3人にプレゼント!

ギフトセットPremier

・「ピーナッツバター粒あり(S)」
・「ピーナッツバター粒なし(S)」
・「ローストピーナッツ」
・「オリジナルハンカチ」
・「ポストカード」
・「小冊子」
・「ピーナッツバターの本」

※応募には朝日マリオン・コムの会員登録が必要です。以下の応募ページから会員登録を行って、ご応募ください。

→終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

 

《スクール・オブ・ピーナッツ》

スクール・オブ・ピーナッツ01

 ハッピーナッツデイでは、ホームページから参加者を集い、自社が所有する九十九里町の畑で農業体験のイベント(有料)を開催している。種まきや収穫など、実際に土を踏みしめて体験することで、ピーナツバターができるまでの工程や、競合他社よりもやや高めの価格設定をしている商品へのこだわりを知ることができる。

スクール・オブ・ピーナッツ02

 2017年の2回の参加者は、子どもからお年寄りまで約160人。イベント終了後には、参加者が植えた落花生の成長や、収穫後の豆の乾燥、焙煎の様子などがメールで配信される。そして出来上がったピーナツバターは、参加者の自宅に届き、味わうことができる。

 

会社データ

 ◆HAPPY NUTS DAY(ハッピーナッツデイ)

 http://happynutsday.com

 ◆主な取扱店

 ・ハッピーナッツデイ オンラインストア
 http://happynutsday.com/product

 ・フードアンドカンパニー
 郵便番号152-0004
 東京都目黒区鷹番3-14-15
 TEL(03・6303・4216)

 ・ディーン&デルーカ
 (東京、名古屋、大阪、福岡など約16店舗で取り扱い。
 カフェは取扱いなし)
 同店 オンラインストア
 http://store.deandeluca.co.jp

(2018年3月5日掲載。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は更新時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「ザ・チャレンジャー」の新着記事 一覧を見る
ザ・チャレンジャー

スペイン発の新競技「パデル」普及に情熱<1>

透明の強化ガラスと金網に囲まれたコート。数十の小さな穴が開いた板状のラケットで、ネットをはさみ黄色いボールを打ち返す。スペイン発の新競技「パデル」は、身体的負担が少なく、お年寄りから子供まで、誰でも簡単にできるスポーツとして近年注目を集めている。

ザ・チャレンジャー

「世界のグルメ」で味付けした”カワイイ”サバ缶づくり<1>

トムヤムクン、グリーンカレー、アヒージョ……。「世界のグルメ」をテーマにした味付けや、「カワイイ」がコンセプトのおしゃれなパッケージが特長のサバ缶「八戸サバ缶バー(HACHINOHE 38CANBAR)」が、サバの水揚げが全国有数の八戸港をもつ青森県八戸市内で注目されている。

ザ・チャレンジャー

米ニューヨークで岡山デニムの魅力伝える

岡山県倉敷市児島地区の干拓地では江戸時代から綿花が盛んに栽培され、繊維産業が発展。1960年代、ジーンズ生産が始まり、独自の染色や加工技術も加わって、高品質な「岡山デニム」が誕生した。

ザ・チャレンジャー

作り手にスポットライトを当てたい

日本の食文化に欠かせない醤油(しょうゆ)。一升瓶やペットボトル入りを近所のスーパーや醸造元で買い求めるのが日常の風景だ。

新着コラム 一覧を見る
ブームの卵

ブームの卵

10月11日 注目グッズ
「とびだすキッチンタイマー」など

毎日の家事って本当に大変だよね。忙しい日々のキッチンに、「とびだすキッチンタイマー」(幅7.2×奥行き3.2×高さ8.7センチメートル、1980円)で癒やしを取り入れてみない?

山田参助さん(漫画家)「本日休診」(1952年)

私の描くグッとムービー

山田参助さん(漫画家)
「本日休診」(1952年)

戦後まもなく医院を再開した町医者の先生と周りの人々を描いた群像劇。たまの休診日なのに急患が続々とやってきたり往診に呼ばれたり

「八宮松雪堂」の小鹿野こいし

オトコの別腹

佐藤弘道さん
「八宮松雪堂」の小鹿野こいし

母の実家が埼玉・小鹿野町にあり、小さいころは東京から電車とバスを乗り継いで行っていました。着いて、食卓にこのお菓子があるのを見ると、ほっとしたのを覚えています。

窪美澄さん 「ニコラ」のピスタチオのペンネ

おんなのイケ麺(めん)

窪美澄さん
「ニコラ」のピスタチオのペンネ

2013年ごろ、東京・三軒茶屋に住む友達とお芝居を見た後に、連れてきてもらったのが最初。

お知らせ(更新情報) 10月1日からはがき代が62円から63円に、往復はがき代が124円から126円になりますのでご注意下さい。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。